Asagi's Art News





相思相愛 ~ フェルメール展2008年10月05日 23時48分55秒

それがジャパンマネーと言われても、すぐそこまでやって来てくれるのはこの上ない喜びです。フェルメールに対して、日本人ほどその魅力と価値を評価している民はないと思います。だから、ご褒美としてこんな島国に同時に7点もの作品が集まってきたのだと思います。

フェルメール展

まだ寒い頃、東京都美術館の改装前の大イベントとして、フェルメール展が発表されました。既にさまざまなメディアで紹介、批評がされていますが、自分の眼で見るまでは影響を受けずにいようと思っていました。

絵画は第一印象が大事です。先入観を持って対面すると肝心な部分が見えない場合があります。だから、今回もなるべく入ってくる情報を最小限にして来るべき時を待つことにしていました。

オープニングから2ヶ月近く経ってしまいましたが、この時期を狙いようやく会うことができて本当に嬉しかったです。やや落ち着いたとは言え、30分の待ち時間はその人気の裏づけです。また、美術館でも最高の演出をするため入場規制をかけるなど、老舗美術館として他をリードするような配慮があり感心しました。

施設は古くなって来たけれども、センスが違うと言いたげな展示でした。1階はフェルメール以前のオランダ絵画の展示で、もちろんフェルメールの師匠ともされるピーテル・デ・ホーホの作品もしっかりと配置します。

期待をさせる作品をなにげなく展示するところが良いと思います。そして、いつもメインを配置する吹き抜け部分は、さり気なく通り過ぎさせ2階への階段を急がせするのでした。

あさぎの予想では、3階あるフロワーのどこか一角にフェルメールを集中させて配置すると思っていました。7点もの作品数から1階での展示はないとみていて、最近よく注目作品を置く2階の奥の部屋ではないかと予想しました。

予想は半分あたりました。違っていたのは2階の全スペースを使って7作品を展示していることでした。各作品の間のかなり大きなスペースを作る。なかなか頑張って考えたと思うのと今回の作品の傾向から自然に考えればこうなるとも納得しました。

まず、フェルメールの初期の大きな作品である『ディアナとニンフたち』と『マルタとマリアの家のキリスト』を配置して、続けて注目の『小路』を配置していました。フェルメールのファンであれば小さい作品の方がなじみがあると思うのですが、古い大きな作品を前半にもってくるのは正解だと思います。

フェルメール展
ヨハネス・フェルメール「ディアナとニンフたち、1655」

『ディアナとニンフたち』は、神話を題材にしたフェルメールの初期の作品です。思ったよりも大きな作品であり、聖書を扱った『マルタとマリアの家のキリスト』とともにフェルメールのらしくない作品で批評もさまざまあります。

フェルメール展
ヨハネス・フェルメール「マルタとマリアの家のキリスト、1655」

好き嫌いが分かれるかもしれませんが、光のあたり方や鮮やかな色彩はとてもきれいにで、十分に堪能できる作品だと思います。彼がまだ画風に迷い、どのような方向に行くかのか試行錯誤していた作品だと思うと非常に興味を覚えます。

フェルメール展
ヨハネス・フェルメール「小径、1658」

『小径』は、2枚しかない彼の風景画のひとつであり、前々から注目をしてきた作品です。印象は以外に大きいと感じました。繊細に建物の壁を描いているさまが、なんとも言えず良い感じです。壁の落書きや路地に隠れる人が何をしているのか、とても気になります。いつまでも見ていたい、そんな作品です。

そして、後半は奥の部屋にあります。最初に『ワイングラスを持つ女』があり、鮮やかな赤のドレスに視線が釘付けになります。そして、『リュートを調弦する女』が続き、『絵画芸術』の代わりにやって来た『手紙を書く婦人と召使い』、噂の『ヴァージナルの前に座る若い女』が最後を飾ります。

