Asagi's Art News





夢を作ること ~ ディズニー・アート展2006年09月08日 01時01分04秒

ウォルト・ディズニーの作った初期のアニメーションをオールドディズニーと言うそうです。しかし、ディズニーアニメーションは毎年新作が公開され人気があります。彼が作り上げたディズニーワールドを継承しながらも、彼の作った作品とは違った作品が生み出されています。

オールドディズニーは、最新のCGとは違いセルを使って作られています。この展覧会は、以前に日本で開かれたディズニー展で使われた資料が、偶然に見つかったことで実現したそうです。撮影に使用したセルや背景など、なかなか見ることのできない貴重な資料が、見ることができます。

ディズニー・アート展

あくまでもアートということですが、ディズニーのネームバリューは、一般の人を多く巻き込みます。したがって、会場はディズニーファンや子どもの姿で大盛況となります。主催者にとって嬉しい誤算なのか、狙っているのかは判りませんが・・。

作品の多くは意外と小さく、横長の背景画以外は、あまり大きい作品はありません。展示は、初期の作品から順番に紹介されます。ところどころ映像資料もあり、飽きのこない展示になっていました。また、撮影方法や作成過程のわかる解説が随所にあるのは勉強になります。

初期のミッキーマウスの映像などは、モノクロですが楽しくて愉快な作品です。9人の伝説のアニメーターという人たちがいるのですが、それぞれが個性的でその原画は魅力的です。得意分野がそれどれ違いことでオールドディズニーを支えていたことが判ります。

日本のアニメーションもこのオールドディズニーに影響され発展してきています。発想、技術、そして文化である夢を作ることを吸収して、いまの日本のアニメーションがあることに気づく展覧会でした。

※ディズニー・アート展

午後ティーな気分 ~ なつの常設展示2006年09月10日 08時46分51秒

日差しが柔らかくなってきました。午後のひと時、東京の散歩も楽しいものです。三越前から日本橋を渡り、高島屋を抜けてるとブリヂストン美術館があらわれます。最近、このブリヂストン美術館のカフェルームが雑誌に載っているようです。

3時過ぎでちょうどおやつの時間、本当なら絵画を見てからお茶にするのがいいと思います。しかし、今回は先に何かお腹に入れてたいと思い、まずはカフェの椅子に座りました。ここのカフェは、初めてでしたが通りに面したガラス窓から明かりが入りとても明るいカフェです。

キッチンは、飲み物とサンドイッチやデザート程度をを作れるぐらいの小さなスペースしかありません。そして、このカフェの自慢のフレスコ画が壁に3点飾られています。注文は、人気のサンドイッチが売り切れだったので、ハムのホットサンドとオレンジジュースを頼みました。

このとき、フレスコ画を説明する紙をくれるのが、心憎いサービスです。お値段は少々お高いのですが、なかなかおいしいホットサンドを絵を見ながら頂けるのはとても嬉しいことです。お腹も満たされたので、肝心の展覧会場に行くことに・・。

Gogh02.jpg

この夏のブリヂストン美術館は、特別展示ではなく常設展でさりげなく開催しています。もともと、特別展でも展示数は少ない美術館ですから、久しぶりに友人にあうような感覚をいつも感じます。

印象派からはじまりエコール・ド・パリ、シュルレアリズム、抽象主義と古代ギリシャ、エジプトといつもの展示です。何点かはじめて見る作品があったりするのが楽しいです。絵は同じですが、そのときの気分や季節によってもその印象が変わってくるのが不思議です。

例えば、藤田の猫が妙に愛らしく思えたり、ビュッフェの赤と黒が凛々しく見えたり・・。絵画たちは、不変の時を語ります。それゆえ、移りいく自分の心を見つめるいい機会なのでしょう。

※ブリヂストン美術館

彼の愛 ~ ピカソとモディリアーニの時代2006年09月15日 22時14分17秒

哀愁が漂いだす季節に彼の作品は、輝きはじめるのだと思います。彼とは、もちろんモディーことアメデオ・モディリアーニです。アルコールとドラッグに溺れた彼ですが、ジャンヌへの愛は迷いがありません。

