Asagi's Art News





天下取り ~ 長谷川等伯展2010年03月01日 00時10分50秒

京都で天下を目指した絵師の生涯はいったいどんなものだったのだろうか? そして、『松林図屏風』を描くに至った理由は? と疑問がたくさんあふれます。日本人でありながら、まだまだ良く判らない絵師のひとり長谷川等伯の回顧展は、昨年からとても楽しみでした。

長谷川等伯

長いこと東博には通っているのですが、なかなか『松林図屏風』に出会うことが出来ずにいました。毎年、海外からのさまざまな至宝が会いに来てくれるのに(あのフェルメールなどは、もう1/3もの作品に会いました)、国内にありながら・・・ようやくという思いです。

長谷川等伯は、石川で仏画を中心に肖像画を描いていたそうです。それも、30才になるまでの長い時間を・・・まるで修行僧のような感じです。しかし、京都へ出てくることによって変貌し、天下を目指すのです。狩野一門との激しい対決は、壮絶なものだったと思います。

やがて、天下人の豊臣秀吉からの命を受けて、きらびやかな作品を作成していきます。智積院の『楓図壁貼付』は、そのひとつで、圧倒される迫力と豪華さに驚きます。まさに絵画で天下を取ったと言えるでしょう。

長谷川等伯
長谷川等伯「楓図壁貼付、1593」

しかし、跡継ぎとなるはずの息子(久蔵)の死とともに画風に変化があらわれます。もともと、水墨画の作品も好んで描いていたようですが、きらびやかな画風は消え去り、再び静かな水墨画の世界へと歩んで行ったようです。

そして、『松林図屏風』が描かれたのです。揺らぎたたずむ松は、時の流れを、自分自身の人生を見つめているようにも思います。激しい競いから頂きにたどり着いた時、無くしてしまったものの大きさに気がついた。何のために絵を志したのでだろうと問いかけているようです。

晩年の等伯ですが天下取りへの執着は捨てきれなかったようで、徳川家康に会いに江戸に向かう途中で亡くなったと聞いています。まだまだやり残したことがあったのでしょうか・・・最後までパワフルに生き抜いたスーパースターだったことは間違いありません。

※東京国立博物館(2010年2月23日~2010年3月22日)

芸術と哲学の接点 ~ クリストとジャンヌ=クロード展2010年03月14日 23時37分06秒

以前、早稲田大学で行われた哲学の公開講座に参加したときのことです。担当の教授に芸術と哲学の接点について質問してみました。すると教授は、クリスト&ジャンヌ=クロードの作品を例にしていろいろと解説してくれました。

ちょうど、彼らがベルリンでのプロジェクト『包まれたライヒスターク』が注目された頃だったと思います。歴史的建造物を布で包むという発想と行為の中に哲学的な要素がたくさんあるとのことでした。

クリストとジャンヌ=クロード展

彼らの作品は、とても巨大で何年もの年月をかけて表現されるため、美術館の中に収まるものではありません。ですから、展覧会では、プロジェクトのために描かれた原画やコラージュ、過去のプロジェクトの記録である写真とプロジェクトのメイキングの映像を紹介することにしていました。

作品にふれることでも、その真意を感じることは難しいことです。ただ、包むという行為から感じることは、ぼんやりとですが「守りたい」という印象を持ちました。もちろん、彼らは包むことがすべて表現であるとはいっていませんが。

クリストとジャンヌは、とても仲の良いパートナーとして知られています。 互いに「守りたい」もの…それは「愛」であると思います。人は何故惹かれあい、出会うのか? 過去から将来にも続く永遠のテーマです。これこそ哲学です。

残念なことは、昨年、ジャンヌがこの世から旅立ってしまったことです。しかし、プロジェクトはまだまだ続きます。終わりのないテーマは、多くの人に受け継がれて、それぞれが答えを探していくのでしょう。

※21_21 DESIGN SIGHT(2010年2月13日~2010年4月6日)

京都・ディスカバリーズ ~ 桂離宮2010年03月18日 00時35分20秒

早春の京都を訪れる機会がめぐってきました。とても限られた時間だったのですが、かけ足で散策を楽しんできました。天気はときどき小雨のコンディションでしたが、しっとりした京都もまた風情があって良いものです。