フェルメール展
ヨハネス・フェルメール「ワイングラスを持つ女、1659」

赤いドレスの女は、謎めいたほほえみを投げかけます。そして、フェルメールの定番の構図である左窓からの光、タイル張りの床・・・不思議に落ち着くこの構図です。また、ヴァニタス画のような謎かけがあるとも言われています。人は謎が大好きなのかもしれません。

フェルメール展
ヨハネス・フェルメール「リュートを調弦する女、1663」

フォーカスがすこしぼやけているように光が揺れる画面です。女はリュートを持ち単調な音が聞こえるように引き込まれるような感じのする作品です。画集では手前の机のあたりが真っ暗でなにがあるのか気になっていましたが、なんとそこには椅子がありました。やはり、本物を見なければ判らないことがたくさんあるのです。

フェルメール展
ヨハネス・フェルメール「手紙を書く婦人と召使い、1670」

本当は8枚目の作品になる予定だったのですが、『絵画芸術』の来日キャンセルによって、注目が出たと思える作品です。これも良く題材になる手紙が描かれており、郵便という当時の最先端のコミュニケーションツールがいかに生活に溶け込んでいるかを知る場面であると思います。

もちろん、誰にどんな内容の手紙を書いているのは、判りません。夫への近況を知らせるものでしょうか、それとも、秘密の恋人への想いを綴っているのしょうか、想像はつきません。ただ、ゆっくりとした時間がながれるフェルメールの世界が広がっていきます。

フェルメール展
ヨハネス・フェルメール「ヴァージナルの前に座る若い女、1663」

真筆か偽物か、世間はそんなことばかり気にします。『ヴァージナルの前に座る若い女』も良くそんなことを言われます。しかし、そんなことを気にして作品を見てもおもしろくありません。真筆か偽物かは、たいした問題ではなく、作品に出会ったとき心に何か伝わってくれば、それは本物なのだと思います。

この作品にも他の作品と同じようにとても魅力を感じます。あさぎはもちろん本物であると思っています。わざわざ日本までやって来てくれて、とっても嬉しいですし、魅力もたっぷり持っています。自分の感じことを信じれば幸せは簡単に手に入ります。

毎日いろいろ大変なことがあって、頑張ってやって来ている・・・そして、大好きなフェルメールの作品に会えることの喜びはなんとも言えません。今年最大のプレゼントをもらったようで満足ですが、絵画との出会いも相思相愛の関係でいるのなら必ず会えるような気がしました。

今回は、フェルメールの方から会いに来てくれました。いつかこちらからも会いに行かねばなりません。また会いましょうと言葉をかけ会場を後にしました。

フェルメール展
※東京都美術館
※フェルメール展

死と向き合うこと ~ アネット・メサジェ:聖と欲の使者たち2008年10月08日 22時47分31秒

人間が意識的に遠ざけているいるのことに死があります。死につながる危険は常にあるのですが、そのことについては隠しておき死と向き合うことはしないのです。生き物が死を迎えると動かなくなり、腐り、抜け殻が残ります。アネット・メサジェは、人が避けてしまう死について、死後に残る抜け殻を使い語りかけます。

アネット・メサジェ

死と向き合うことを避けるために人間は、死後に残る抜け殻を土に埋めて隠すという知恵を持っています。だから、死者は丁重に葬られ無残な姿になることありません。それが、精神的な悲しみや不安を安らぎや平静に変える方法なのです。

しかし、彼女はあえて死者の抜け殻を人前にさらすことで、けして避けられない死に眼を向けさせているようです。生と死はいつも同じところにある。それを忘れてはいけなと言っているのだと思います。彼女の扱う剥製にしても、縫いぐるみの抜け殻にしても、眼をそむけてはいけないことを暗示しているのだと思います。

今回の展示には、特別にヴェネチアビエンナーレで講評を得た『カジノ』の一部の展示もありました。これは、ピノキオのお話に出てくる鯨に飲み込まれるシーンをイメージしているとのことでした。大きな赤い布に風が送り込まれ波の中にいるように感じることができる風のインスタレーションです。

