Asagi's Art News





書簡の秘密 ~ マティスとボナール展2008年05月01日 22時32分24秒

昨年、川村記念美術館を訪れてからもう1年がたちました。豊かな自然と余裕のある敷地の施設はとてもすてきですが、すぐそばに成田空港とちょっと出かけるには気合いが必要です。何と言っても横浜からは遠いのです。

マティスとボナール

今回は、日本屈指のロスココレクションの展示ルームの改装とマティスとボナール展というちょっと興味深い企画展もあり、気合いをいれて行ってきました。あいにくの雨の日ですが、木々の緑は水を得て生き生きとしています。

佐倉駅から送迎バスで美術館に向かいます。ちょっと古くなった感じのバスでしたが、とっても助かります。雨も小降りになりしだいにあがって来ました。美術館の前にはちょっと大きい池があり、白鳥さんが出迎えてくれました。このお庭は、本当にすてきです。

マティスとボナール

以前来たとき、マーク・ロスコの展示室は1Fの中央部分のところにあり、展示方法も普通に展示してある感じがしていました。しかし、1Fの奥に新しく作った展示室は、楕円形の部屋でロスコの赤い抽象画が栄えるように床がシックな黒にして、照明もやや暗めで良い感じの仕上がりです。

どうしても川村記念美術館は、常設展を見てから企画展となる逆の発想しているところが特徴の美術館です。下手をすると企画展がおまけのような印象を受けかねないところもありますが、美術館でゆっくり過ごすスタイルには良いのかもしれません。いろいろな展示のしかたがあって良いと思います。

川村記念美術館

ロスコルームから2Fにあがり、いよいよマティスとボナールの企画展がはじまります。マティスとボナールは、書簡を通して交流をはかり互いの作品に影響与えあったと聞きます。しかし、マティスはモダンアート的な印象で、ボナールはちょっと地味なナビ派の代表という感じがあり、何を共有していたのだろうと興味がわいてきます。

ピエール・ボナール
ピエール・ボナール「化粧室の裸婦、1907」

展示の最初は、ボナールでとてもアカデミックな作品が日本美術の影響を受け入れ徐々に変化をしてきます。風景画というイメージもあったのですが人物画も手がけていて、特にバスルームでの何気ない女性の姿をとらえた作品は、ちょっと良いです。

最近のグラビア写真のような生々しさがない、とても自然な雰囲気がすてきです。もちろん、作成の目的も大きく違うのですが、人の暮らしの一場面をとらえる作品はとても安心感があって好きです。

マティスの作品も洗練されたデッサンやスケッチをところどころに配置して、けして最初からモダン的な作品を手がけてはいなかったことを示しているところが好印象です。短い時間で画かれたデッサンやスケッチは、画家の技量が明確に現れます。マティスのすごさをあらためて実感しました。

アンリ・マティス
アンリ・マティス「赤い室内、青いテーブルの上の静物、1947」

そして、何と言っても色彩が良いです。ボナールとはまったく違います。しかし、なんとなくですが共通点があるような気がしてきたのはなぜだろうと思いました。もしかしたら秘密は、彼らの交わした書簡の中にあるのかもしれません。

書簡は直接会って話すのとは違い、想像力を使い互いを想いながら交流をします。だから、その想いは形や表現方法は違っても同じものだっだと思います。精神的な支えとして互いを認めあう。これがマティスとボナールの共通点だったのかもしれません。

川村記念美術館
※川村記念美術館

「描くことは祈ること」再び~ 生誕100年 東山魁夷展2008年05月10日 00時43分36秒

美術館には電車を使って行くことにしていますが、この日の国立近代美術館へのルートは、東京駅からタクシーを使うことにしました。竹橋は少しばかり不便なところにあり、毎度のことながら行き方に迷います。

地図上ではワンメータと見積もっていたのですが、運転手さんが気を遣ったのか、意地悪なのか美術館の前に回りこみ、寸でのところでメータがあがり非常に複雑な思いをしました。素直に信号待ちをした竹橋のところで降りればワンメータだった・・・タクシーも賢く使いたいものです。

国立近代

さて、会期が迫っていたこともあり、普段に比べれば混雑をしていました。東山魁夷の展覧会は、横浜美術館以来であり、清楚な日本の風景は心に響くものがあり期待していました。いつもですが彼の言う「描くことは祈ること」の言葉を思い出します。

国立近代

展示は、年代順ですが各パートでテーマを明確にしていました。めずらしく2Fも展示会場としていて、代表作の唐招提寺の襖絵が展示されていました。好きな画家であるのでどの作品が良いとかではなく全体の雰囲気を楽しむようにしたかったのですが、気に入った作品の前では足がとまります。

例えは、『冬華』は、厳しい冬の一場面ですが、凛と立ち尽くす大樹の姿にうっとりきます。色彩的には、淡白でまさに白銀の世界です。色がないということが力強さと一義な感じます。

東山魁夷
東山魁夷「冬華、1964」

また、白馬シリーズの『緑響く』は、森林と湖面がシンメトリーとなり全体を包み込む安心感に、アクセントのように白馬が描かれています。白馬があらわれることで画面に緊張感が生まれ、神秘的な世界を作り上げています。

東山魁夷
東山魁夷「緑響く、1982」

唐招提寺の襖絵の展示については、正直言うと横浜美術館での展示の方が良かったと思います。雰囲気を暗めにしてところも多少ポイントが低くなった要因かもしれません。雄大な荒海は、少し明るい部屋で細部まで鑑賞できる方が良いようにも思います。また、前面フラットな展示であったため空間を作る襖絵のおもしろさが欠けてしまっていたようで残念でした。

そして、もうひとつ残念だったのが山種美術館の『年暮る』がなかったことです。季節は梅雨になろうとしているのですが、やはりあの作品は見たい作品でした。長野会場のみの展示のようで、しかたがないので帰りに絵葉書だけ買って帰ってきました。

国立近代
※国立近代美術館

予感する風景 ~ モーリス・ド・ヴラマンク展2008年05月22日 20時50分11秒

損保ジャパンのビルも西新宿ではかなり古くなり見下ろす風景も変わってきました。ブラマンクは野獣派としてしられ作品から受けるイメージは激しく荒々しいものなのです。しかし、どうしたことか美術館が選んだイメージはピンク・・・看板の背景になぜその色を選んだのでしょう?

ヴラマンク

ヴラマンクの作品には、激しいし雨がやってくる前の緊張感のような感じます。荒いタッチもそうですが、コントラストが強いためなのなのかもしれません。何かが起きる前ぶれを誰にでも伝えるような意図があるのではと思います。

ヴラマンク
モーリス・ド・ヴラマンク「白いアネモネの花束、1922」

構図的には特別変わった感じは受けないのですが、例えは、花瓶に咲く花を描いても、その緊張感があふれ出しています。花びらや葉が個々に主張するのは、単にコントラストが強いというだけでは説明がつきかないように思います。

ヴラマンク
モーリス・ド・ヴラマンク「雷雨の日の収穫、1950」

作品の中には、なにかを予感するものが隠れているようです。得意な風景画では、それはストレートに表現されいます。描かれる空は、常に嵐を予感させるように重く、鋭い線に通り過ぎて行く風を感じます。もちろん、穏やかな日の作品もありますが、彼は予感する風景を好んでいるのです。

野獣派の定義は、いろいろとあると思います。学術的にはどうか判りませんが、この予感と言うのがキーワードになっているように思います。期待する未来は、あまり楽観的なものではありません。厳しい未来に対してどのように立ち向かうのか・・・画家は問いかけているのかもしれません。

ヴラマンク
※損保ジャパン東郷青児美術館