Asagi's Art News





神秘のジャングル ~ ルソーの見た夢、ルソーに見る夢2006年11月05日 22時19分58秒

どうしても行きづらいところにあるのが、世田谷美術館です。休日には、二子玉川から美術館行きのバスが出ています。しかし、世田谷の細い路地をぬって30分近くもかかる・・やはり陸の孤島です。秋の世田谷路の散策には良いのですが、とても不便なところが残念です。

たいへんな思いでたどり着いた世田谷美術館、今日はルソーの世界が待っています。この不便な美術館なら、余裕をもって鑑賞できると思っていましたが、予想外に混んでいました。やはり、テレビ(NHKの新日曜日美術館)の影響もあるのでしょう。

ルソーの見た夢、ルソーに見る夢

並んでチケットを買い中に入って、展示案内を手にしてみると、展示室は5つありました。全てルソーでないことは判っていましたが、主役である彼の作品を全て最初の部屋に集中させるとは、思いませんでした。いきなりメインディッシュが、出てくる思い切った展示です。

しかし、展覧会の最初の部屋は、常に人が詰まりやすく案の定たいへんな人でした。展示テーマが先行して、人の誘導の配慮が足りなかったのかも知れません。こういうところは、学芸員のセンスが問われる問題なのでしょうか?

ルソーは、独学で絵を学び展示会に公募するというスタイルつらぬきました。批評家からは酷評を受けながらも、作品を発表し続けます。そこからは、作品から受ける素朴さと異なる信念と頑固さを感じます。

これまで彼の風景画は見たことがあったのですが、もっとも彼らしいジャングルと動物の作品は、見たことがありませんでした。彼がフランスで想像した神秘の世界、今回やっと、その作品のひとつである「熱帯風景、オレンジの森の猿たち」に会うことができました。

熱帯風景、オレンジの森の猿たち
アンリ・ルソー「熱帯風景、オレンジの森の猿たち、1910」

うっそうと生い茂るジャングルのみどりは、癒されるような安心感がただよいます。そして、ところどころ補色のオレンジで描かれたフルーツが鮮やかです。ゆっくりとした時間が流れています。現実にはないジャングルですが、そこには動物たちが平和に暮らしています。

彼の世界に憧れた画家がたくさんいたことは、うなずけるような気がします。同時代の仲間が彼と共に素朴派を作り、後世の者は多くのオマージュを捧げることはしごく自然なことなのでしょう。

※世田谷美術館

暖かい出会い ~ 鈴木信太郎展2006年11月06日 23時51分11秒

暖かい穏やかな風景は、心に安らぎを与えます。そして、作品の中にあらわれる気持ちは、見る者にも伝わってきます。どんな時代でも心のよりどころが、しっかりしていることが必要です。いくつもの苦労をものともしない精神は、どこからくるのでしょうか?

鈴木信太郎展

楽しいことを楽しく、美しいものを美しく描くことは、心が強くなければできないように思います。そして、描かれるものは、身近にあることを気付くことも大切です。ありふれたものかもしれません。しかし、それで良いと感じることができるのです。

古くから伝わる人形、街に来たサーカス、庭先の風景から、やがて風景は、旅の途中に立ち寄った場所に変わっていきます。ゆっくりと迷いなく人生を歩んでいける力強さは、とても魅力的です。

※そごう美術館

宇宙の灯台 ~ 飯田善國 版画と彫刻2006年11月12日 22時31分34秒

紅葉がはじまり、少しだけ木々の葉が色づいています。人がざわめく町田駅から急な坂道を下ると、国際版画美術館があります。公立の美術館は、公園の中にあるとことが多いようです。この美術館も芹が谷公園という木々に囲まれた谷間に、静かにたたずんでいます。

この公園に巨大な噴水のオブジェクトがあります。飯田善國の作品です。このオブジェクトは、以前から気にはなっていました。シーソーのように上下に振れさらに回転をして、その姿を常に変化させます。高いところから落ちる水の響きが、心地よくさわやかな感じのする作品です。

飯田善國
飯田善國「虹と水の広場、1989」

彼は、この作品を宇宙に向けた灯台と語っていました。展覧会で彼の版画と彫刻を見て行くと、なんとなくその思いが判るような気がします。版画は、前半が裸婦や人物を中心に描かれていました。顔がなくただ肉体をオブジェクトとして、扱っているのでしょうか?