カジノ
アネット・メサジェ「カジノ、2005」

波の下にはときどき街の光のように光るものが仕込んであります。荒々しい赤い波と幻想的な街の光が、やはり死の世界に旅立つようなイメージを与えます。ここから先に進んでしまったらどうなるのかという不安、引き返せないという寂しさが入り混じる作品です。

どのような最後を迎えるのかは、誰にも判りません。だからこそ死を身近に感じることが必要なのかもしれません。そして、そこから明日を幸せに生きる知恵が生まれて来るように感じます。たぶん、彼女の言いたいことはそういうことだと思います。

アネット・メサジェ
※森美術館

オフィーリア ~ ジョン・エヴァレット・ミレイ展2008年10月11日 23時30分28秒

展覧会も終盤になると会場が込んでくるのは判っているのですが、なかなか上手くスケジュールが合うときばかりでないのがはがゆいところです。もちろん、会いたい作品があるときには、大変ですが出かけて行きます。それだけ価値のある作品が、わざわざ遠いところにやって来てくれているのですから・・・

ジョン・エヴァレット・ミレイ展

渋谷の街は相変わらずの賑わいです。それを避けるには、渋谷駅-東急本店-東急ホテルを巡回する無料のシャトルバスに乗るのが良いのですが、時間帯やお天気によって込み具合が異なり、乗れないときもあるのが欠点です。今回は無事にシャトルバスに乗車できました。待ち時間を考えれば歩いて行くのと同じですが、気持ち的にちょっぴり良い気分になります。

まずは、出足好調でだったのですが、やはり美術館の中に入るとかなりの人がいました。美術館側の誘導にも問題があり、待たせることなく入場させるのもひとつの方法ですが、鑑賞に気を配ることと優先すれば入場制限をするのも必要です。

ミレイのように細かい描写で鑑賞者が、足をとめ細かく見ようとする作品が多い場合、自然に推薦順路に列が出来てしまい、自由に見て回ることに制限がかかるのはとても残念だと思います。絵画の見方は自由であり、その自由度を美術館側が確保するべきで、博覧会や遊園地ののように列を作っては好ましくないと思います。

見なくても良い作品もあり、何度も戻って見る作品があるのが、美術館であると思います。さらに言えば、常設展示などならば写真を撮れたり、模写ができるような環境があり、ただ見せるだけの見世物小屋になるようなことは、避けるべきだと思います。

さて、肝心のミレイですが、やはりオフィーリアとの再会が楽しみでした。以前、新宿の損保ジャパンの展覧会で会いましたが、いまほど画家に詳しくなかった頃だったので、花に囲まれて水辺に浮かぶオフィーリアの姿が印象に残っただけでした。

うろ覚えですがオフィーリアの話が漫画「ギャラリー・フェイク」にあります。たしか、アシスタントのサラが航空機事故に会ったのではと悩み悲しむ主人公の藤田が、オークションに出展したのがオフィーリアだったと思います。藤田はサラをオフィーリアに重ねまだ死んではいない、沈みかけているが意識はある、彼女は生きていると聴衆に訴えるシーンがありました。

その影響で本当にオフィーリアは生きているのか、ちょっと気になりました。本物と対峙してみると・・・なんとも言えないと言うのが答えです。虚ろな眼は絶望を意味して、漂う体はすべてを捨ててしまったようです。肉体的には生きていますが、精神的にはもうこちらの世界にはないように感じます。ミレイの類い稀なる描写力のすごさだと思います。

生きているにしても死んでいるにしても、この場面を忘れることができなくなります。ミレイは数多くの肖像画を残していますが、人間の見せる一瞬の心の情景を捕らえるのです。画力にもましてこの力が、彼の作品に引きつけられる理由なのだと思います。

最後にオフィーリアの他にもとっても良い作品があり、気に入ったので紹介します。彼の娘を描いたもので『初めての説教』と『二度目の説教 』です。見ただけで思わず和んでしまうこの作品は、とても人気があるようです。

