Asagi's Art News





母に捧げる花束 ~ ギュスターヴ・モロー展2005年10月06日 00時20分29秒

ギュスターヴ・モロー展

象徴派の巨匠ギュスターヴ・モローと言われ、その作品はカラフルで神秘的な世界が展開すると聞き、渋谷の雑踏の中を潜り抜けBunkamuraまでやって来ました。この日、あさぎは少し体調が悪かったのですが、絵に会えば何とかなるだろうと思っていたのですが、後でひどい目にあうことになります。

午後7時を回った美術館の中は、いつもよりも人が少なく静寂が漂います。本展覧会では、モローの初期の作品から神話を題材にした作品、珍獣ユニコーンを描いた作品、そして代表作のサロメと続き、晩年作品までを網羅します。あさぎの疲れた体の中に彼の人生の調べが流れ込んで来るのを感じました。サロメの中でも「出現」は、特にすばらしく、製作が未完であったものを晩年に加筆して完成させるのですが、加筆された白のエッジがオリエンタル的な演出をして、物語に大きな膨らみを与えているようです。

出現
ギュスターヴ・モロー「出現」

出現
※「出現」柱の拡大図:後から描き込まれた白いエッジが見える

彼は、下絵のデッサンをしっかり描いて、それを忠実に拡大して作品を製作するようです。緻密なデッサンは、同時代の画家とは異なりアカデミーによる学習から得たものだそうです。財力もあったのでしょう、生き生きとした線は、そのテクニックと相俟って彫刻のように力強く迫力があります。ところが、色彩になると少し別の方向に展開するように思えるのです。

カラフルで幻想的な色彩が、象徴派であると言われればそれまでなのですが、あさぎは、何か別のものを感じがして、しばらく考えていたのですが、彼は、母親をこよなく愛していようで、彼女のための多くの作品を残したいと思ったように感じたのです。すると、作品の色彩の鮮やかさが、花束のように思えきて、そうか、彼は、母に永遠に咲き誇る花々を送りたかったのか、と思ってしまいました。あくまでも、あさぎの勝手な思い込みで、体調は徐々に悪くなって来る中でのことですが。結局、あさぎは、翌日にあえなくダウンとなってしまたので、確信は持てませんが、たしかにそのように感じたと思っています。

※Bunkamura

愛を取り戻せ ~ モーリス・ユトリロ展2005年10月08日 23時51分23秒

庭草に村雨(むらさめ)降りてこほろぎの鳴く声聞けば秋づきにけり・・これは、万葉集(第10巻2160番)の詠み人知らずの歌です。村雨は、にわか雨のことで、この雨が降りこうろぎの鳴き声を聞くと秋になったのだな、という意味です。昨日の雨は、そんな感じがする雨で、今日の空模様もはっきりしない曇り空、どことなくユトリロの描くパリのような感じがして、雰囲気満点で日本橋の高島屋に向かいました。

ユトリロは、母親の愛に飢えた画家でした。孤独に耐えられず酒に溺れ、精神的にぼろぼろになりながら、母親を振り向かせるために絵を描いたといわれています。しかし、画家になったばかりの頃は、酒代欲しさに絵を売っていたといわれ、なかなか立ち直れなかったようです。パリの街角の同じ風景を何枚も描き続け、「白の時代」、「色彩の時代」といわれる作品を数多く残したそうです。この展覧会は、そんな彼の初期から晩年に至までの80点あまりを公開していました。

彼のこだわりのにパリの街角の漆喰の壁があります。特に「白の時代」の頃の作品では、絵の具に砂、卵、苔といったさまざまものを混ぜリアリティを追求しています。なぜそこまでこだわるのかは、正直判りませんが、アルコール依存の中で視覚だけは物足りなくて、触覚とか臭覚といったものも使い風景を捕らえようとしていたのかもしれません。それとも街角の漆喰だけが、母親を感じることのできる唯一のアイテムだったのでないでしょうか。