平日の渋谷は、人通りは多いですが思ったよりも平静を保っているようです。いつもの美術館でいつもよりたくさんの彼の作品に出会うことは、とても嬉しいことです。心なしか街を歩くカップルたちが、素敵に見える気分です。

はじめに挨拶をしてくれるのは、ピカソとブラックですが、今日は長話はしません。ゆっくりとそれでも足早に彼の作品に近付きます。今回の展示では、彼の作品だけをひとつの小部屋にしてありました。これもたいへん嬉しいことです。中央に椅子がおいてある気配りも素敵です。

まず、はじめに目に入るのは、その奥に置かれた無防備で官能的な「肌着を持って座る裸婦」というヌードの作品です。絵を描くときに生じる画家とモデルの微妙な関係が伝わります。しかし、彼の描く女性は、どれもジャンヌに良く似ていて別の女性であるにもかかわらず、彼女への愛を感じてしまいます。

そして、体を右側に振り向けるとジャンヌと愛娘を思わせる「母と子」がすぐそこにありました。画家の想ういつくしみの瞳が、そこにあります。すべてが愛のために描かれている、そう感じずにはいられません。

もちろん、ジャンヌもまた彼を愛しその意思をつらぬきます。彼らに起こった辛い結末は現実ですが、愛し合う喜びも感じていたことでしょう。温かな愛を感じて・・。

母と子
アメデオ・モディリアーニ「母と子、1919」

※Bunkamura

色が踊る ~ ラウル・ディフィ展2006年09月16日 22時40分13秒

色が踊る・・ラウル・ディフィの作品から受ける印象的です。素早く塗られた水彩絵の具の軌跡は、音楽を奏でているように思えます。異なる音は色を変えハーモニーが描かれていきます。

たくさんの色を使っているのですが、そのバランスに居心地の良さを感じます。前半は、彼の水彩や油彩を展示しますが、後半に近付くとファションデザインなどの商業デザイン先駆けとなったもう一人の彼に出会えます。

大胆な花柄に彼の色彩が溶け込み斬新なアールデコの世界を演出してくれます。音楽は、彼にどんなインスピレーションを与えていたのでしょうか? 美しい調べに軽やかなリズムを彼の作品から感じます。

花の習作
ラウル・ディフィ「花の習作、1928」

彼の人生にとっても音楽は重要な意味を持っていると聞きます。多くの展覧会では、絵画と音楽を同時に楽しむことは出来ないのですが、彼の作品はぜひ音楽と一緒に楽しみたいものです。

※大丸ミュージアム・東京

タイムリープ ~ 時をかける少女2006年09月17日 22時43分26秒

この夏、単館ロードショーで大人気だったので、ぜひ見たいと思いつつも行くことが出来ませんでした。ロングラン上映となったいまもたくさんの人が劇場にやって来るのは、それだけ魅力がある作品なのでしょう。

十数年前に原田知代主演の実写の作品を見ていますが、こんどはアニメーションです。しかも、キャラクターデザインを担当するのがデビューの頃から好きだった貞本義行(あのエバンゲリオンのキャラクターデザイナー)で広告のポスターも良くて公開前に写真に納めていました。

時をかける少女

お話は、主人公の真琴が突然タイムリープ(過去に戻れる能力)できるようになり日常に起こる出来事に便利に使って行きます。仲良し3人組みの千昭と功介に起きる未来を少しだけ変えていく。そして、運命の日が近付いて来る。軽いラブコメのような展開は、懐かしような、変わりない人のいとなみのような感じを受けます。

真琴がタイムリープをするときに幅跳びをするように駆出し飛ぶ時に描かれる青空が印象的です。初夏の香りが心をワクワクさせるようです。それから、物語の鍵をにぎる絵が出て来るのですが、この絵は真琴の伯母である和子が、博物館で修復をしている作者もわからない一枚でした。

穏やかな表情をした女性が描かれ、何もかもが平静に見えるが、その絵が描かれた時は戦乱の時代と語られます。絵には、たしかに時をこえて語りかけるタイムマシンのような力があります。ただ、それを感じることが出来るかは、その人の持っている感性です。人を愛すること、穏やかな日常を願う想いは時をかけるのでしょう。