さて、はじめは市バス一律料金パスのエリアを超えたところにある桂離宮です。宮内庁の管理になっているため、事前に参観申し込みが必要な手続きの面倒なところでもあります。しかし、建築家ブルーノ・タウトが「泣きたくなるほど美しい」と言ったという伝説もある庭園です。


桂離宮1

数年前にNHKの特集(桂離宮 知られざる月の館)もあって、是非とも実物を見てみたかったのが桂離宮です。指定時間時に集合、もと宮内庁職員らしいガイドのおじさんと現役皇宮警察の警察官と一緒に一時間あまりのツアーとなりました。

手入れ行き届いた庭園は、とてもきれいでした。しかし、何か変な感じがしたのです。あるべきものがなかったのです。それは、池の水です。なんと、橋の工事のために池の水を抜いていたとの説明でした。珍しい光景であるのですが、タウトの感激10%OFFと言った感じてしょうか・・・

桂離宮2

八条宮智仁親王と智忠親王の親子二代による宮廷美術の最高峰と言われる建築の美しさは静寂の中に高い教養を見てとれます。松琴亭、賞花亭、園林堂、笑意軒、書院群・・・それぞれの個性と細かいこだわりがあるのです。

今回、月見台の前に水はありせんでしたが、この斬新なテラスからのお月見を想像すると気分は都人になるようです。最後の月波楼の山から池への移り変わりも趣があってすばらしいです。あっと言う間の一時間でした。この次訪れるときは、割引なしの美しさを堪能したいものです。

京都・ディスカバリーズⅡ ~ 東寺2010年03月20日 00時54分48秒

3月の京都はまだまだ冷えます。そして、ついに雨も降ってきました・・・しかし、雨の京都もまた風情があります。京都のランドマークとして思い浮かべるのは、やはり東寺の五重塔だと思います。高さ58mの木造建築は、近くから見ると本当に大迫力です。

五重塔は、空海の没後に建設されて何度も火災により焼失しています。現在のものも徳川家光により再建されたものですが、もう400年もの歴史があるのです。真言宗総本山「教王護国寺」とも呼ばれ、東寺は世界遺産でもあります。


東寺

今回、ラッキーだったことは、非公開である五重塔の内部に期間限定で入ることができたことです。天気が悪かったこともあり内部は、多少薄暗かったのが残念です。しかし、巨大な心柱に驚いたのはもちろんですが、壁や柱に再建当時の曼荼羅の色彩が残っていたことは、とても意外なことでした。

色が落ちている部分もありましたが、赤、青、緑、黄、白・・・と鮮明に残っている部分もあり、時が過ぎてもその鮮やかさは想像できます。五重塔は、供養のために仏舎利(お釈迦様の骨)を納めたお墓だと聞いています。そうだとすると、本当に豪華なお墓です。

また、金堂には桃山時代の仏像が、講堂には室町時代の仏像が納められていていました。微妙に違った風貌の菩薩、如来、不動明王(金堂にはない)は、迫力があってどれもすてきでした。

金堂も講堂もやはり火災に遭っていて再建されたものです。しかし、空海の苦難による偉業は、多くの人により建築や仏像を通して伝承されて、その想いをいまに伝えているのだと思います。

京都・ディスカバリーズⅢ ~ 三十三間堂&智積院2010年03月22日 00時53分44秒

雨が強くなって来ました…バズを乗り継ぎ鴨川を渡り、博物館・三十三間堂というところまでやって来ました。バスを降りた人の多くは博物館に向かっていきました。東京から巡回したハプスブルク展のようです。同じ展覧会でも場所が変わるとおもしろいので興味がありましたが、今日は三十三間堂です。

三十三間堂といっても65間(118m)もあるそうで、この長い御堂の中に千手観音がずらりと並んでいるかと思うと、ある意味爽快と言えます。約千体ともいわれる千体千手観音、その中央に千手観音座像が鎮座して、さらに風神・雷神、二十八部衆がずらりと並んでいるのです。