そして、その感覚を具現化しているのが、彫刻と思えるのです。心を宇宙として、作品をその宇宙の中で輝く灯台として、その孤独を振り払うような感じです。

後半の版画は、文字を色で表すと作品が展示されていました。見た感じ地下鉄の路線図のように思えるのですが、アルファベット26文字に固有の色を与え、ちょっとした言葉遊びのような感じで、色の組み合わせを楽しんでいるようでした。

前半と後半の雰囲気が対象的に思えるところが、彼のおもしろいところなのでしょう。人生の転機がきっとあったのだと思います。いったいどんなことがあったのでしょう・・興味の湧くところです。

※国際版画美術館

光の帝国へ ~ ベルギー王立美術館展2006年11月14日 23時55分21秒

中庭がすてきな西洋美術館は、好きな美術館です。コルビジェが設計した古い建物です。そのため、いまでいうバリアフリーとは、言えない部分がたくさんあります。企画展は地下に、常設点は1階から2階に行かねばなりません。

階段、スロープ、エレベータ、エスカレータ・・いろいろあるのですが組み合わせが良くないところが目立ちます。歴史があるのでしかたがないかもしれません。それでも、いろいろ思い出のある場所ですから、嫌いにはなりません。

ベルギー王立美術館展

今回の企画展は、ベルギー王立美術館の名品を集めたものです。オーソドックスな時代順の展示は、古い絵画の数が多いとなかなかたいへんです。感じる人には、古い絵画のもつオーラが重く、圧倒されてしまいます。

絵画は生きていますから、その威厳と人々の悲哀が入り混じっているのでしょう。今回もあさぎは、地下2階から地下1階に上がってきたところでダウンでした。美しく修復された作品は、すばらしいものばかりですが・・。

後半は、時代も新しくなり元気を回復しました。最後のマグリットの「光の帝国」は、その世界をたんのうできました。以前にも別バージョンを見たことがあるのですが、不思議な世界で魅力的です。

さて、西洋美術館では、企画展のチケットで常設展も見ることができます。何度も見ていますので、会いたい作品の場所はすぐに判ります。古典絵画から印象派へと好きな作品だけ、勝手知ったる我が家のように見ていけるのが楽しいです。

ところが今回、なにやら見慣れないものがありました。それは、展覧会のガイドとしてワンセグ端末とゲーム機(Nintendo DS)を使った鑑賞の実験をしていたのです。ワンセグは、受信機がないと無理なようでしたが、ゲーム機は印象派の部屋の前で貸し出してもらえました。

首からゲーム機をかけて、イヤホンを耳にします。作品毎に解説が画像と音声で行われます。タッチペンを使って手動で行うところがいまいちでしたが、音声ガイドとは違った(あさぎは音声ガイドを使ったことがありませんが・・)おもしろさがあると思います。

できれば、その場所に着いたら自動でガイドが、はじまるようになったらいいと思います。ソフトの内容が改良され、もっと使いやすくなれば、普及するかもしれません。もちろん、絵画鑑賞のガイドには賛否があるでしょうけど、新しい試みには歓迎です。

※国立西洋美術館
※ベルギー王立美術館展

近未来はレトロ ~ ぼくらの小松崎茂展2006年11月17日 00時19分48秒

勇壮な軍艦、精悍な戦闘機・・本物は好きになれないのですが、小松崎茂が描くそれらの姿は、男の子の憧れをくすぐるようです。もともと彼は、日本画からスタートしたようで、初期に描いた小鳥の掛け軸がありました。不透明水彩で描かれた独特の世界感が魅力的です。

重ねられた色が重厚な題材を生かしています。作品数も多いので必ずどこかで出会っていると思います。短編の漫画やヒーローを描いた作品もありますが、なんと言ってもメカニカルな題材は彼の得意な分野なのでしょう。正確な縮尺、きめ細かい描写から、こつこつと仕事をするさまが思い浮かぶようです。

小松崎茂展

近未来を描いた作品もあります。ホーバークラフト、スペースシャトル、スペースコロニー・・どれもが近未来だけどレトロです。その他に切手のデザインも手がけるなど、幅広い活躍をしていたことが判ります。

とても素敵な作品ばかりなのですが、展示会場に問題があり残念でした。特設会場のような場所で、外気が入りやすく作品を守るための温度湿度管理に疑問がありそうです。それに、作品を照らす照明も強すぎて作品が可哀想でした。

水彩画をはじめ作品は、とてもデリケートなんですから何とかして欲しいものです。主催者には、芸術であることをもう少し理解してもらいたいです。私たちの大切な財産なのですから・・。

※逓信総合博物館

初冬のたそがれ ~ 東京駅2006年11月18日 00時21分30秒

東京駅の丸の内口は、北口と南口があります。プロの写真家さんは、だいたい南口からのアプローチが多いのですが、あさぎは北口から攻めてみました。

たそがれてライトアップもされています。折りしも雨まで降ってきてかなり寒いお天気になりました。工事がはじまるらしいのですが、どんな姿になるのでしょうか楽しみです。

東京駅

エカテリーナの楽園 ~ 大エルミタージュ美術館展2006年11月22日 23時29分19秒

朝日新聞に上野から六本木にアートが移動するようなニュアンスの記事が載りました。上野の美術館群は、確かに歴史があります。しかし、最新の設備ではありません。良い企画展を数多く手掛けますが、訪問者に負担をかけるような事態も、引き起こしているのも事実でしょう。

今回の都美館は、たまたま日展の開催ともぶつかり大にぎわいでした。人の流れやバリアフリー、トイレなども含めて、不便を感じるところもあります。その日展も都美館での開催は、今回が最後とか・・新聞では上野と六本木の共存共栄と結んでいましたが、はたしてうまくいくのでしょうか?