※時をかける少女

写真にパチリ ~ 旧朝香宮邸のアールデコ2006年09月18日 23時21分17秒

連休最後の日に庭園美術館に行きました。展覧会は、美術館そのものという変り種です。しかも、日本の展覧会では、画期的なカメラ撮影が可能と言います。あさぎも小さなデジカメを持って出かけました。いつもの美術館ですが、なんだかワクワクしてきます。だから、今日は撮って来た写真を少し大きめにして紹介します。

まずは、玄関にある天使のようなガラスの扉です。ラリックが特別に作ったものだそうです。

庭園美術館

これは客間にあったアールデコの花瓶でしょうか? とても美しい作品です。

庭園美術館

暖房機用のカーバーにも装飾がされていて、とても贅沢な気分になります。なにげないところにもこだわりが伺えます。

庭園美術館

そして、扉にもアールデコがあります。

庭園美術館

あさぎのお気に入り、二階の階段の踊り場にあるコンペイトウのような照明です。以前から訪れるたびに見とれる照明です。この一枚が撮れただけでもとても嬉しいです。

庭園美術館

もちろん、撮影の禁止されている場所もありますが、このように美術館を見て周ると楽しいです。海外の美術館では、こうして撮影の許可を与えている美術館がたくさんあると聞きます。日本でもこうした試みが多く行われると楽しいし、もっと多くの人が美術館を訪れると思います。

※庭園美術館

デザートもね! ~ アート・スコープ2005/20062006年09月20日 01時05分51秒

この頃なぜか、美術館のカフェレストランに興味が出てきて、雰囲気とか、メニューとか、価格などチェックしています。つい先日もブリヂストン美術館のカフェに行ったことを展覧会の内容よりも多めに書いてしまいました。

本当は、日独4人のアーティストによるインスタレーションを見に原美術館に出かけたはずでしたが・・展覧会もさることながら、ここのカフェレストランもなかなかと思ってしまい困ったことになっています。

アート・スコープ

原美術館は、6ピースに分割された丸形チーズの1ピースのような形をしています。チーズと違うのは、輪郭部分に建物があって一辺が空いて中庭があることです。カフェレストランは、その中庭が見える形で曲線部分のところにテーブルが配置されています。

メニューは、イタリアン風のセットランチ、パスタ、何種類かのドリンクとお菓子のシンプルなものです。午後のお茶の時間を過ぎていたのですが、お昼がまだでしたのでパスタと紅茶を注文しました。パスタは、日替わりのようで、本日はツナとオーリブのトマトソースあえでした。

小ぶりのお皿にかなりの細めんのパスタが出てきました。でも、見た目よりも量があります。ツナは少し大きめで、ふだん食べている缶詰のものとは違っていました。オリーブオイルもさっぱりで黒オリーブの実がアクセントでたいへん美味しかったです。

紅茶もポットで来て、たぶんダージリンだと思いますが、香りもまずまずです。以前、来たときには、展覧会にあわせてデザートを作っていたの思いだし(今回は特別メニューはなし)、本当はデザートも食べたかったのですが、お腹がいっぱいであきらめることになりました。

それで、肝心の展覧会ですが、なんとなくおとなしい感じのする作品との印象です。ビデオインスタレーション、金属や雑貨を組み合わせたオブジェ、ヘッドホンをからの音のイメージと良くは出来ていますが、ここぞと言うインパクトが足りないような感じもします。

原美術館にある常設展示されているアーティストの作品と融合してしまうような弱い感じがしました。美術館のもつ独特の空間でスペースの使い方が難しいと思います。しかし、作品から受けたこの感じは、デザートを食べれなっかたのと同じように少し残念だと思います。

※原美術館

それぞれの時代に ~ 国宝風神雷神図屏風2006年09月22日 23時02分47秒

風神と雷神が相対する姿は、誰もがいちどは見たことの構図です。江戸時代の俵屋宗達の傑作として記憶にありましたが、尾形光琳と酒井抱一による写しがあることは知りませんでした。この展覧会では、何十年ぶりにこの3点が一同に展示される貴重な機会と聞きました。

果たして宗達のオリジナルとその後の写しにどんな違いがあるのか、興味の惹かれるところです。実物を見ることでしか判らない微妙な部分がきっとあると思います。それは、見るものにしか判らない言葉にはできないものかもしれません。