三十三間堂

千手観音は良く見ると少しですが、一体一体表情や体型が異なっているように思います。制作年代や作者による違いがあるのだと思います。古くは平安、鎌倉時代のものも多くあると聞きます。運慶、快慶と言った名仏師の作品もあるようです。

たしか25年ぐらい前に来たときは、風神・雷神と二十八部衆は、千手観音の裏側にあったように思いましたが、いまは千手観音の前に置かれています。この二十八部衆の中でいちばん好きなのは、迦楼羅(かるら)様です。くちばしと羽を持っている姿がとっても格好いいのです。

元々はインドの神様でガルダ(炎の様に光り輝き熱を発する神鳥)とも言われています。どういう経緯で日本の神様になったかは勉強不足で判りませんが、再び迦楼羅様に会えて本当に良かったです。また、機会があれば会いに行きたいです。

智積院

そして、三十三間堂から歩くこと5分のところに智積院はあるのですが、観光をする人はまばらです。あさぎの絵の先生がお勧めする隠れスポットです。いま話題の長谷川等伯の大作があります。しかし、いま半分は東京に出張中です。あさぎにとっては、すでに半分見ていますので、残りの半分を見るのが目的でした。

『桜図』『松に梅図』を間近で見ることができました。『桜図』は、等伯の息子である久蔵作とも言われていますが、そう言われれば少し繊細な感じもします。現存しているものがわずかですが、まさに長谷川一門の絶頂期の作品に出会えました。

雨の関係で広い智積院の中はほとんど見ることができませんでしたが、たまたま新しいお坊さんの集まりがあったようで、金堂を背景に記念撮影をするところだったようです。おもしろそうなので、その光景をちょっとだけのぞいてみました。人それぞれ、お坊さんもそれぞれのような…そんな感じがしました。

人を知ること ~ 岩合光昭 写真展2010年03月23日 23時55分11秒

しばらく訪れていなかった渋谷のたばこと塩の博物館は、建物の外観こそきれいですが、さすがに内部は昔のままでだいぶお疲れぎみでした。小さな博物館なので、たばこと塩に関連する企画展以外は、なかなかなかったように思っています。

それが、何故、いま大人気の岩合光昭の展覧会を企画するようになったかは判りませんが、彼の三越新館での展覧会を見逃していることもあって興味津々で出かけていきました。駅から遠いにもかかわらず、多くの人がいて大盛況です。

岩合光昭展

街の書店の写真コーナーには、必ず彼の写真集が平積みになっています。動物を被写体とすることから、幅広い年齢層の人に愛されいます。特に猫を扱った写真集は、その愛らしさから目を引き、誰もが頁を開かずにはいられない写真集です。

さて、展示されていた写真は、流行の大伸ばしをしたものではなく、どこの家にも飾れるぐらいのちょうど良い大きさの作品でした。しかし、各テーマごと数点ずつ約120点もの作品があったのには驚きました。4階と1階の展示室を使っての展示ですが、所狭しという感じです。

4階には、シロクマ、ペンギン、グジラといった南極・北極の動物、コアラ、カンガルーといったオーストラリアの動物、その他にライオン、サイなども展示され、中にはパンダの姿を見ることができました。また、1階は、日本の猫、犬、そして猿の展示さています。

動物を通して彼が言いたことは何なのか? 考える必要があるように思います。ただ、可愛いと言うだけでは、これ程多くの人を引きつけることはできないでしょう。厳しい自然環境の中に身を置き、注意深く観察を続け一瞬を切り取る・・・実はこのことが人を知ることのきっかけであると彼は言っています。

自然を守ることは大切なことです。しかし、自分たちのことを知らなければ、本当に守るべきものが見えてこない。だから、彼は、多くの動物を通して人とは何かを知ってほしいと考えてるように思います。

※たばこと塩の博物館(2010年3月13日~2010年4月11日)

夜桜、そして・・・ ~ 六本木アートナイト 20102010年03月28日 19時23分27秒

今年も六本木アートナイトが開かれました。昨年に比べれば、情報やマスコミの扱いも少なかったようですが、イベントが続けられることはとても喜ばしいことです。アートナイトには、ビエンナーレなどとは違ったおもしろさや仕掛けがたくさんあります。