ラバン・アジル
モーリス・ユトリロ「ラバン・アジル」

画家として認められるようになると突然に画風が明るく変化します。「色彩の時代」というようです。曇り空から日の差し込む青空へ、いった何が彼自身に起こったのか、やはりこれも良く判りませんでした。この頃、友人が母親と結婚をするなど複雑な事情もあったのですが、これらが直接の原因とは、なんとなく思えませんでした。彼は、以前から神への信仰を持ち続けていたようですが、母親に反対され悩んでいたようです。東山魁夷が、「描くことは祈ること」といって絵画の作成こそが信仰を意味すると語っていたこと思い出しました。もしかすると、ユトリロもそれに似た心境から画風を変え神に祈りを捧げたのではないかもしれません。

ムーランの大聖堂
モーリス・ユトリロ「ムーランの大聖堂」

永遠 ~ デ・キリコ展2005年10月10日 20時09分45秒

芸術とは、神秘的な蝶たちが舞う運命的なネットワークであり、そうした神秘的な時間に人は無知を免れ月並みの人間の凡庸さを免れることができる・・これが形而的絵画(メタフィジカ)であるというのですが、何のことだかさっぱり判りません。哲学的にいう時間や空間を抽象的に表現したものらしいのですが、なんともキリコは、難しい世界を作り上げてしまったのでしょう。小雨の中、先月に続いて東京駅にある大丸まで出かけました。

別にキリコは、最初から難しい世界を描いていたわけでなく、どちらかというと新古典やロマン主義に近いものから出発したようです。初期の作品には、神話に出てくる女神のような裸婦を描いていました。ところが哲学者ニーチェに強く影響を受けることで、独自の世界を作り上げたそうです。あさぎは、ニーチェについてもよく知らないのですが、永劫回帰(永遠回帰)説というのがあって、「世界は何か目標に向かって動くのではなく、現在と同じ世界を何度も繰り返す」ことらしいのです。これが、それ以前の世界や理性を探求するだけであった哲学を改革したといわれていて、「神は死んだ」という言葉が有名であるそうです。

とりあえず、難しいことは、そのままにして彼の作品を見ていたのですが、印象としては、空虚と寂しさを感じるものが多かったように思います。例えば、「夏の夢/アリアドネとイタリア広場」は、煙突、機関車、横たわるオブジェ・・と、どれとも関連性が無く、影の長さからすると夕方近くのように思えるのですが、緑色の空や広場の感じからは、何時頃かを特定することはできません。ただ、虚しく時間が繰り返されているような気がします。まさに空虚です。解説によると、キリコは、日本についてとても興味があったらしく、やはり思想的なところに惹かれたとすれば、日本の仏教にある「空」という思想に気づいていたのかもしれません。

夏の夢/アリアドネとイタリア広場
ジョルジョ・デ・キリコ「夏の夢/アリアドネとイタリア広場」

それから、あさぎが、中でも特に寂しいと思った作品は、「愛の涙/ヘクトルとアンドロマケの抱擁」でした。この作品も登場する人物は、なぜか台の上に乗り、まるでオブジェのようです。彼の描く人物をマネキンとも解説ではいっていましたが、なぜか感情が伝わってきました。戦士は、もう動くことができなくなり涙を流している様は、魂だけの帰還を感じさせ、ひどく疲れています。彼女は、彼を抱き締めて、震えている。安堵では無く、とても寂しいのです。まるでこの世界に2人だけ残されてしっまたようです。終わりの無い永遠とは、こういうことなのでしょうか?

愛の涙/ヘクトルとアンドロマケの抱擁
ジョルジョ・デ・キリコ「愛の涙/ヘクトルとアンドロマケの抱擁」

芸術の力 ~ 松園と美しき女性たち2005年10月16日 16時02分13秒

「女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない・・」と松園自身が言っているように、彼女の描く女性の美しさは、外見ではなく心の中からあふれ出してくるような内面の美しさだと思います。彼女が生きた時代、日本は、けして男女平等な社会ではなかったはずです。その中で揺るぎない地位をつかみ、社会にメッセージを送り続けていった信念とは、なんであったのでしょうか。

つれづれ
上村松園「つれづれ」

男性の描く美人画、例えば、鏑木清方などの作品には、妖艶さ、艶っぽさがにじみ出ていて、いかにも男性ごのみの仕上がりになっています。しかし、松園の作品は、何気ないしぐさの中に知的で、したたさが隠れてるように思えます。彼女は、絵の持つ力として「その絵を見ていると邪念が起こらない、よこしまな心を持っている人でも、その絵に感化され邪念が清められる・・」と言っていますが、彼女の絵からは、たしかにそんな力があるように思えます。

あさぎは、いま事情があって絵を描いていないのですが、松園は画家について「よい人間でなければ、よい芸術は生まれない。よい芸術を生んでいる芸術家に悪い人は、古来一人もいない。それぞれ人格の高い人ばかりである・・」と言っています。もし、そうだとすれば、そのように生まれた芸術を愛するあさぎも、いつかよい人になれるのでしょうか?