初めての説教
ジョン・エヴァレット・ミレイ「初めての説教、1863」

二度目の説教
ジョン・エヴァレット・ミレイ「二度目のの説教、1863」

※Bunkamuraミュージアム

King of OTAKU ~ ボーメ展2008年10月12日 23時50分46秒

帽子に眼がねでボーメ、その筋では「King of OTAKU」として知られている作家です。平面に描かれたアニメから立体のフィギュアを作成する人を原型師と言うようです。ボーメはその原型師の頂点にいる人です。そして、あのサザビーズのオークションで6000万円も落札価格付けた村上隆の『Ko2(koko)』の製作に大いに係わっていた影の大物なのです。

ボーメ

展覧会の入り口には、等身大のフィギュアが立っていました。オリジナルのようですが、どこかで見たようなアニメのキャラクターに似ています。丁寧に仕事した様子が遠くからも判ります。愚問なのかもしれませんが、何でこんなものを作るのだろうと一瞬思いました。

中に入ると50cmほどのフィギュアが、所狭しとならんでいました。キャラクターがどんなアニメのものか判らないのですが、緻密に正確に立体に再現されています。アニメのキャラクターのイメージを壊さず、しかもオリジナリティがあると多くの人が評価しているようです。

展示方法がやや雑であることからアートとしての驚きが薄れてしまったので残念です。しかし、作成に当たっての一切の妥協はない点については、ものすごいエネルギーを感じます。こだわり続ける、それがオタク道なのかもしれません。

ボーメ
※渋谷パルコ

神を迎える風景 ~ ヴィルヘルム・ハンマースホイ展2008年10月25日 13時38分53秒

知らない画家に出会うと、つも絵画はとても深い世界だと実感できます。ハンマースホイは、北欧の繊細な画家です。日本でははじめて聞く名前かもしれませんが、母国スウェーデンでは誰もが知っている国民的な存在と言われているそうです。

彼が描く世界からは、冷たい空気と強い日差しを感じることができます。静寂という言葉がぴったりする感じです。もちろん、行ったことはありませんが、北欧とはそういう場所なのかもしれません。

ハンマースホイ

ハンマースホイは、人物を描くときあまり正面のからのポーズがありません。後ろを向きその表情を伺うことはできません。身に付けている服も地味な黒が多く、息苦しさはありませんが重い感じします。しかし、そこに描かれている人たちは、妻や家族、とても身近な存在なのです。

風景画においても人物は描き込まれていません。しかも、どの作品も雪が降る前のようなどんよりとした感じに仕上げられています。ガイドの映像にあったデンマークの街並みとは、だいぶ違っていたので意図的にそうしているのだと途中で気がつきました。

ハンマースホイ

妻や家族、そして、賑わう街や通りをなぜ静寂な世界に閉じ込めてしまったのかは、彼自身にしか判らないのだと思います。しかし、絵というものは描く人の心が反映される面を持っているので・・・彼の目指した美の追究はとても静がで、謎めいているのかもしれません。

同じ部屋の風景が何枚も描かれているのですが、そこにも妻以外の人物は描かれることはありません。ハンマースホイと妻の住むアパートが何枚も何枚も描かれます。その中にはシュルレアリスムのように、椅子の脚がなかったり、ピアノが壁とひとつになっているものもあるのです。

ハンマースホイ
ヴィルヘルム・ハンマースホイ「陽光習作、1906」

しかし、何と言っても窓から差し込む光がとても印象的です。朝の日差し、昼の日差しと時間の変化を感じることができます。生活感のない部屋、白い扉が外の世界とをつないでいるのでしょう。

彼自身あまり体調が良くないこともあって、外に出かけることは少なかったのかもしれません。だから、身近なところにある美の追究をしていったのではと思います。その先にあるものはと考えてみたのですが、もしかすると静寂の世界にこそ神が宿る。それを彼は待っていたのかもしれません。

北欧にはキリスト教以前から神話が根付いていています。信仰をするかは別として心の底に流れる民族の歴史のようなものが、やはり彼の中にもあったのだと思います。その神を迎える風景をハンマースホイは描き続けていたのかもしれません。

※国立西洋美術館
※ヴィルヘルム・ハンマースホイ展