Asagi's Art News





日本近代美術史 ~ 日展100年展2007年09月02日 23時49分24秒

文展からはじまって、もう100年の月日が過ぎました。芸術に一定の評価を下すことは、大変難しいことだと思います。しかし、こうした品評会を経て社会的地位を持ち、多くの作品を残すことができるようになるのも事実です。

夏休みの六本木は、地方から観光にくる人たちで賑わっていました。美術館にもあまり訪れたことのない人たちがたくさん来ています。貴重な時間を美術館で過ごすことにしたのですから、良い思い出ができるといいと思います。

日展100年

さて、この展覧会ですが、日本近代美術の100年間を歴史順に凝縮させて紹介しています。明治のはじめ、芸術の近代化と伝統がぶつかりながら議論されます。新しい時代の波が、芸術の世界にも押し寄せていました。

ふたつの大きな戦争挟み、その時代での画家たちの苦悩が表れているようです。文展、帝展、新文展、そして現在に続く日展は、日本近代美術史そのものと言えます。

作品の中には、どこかで会ったことのある作品もいくつかあり、この時代にあったのかと少し感慨深い思いがしました。印象に残る作品もいくつもありますが、あさぎは、和田三造の『南風』が良かったです。

和田三造
和田三造「南風、1907」

もちろん、以前にも何回か出会っている作品です。しかし、同じ時代の作品と比べてみると、とてもダイナミックで彫刻のように肉体に明治時代のアカデミックな雰囲気をあらためて感じました。

新しい時代の幕開けを飾った1枚だったのです。ここから歴史が始まると言う感じです。青い海をひた走る船、漁師と言うよりも神話に出てくる神々のような雄姿は、とても誇らしげで魅力的です。

※国立新美術館

スーパー鉛筆画 ~ 線の迷宮 ラビリンスⅡ2007年09月10日 23時17分20秒

会期終了になんとか間に合いました。鉛筆画の奥の深さが評判で、どんなに凄いのか実物を見たかった展覧会です。台風が通り過ぎても蒸し暑い目黒に、期待を込めて出向きました。

目黒区美術館

8人の作家の作品がそれぞれのブースに区切られ展示されていました。どの作家もはじめ知る作家なのですが、同じ鉛筆画でもアプローチのしかたが違います。

篠田教夫の作品は、海がテーマで岩場を細かく再現するかのようにとても緻密です。また、木下晋の作品は、とても大きな作品でしわの深い女性の顔を感慨深く描いています。

どの作品も鉛筆で描かれているかと思うと、ものすごいものを感じてしまいます。それに鉛筆の持つ表現力にはとても驚きを感じます。小川信治の作品は、一瞬、絵はがきかなと思うような作品です。

小川信治
小川信治「パリの恋人、1999」

そこに描かれる風景は、実際に写真で撮ってきたように自然で、人物や建物、空模様など、本当に参りましたと頭が下がります。身近な鉛筆でも驚くべき作品を作り出せることは、いろいろな可能性を示してくれていると思います。

※目黒区美術館

ウルトラの星 ~ 怪獣と美術2007年09月24日 23時38分33秒

少し変わった展覧会が三鷹ではじまりました。テレビのウルトラシリーズに出てくる怪獣の原画を集めた展覧会です。アートとしては、アニメや漫画と同じようにやや異端とされる分野なので評価は別れるのかもしれません。

成田亨は初期のウルトラシリーズで、いくつかの動物を組み合わせるなどをして独特の怪獣を作ってきたそうです。単に組み合わせるだけでなく、違和感がなく受け入れられるように気を使っていたようです。

懐かしいと思う怪獣の原画は、ペンと水彩でのデザイン画の他にアクリルを使ったイメージボード、模型などがありとてもおもしろいものでした。展覧会に足を運んでいる人も親子連れやウルトラマニアなどさまざまです。

あさぎは特に思い入れのある怪獣はいませんが、カネゴンの原画がどことなく哀愁があって良かったと思いました。もう30年以上の前に作られたキャラクターですが、いま見ても新鮮です。

成田亨
成田亨「カネゴン、1993」

この世界も他に類のない日本オリジナルです。こうした日本を見直して行くことは、将来にとっても大切なことの一部だと思います。是非またこのような展覧会を開いて行ってほしいものです。

※三鷹市美術ギャラリー

去りゆく夏 ~ 東京タワー2007年09月30日 23時55分26秒

建築家の展覧会は楽しみで良く出かけます。実際の建物は、現場に行かなければなりませんが、設計過程の構想、設計図、模型など工夫を凝らした展示が好きです。森美術館のコルビジェ展にも足を運びました。でも、なんとなく余韻に浸っている間に会期が終了してしまいました。

だから、ブログに起す機会を逃してまいました。彼のお気に入りの湖畔の家の再現、中に入ってみると意外に狭くて、ものを置いたら生活できないのではとか思いました。

それはともかく、この写真はそのときヒルズの展望室から見えた東京タワーです。東京タワー・・・コルビジェが設計したらどんな形になったのでしょうか? もっとコンパクトで小さかったかもなどと思ってしまいます。

東京タワー