この日、あさぎは、朝から考えごとをしていたので、いつもと少し違った感じで美術館の中にいました。作品の世界に身をおきながらも、別のことが頭を過ぎって、ときどき我に返るような気がして変な感じでした。松園の言うことが、正しいなら、このとき、あさぎの心にあった邪念は、浄化されていたのでしょうか? それとも・・・

※山種美術館

光と影のソナタ ~ キアロスクーロ2005年10月22日 21時28分37秒

小雨が降り肌寒い一日でした。なにかと話題のプロ野球は、日本シリーズが開幕して、そろそろ大学では学園祭の準備に忙しい時期になると思いつつ上野まで出かけました。この街は、今日から公開されるプーシキン美術館展でにぎわっていました。この美術展は、注目度満点なので日を改めて出かけることにして、今日は、西洋美術館で静かに版画を見ることにしました。

キアロスクーロ

キアロスクーロ、聞きなれない言葉です。明暗という意味があるようです。16世紀のドイツからはじまってイタリアを中心に発展してフランドル、オランダ、フランス、イギリスと広がり18世紀頃に終息した多色刷りの木版画だそうです。日本の浮世絵とは異なる重みを持つ立体感のある版画で、人物や風景を線で表すラインベースと呼ばれる版と明暗を表すためのトーンベースと呼ばれる版を使い刷られています。明暗を作るための色彩は、多色といっても茶系や青系の同系色の大人しい色を用いています。

作品は、ルネサンス期ですから神話や宗教が中心になります。版画ということで、元になる絵画が存在するのですが、ラファエロであるとかティツィアーノであるとか巨匠の名前が連ねられています。だからと言って単なるコピーでなく、それぞれの個性や好みが出ていて面白いです。参考にオリジナルの写真とかも展示されていれば、比較ができて良かったと思うのですが、この展覧会は、あくまでもキアロスクーロ(明暗)にこだわっているようです。

初期のドイツの作品は、明暗といってもはっきりとはしない作品が多いのですが、円熟期を向かえるイタリアの作品では、彫刻を思わせるような立体感を見事に明暗で作り出しています。版画なのでそれほど大きな作品は、ないのですが、さすがにイタリアですね、奥深いものがあります。あさぎは、アンドレアーニの「聖母子と諸聖人」という作品が気に入りました。イエスを抱くマリアの姿に杖を持ったヨハネが描かれるお約束の場面ですが、木版の持つ優しい感触と聖母の愛が重なるよう感じがして、心に染みてくる感じです。宗教的な意味がたくさん描かれているのでしょうが、残念ながら判りません。でも、その伝えようとする主題は、感じることができるのですから絵とは不思議なものですね。

アンドレアーニ
アンドレア・アンドレアーニ「聖母子と諸聖人」

※国立西洋美術館

本当にたいせつなこと ~ 星の王子さま2005年10月29日 22時07分37秒

星の王子さま
サンテグジュペリ(池澤夏樹訳)「星の王子さま」

お友達からサンテクジュペリの「真の贅沢とは人間関係の贅沢だ」という言葉をもらいました。とても意味深い言葉だと思ったのですが、あさぎは、まだ彼の作品を読んだことがありませんでしたので、どういう秘密があるのか知りたくなったので、彼の「星の王子さま」をはじめて読むことにしました。世界で2番目に読まれている本であることは知っていましたが、それ故に今まで意味もなく避けてきたのでしょうか?