会場に入るといきなり3点の風神雷神図屏風があらわれます。いきなりメインを見せる演出もストレートでいいものです。部屋の右手に宗達、左手に光琳と抱一の作品が並びます。中央には、それそれの相違を解説した案内がありました。表情の違いや各作者のオリジナル性などかなり詳しいものです。

まずは、本家である宗達を見て行くことしました。いちばん古いものであるためか、色彩については多少くすみがあります。時間の経過を感じますが、その迫力はさすがに国宝と言われるものです。それぞれの神様の構図とバランスには圧倒されます。神様の表情は豊かに瞳が大きいせいなのか、人を超える存在としての威厳があるようです。

風神雷神
俵屋宗達「風神雷神図屏風、17世紀前半頃」

そして、琳派の巨匠の光琳です。色彩は、鮮やかに残っています。解説にもあったのですが、少し人間ぽい感じがしてきたように思えます。ひとめで判る違いは、墨で描かれた雲です。神様の足元にはっきりと、しかも重みがあるように描かれています。

最後に抱一です。いっそう鮮やかな色彩です。全体の感じからは、少しバランスが違うように思います。どうやら屏風の大きさが異なるようでした。酒井抱一の作品は、オリジナルに比べ縦方向に少し大きいと解説にありました。少しの差なのですが、それだけで神様が少し小さく見えるのが不思議です。

日本画の古典で同じ作品を一回の展覧会で見ることができるのは、とても貴重だと思います。微妙な違いもすぐに確認できるのが嬉しく思います。オリジナルである宗達の偉業には驚きますが、それぞれの時代で宗達を越えようとした光琳と抱一も素晴らしい仕事をしたと思うひときでした。

※出光美術館

君のことが好きなのさ ~ 佐野洋子絵本の世界展2006年09月23日 01時12分40秒

「なんでも知っているのさ・・」そんな顔しているねこをよくみかけます。どこの書店の絵本売り場にかならず立って、こちらをにらんでいます。100万回いきたねこです。原画を見ながらあらためて、このお話を読んでみると、ちょっぴり悲しい・・でも、優しい愛を感じることができます。

佐野洋子

100万回いきたねこは、自分こと以外には興味もなく孤独を愛していました。いろいろな人に飼われても何も感じないところは、なんともいえず可愛い奴です。しかし、ある日一匹の白いねこと出会います。自慢話をしてみますがその白いねこは、他のねこたちのように興味を示すどころか「それがどうしたの?」と言った態度なのです。

100万回いきたねこは、そんな白いねこのことが好きになってしまいます。そして、一緒に暮らし時が経ち100万回いきたねこは、愛していた白いねこと永遠のお別れの日を迎えます。一度も泣いたことのない100万回いきたねこは、その悲しさに初めて涙をするのです。

ひとりでは感じられない幸せの日々は、きっと愛で満たされていたのでしょう。悲しいけどとても優しい愛のお話は、写真用の修正インクという変わった画材で描かれていました。水彩絵の具と違ったあの透明感は、100万回いきたねこのお話をより引き立てているように思います。

原作者の佐野洋子の作品は、意欲的にさまざまな画材を使って描かれています。パステル、クレヨン、アクリル絵の具・・。そのお話のイメージに合わせて画材を変えるのでしょう。どの作品も味わいがあっていいと思います。

あさぎは、パルプ紙(スーパーでもらう紙袋のような紙)にパステルで描かれた「ねえ、とうさん」という熊の親子の作品が気に入りました。ほのぼのとして優しい彼女のセンスを感じることが出来ると思います。「愛が心を満たし優しくなって、小さな幸せに早く気付いて・・」そんな作品たちとの出会いでした。

※三越日本橋本店

秋風が・・ ~ うろこ雲2006年09月23日 20時28分58秒

ブログに貼り付けている写真の多くは、携帯のカメラで撮ったものです。でも、いちようデジカメもあって先週は、庭園美術館で大活躍しました。最新型ではないけれど、小さくて可愛い相棒です。

秋風が吹いて気持ちいいと思い空を見上げると、うろこ雲がありました。とってもきれいだったので、一枚パチリ・・。あとは美味しいものがあれば、心もお腹も満たされる。秋って良い季節です。

うろこ雲