大エルミタージュ美術館展

さて、大エルミタージュ展の内容ですが、人物、風景、都市の3つのテーマに分け、年代もいろいろ混ぜて展示が行われていました。印象派の作品もあり、なかなか楽しめます。ルノワールは、小さめですが鮮やかな色彩、ゴーギャンは、タヒチの美人画と無難な感じがしました。

この一枚に会いに行くという感じではないのが、ポイントかもしれません。それは、いつもの1階から2階に進む吹き抜け部分に、エルミタージュ美術館の紹介のためのプロジェクタが、あっただけだったからです。

本当のことを言うと少し残念でした。ここはいつも、展覧会のメインとなる作品を展示するところで、前半の区切りとしても、展覧会のテーマを左右する作品に出会える場所として、重要なところですから・・。

すてきな作品ももちろんありました。クナウスの「野原の少女」などは、とても魅力的な作品でした。赤い帽子がアクセントを持つことで、無邪気に花を摘む少女の愛らしさがきわだちます。全体が緑に覆われ、空は上の方にほんの少し描かれているだけです。それが、逆に広い野原の印象をあたると思います。

野原の少女
ルートヴィヒ・クナウス「野原の少女、1857」

エルミタージュ美術館の印象は、絵画よりも美術館そのものの芸術性とさまざまな工芸品が光る感じがありました。しかし、今回、絵画もたくさんあることを知ったことは、有意義だった思います。ヨーロッパの北の都、女帝エカテリーナの楽園をちょっぴり覗くことが出来て、嬉しかったです。

※大エルミタージュ美術館展

ビックツリー ~ 東京オペラシティ2006年11月24日 23時31分45秒

街にクリスマスツリーがあらわれて、今年もいよいよ終りに近づいてきました。どこのクリスマスツーがいちばんなのか? 雑誌や新聞は、競って書いています。

でも、いちばんは、その人にとって大切な思い出になるところです。もちろん、誰と一緒にいるかも重要です。名所の大きなツリーも良いですが、家族や恋人と飾った小さいツリーもすてきなはずです。

東京オペラシティー

溶け込む建築 ~ 伊藤豊雄 新しいリアル2006年11月25日 22時41分35秒

芸術と建築の融合は、とてもすてきなことだと思います。人が暮らすということで建築は、近年、バリアフリーとかエコロジーとかが優先されるきているようです。しかし、これらは良くない言い方をすると、人間の都合から生じた結果、後から取ってつけたようなものです。

自然の大地を切り開き、人間が建物を建てて暮らしていく。利益を追求しただけの無秩序な街や戦争、交易、理想などを追求して計画的に作り上げられた都市とさまざまです。しかし、そこには、自然とは異なる人間の作った世界が生まれているのです。

政治家や建築家が、いくら知恵を絞ってもすべての地域で、自然と共存できる建築はできないでしょう。そうかと言って、あきらめないのが人間であって、ほんの一握りの場所ですがいろいろな取り組みをしています。

伊藤豊雄

伊藤豊雄は、いま世界から注目をされてる建築家の一人だそうです。自然と建築をテーマに活躍しているとも聞きましたが、どんな感じなの興味がありました。暮らしの中に建築物は、あふれています。だから、とっぴな建物でも、それほど違和感があるものは少ないと思います。

しかし、それでも彼の設計した建物は、インパクトがあります。それは、最初の展示室に入るとわかります。「これが建物なの?」と思うような奇妙な形の模型が、展示されているのです。

台北のオペラハウスのコンペティションに応募した作品とのことですが、 穴の開いたスポンジというか、洞窟というか、表現にちょっと困る形をしています。曲線と直線を組み合わせた微妙なカーブが、印象的です。

この展示から独創的な建築模型の展示をしていくのだと思いましたが、次の展示室から様子が変わりました。そこには、建築の曲線の部分を実際に鉄筋と板で作った作品の一部があるのです。作品に乗ることもできます。なんとなく建築現場という感じがしました。

協賛会社に建築会社の名前が連なっていたのは、このためかなどと思いました。さらに、次の展示室に進もうとすると「靴を脱いで下さい」と言われ、ポリ袋を渡されました。そして、靴を脱いで部屋に入ると、展示室そのものが彼の建築物と同じように、なみうち起伏のあるひとつの作品になっていました。

直前の展示で構造を見せて、仕上がるとこうなると言うものでしょうか。表面は、白いペンキに塗られていて、表面は硬いのですが一見すると砂丘のような感じがします。その中に彼のいままでの作品の模型が置かれ、それぞれ映像を使って解説していました。

建築展でも、その作品に触れることができる機会は、あまりありません。展示室そのものが作品であることは、すばらしいアイディアです。実際の建築物は、その場に行かなければ見ることもできませんから。

建築作品をどう感じさせるか、この点ですばらしい判断を下したと感じました。時間とお金がかかることですが、体験させることの重要さを知っていたこそ、実現した展覧会だったと思います。

※東京オペラシティ