たまたま最近、多くの新訳を書店で目にするようになって来たので少し興味はあったのですが、なかなか手にすることは出来ませんでした。グット・タイミングということでなのでしょうか? ただ問題なのは、どの本を選ぶかということで、たくさんあることも困ったことです。ネットのレビューワーの話は、どんな基準でそう言えるのか判らないので参考できませんでた。ただ、あさぎとしては、どの本も挿絵が付いてるので、その挿絵で気にいったものが良いと思って池澤版を選ぶことにしました。

最初のうちは、なぜ王子さまが羊を欲しがって、しかも羊が入っているという箱を気に入ったのか判りませんでした。しかし、「本当にたいせつなことは、目にはみえない」の謎が解けていくにつれ、そのときの王子さまの気持ちが判るようになると、とても悲しいような、嬉しいような気分になりました。自分が犯してしまったあやまちに対する後悔と本当のことを知ったことの喜びが複雑に絡み合っているようでした。

特別な存在であることをその人といる時には気がつかない・・良くあることです。王子さまとキツネが友達になるプロセスは、普通にしていれば気がつかず、当たり前と思ってしまいますが、それはすごく大切なことだったのです。あさぎのお友達もそのことが言いたかったような気がします。この本は、大切なことを教えてくれる教科書のような本で、今となっては、なぜ、あさぎがこの本を避けてきたのか不思議でなりません。

※サン=テグジュペリ インターネットミュージアム

VIVA! ダ・ヴィンチ ~ ミラノ展2005年10月30日 13時55分52秒

幕張より東には行ったことは無かったのですが、ダ・ヴィンチに会えるとなれば話は別です。雨が降ると天気予報は言っていましたが、なんとか持ちそうな空模様で、ちょっとだけ早起きして遠出をしました。あさぎは、まだ彼の人物画の本物を見たことがありませんでしたので、期待感いっぱいで前日からワクワクでした。本当は油彩の作品が見たいのですが、本物の天才ですから素画でも十分です。気分は、「君待つと我が恋ひをれば、我が宿の、簾(すだれ)動かし、秋の風吹く(額田王:万葉集第4巻488番)」といった感じでしょうか。

ミラノ展

この展覧会は、イタリアのミラノ市と大阪市が姉妹都市ということで開かれたものの巡回として千葉にやってきたようです。作品は、ローマ時代の彫刻からヴィスコンティ家に関わる彫刻や工芸品、ダ・ヴィンチの素画、ルネッサンスとバロックの絵画、そして近代の絵画から構成されていました。あさぎは、彫刻にはあまり興味がないのですが、15世紀に大理石で作られたヤコビーノ・ダ・トラダーテの玉座の聖母子は、当たり前ですが見る角度によってマリアの表情が微妙な変化にだんだんと惹かれていきます。特にイエスを見つめる視線からだと、あさぎのことを見守ってくれているようで幸せな気分になります。

今回のダ・ヴィンチの作品は、いまだに見つかっていない「レダと白鳥」の下絵の「レダの頭部」の素画と最後の晩餐の下絵と思われている「キリストの頭部」のパステル画の2点でした。「レダの頭部」は、とても小さく(20×15cm)筆跡が淡く、近くに寄らないと判らないほど繊細です。しかし、想像していた通りに彼の描く、その表情はミステリアスです。目元や口元の微妙さが、やはり他の画家とは違うのでね、謎めいているとしか言いようがないほと不思議な感覚がしました。そもそもレダは、全能の神ゼウスを誘惑するのですから怪しく官能的なのでしょう。もし、完成した「レダと白鳥」があるとしたら、どんな雰囲気で見るものを誘惑するか想像するだけでも楽しいです。

レダの頭部
レオナルド・ダ・ヴィンチ「レダの頭部」

そんな想像を手助けしてくれた作品が、なんと隣にありました。チェーザレ・ダ・セスト「聖母子と子羊」です。彼は、ダ・ヴィンチの弟子であり共同製作者と言われている人物ですから、ダ・ヴィンチワールドの案内人としては、申し分ありません。作品は、聖母子なので宗教色が強いものですが、構図や背景は、師匠譲りの雰囲気があるはずです。この作品のマリアは、ちょぴり太めなところが、深い母の愛を現していように感じますが、そのマリアやイエスを包み込んでいる背景の不思議な光景は、まさにダ・ヴィンチワールド。なぜこのような絵が生まれてきたのかなど、考えるときりがありません。ただ、美の頂点を極めた作品が存在するのでしょうね、そんな作品にひとめ会ってみたいものだとつくづく思った一日でした。

聖母子と子羊
チェーザレ・ダ・セスト「聖母子と子羊」

※千葉市美術館