六本木アートナイト

六本木に着いたのは、18時を過ぎた頃ですっかり日が暮れていました。昨年と同じように六本木ヒルズ~六本木商店街~東京ミッドタウン~新美術のコースで見ていきました。決まった見方はないのですが、何となく良い感じのコースであると思っています。

六本木アートナイト

六本木ヒルズのインスタレーションは、昨年よりも少なめという感じですが、来場者ごとアートの中に誘う仕掛けを増やしていたようです。アートの世界に溶け込むことができる空間ができていて、誰もが楽しげに進んで参加していました。

また、テレ朝前には、巨大な『マザーナイト』が音楽とともに漂っています。昨年は、『ジャイアントトらやん』が火を噴いていましたが、今年は何をするのでしょうか・・・毛利公園には輝る花のような作品があり、今年はふわふわした感じ作品が多いようです。

六本木アートナイト

六本木アートナイト

東京ミッドタウンに移動しました。途中、六本木商店街の小さなスペースにも、いくつか作品が置かれていました。気がつかない人は素通りですが、街に溶け込むアートはとってもおもしろいです。本当に何だこれはと思うような感じは楽しいです。

六本木アートナイト

六本木アートナイト

時間帯にもよるのでしょが、あさぎが出かけた時間は東京ミッドタウンがおもしろい時間帯だったと思います。円柱のスクリーンを使った映像は、広いプラザの中央に浮かび上がり人々の足を止めます。

六本木アートナイト

そして、芝生公園に向かうと『カンパニー・デ・キダム』のパフォーマンスがはじまっていました。薄い布に空気を送り込み、内側からライトで照らすことで、モコモコした生き物を演じているようです。竹馬に乗っているのでしょうか・・・動きもゆっくりで幻想的な音楽に合わせ舞う姿はとても優雅です。

六本木アートナイト

六本木アートナイト

大きな球体を中心にパフォーマンスが続き、最後にその球体が空中に高く浮かび上がりフィナーレを迎えます。遠くに東京タワーも輝き、少し冷えてはいましたが、たくさんの人と共に感動を共有できてとても良かったと思います。

六本木アートナイト

公園内には光の作品がいくつもあって、昼間のさわやかさとはまた違った景色に出会うことができました。ちょうど桜も咲き始めた季節で、ライトアップに小さな蕾も生き生きとした夜桜、そして、少し早いお花見が楽しめるのはラッキーでした。

六本木アートナイト

最後は、国立新美術館です。今年もアーティスト・ファイルという企画展が無料開放されていました。売り出し中の現代アート作家7人の作品をテーマを決めずに展示するという展覧会です。造形あり、写真あり、ビデオインスタレーションあり、絵画ありとカテゴリーの枠さえありません。

しかし、それでも不思議に共鳴し合い各ステージを組み立てていたと思います。特に気に入ったのは、斉藤ちさとの泡(気泡)が写り混んだ写真です。さまざまな風景の前に立ち上る泡がなんとも良いフィルターとして働いています。ときに雨粒のようにも見えて、画面全体からノスタルジックな感じさえしてきます。個展があれば是非とも行ってみたい作家です。

六本木アートナイト、今後も続けてやってほしい企画です。街全体が美術館として、地域が協力をして作り上げる企画はすばらしいと思います。アートの発信地を目指す六本木の想いが、より発展することを願っています。

※六本木アートナイト(2010年3月27日~2010年3月28日)

女性の社会進出 ~ レンピッカ展2010年03月30日 00時55分29秒

タマラ・ド・レンピッカの肖像画には、独特の色気があり多くの著名人に愛されているとのことです。ワルシャワに生まれロシアやスイスで育ち、戦争がはじまりとアメリカに渡ります。彼女の若い頃の写真を見るとモデルのように美しく華がある女性であること判ります。

レンピッカ展

彼女の作品からは、ピカソやブラックのキュビズムから影響が強く、その影響を良くも悪くも最後まで貫いたという感じがしました。同性の肖像画を数多く残しており、近代の女性の社会進出と重なるような印象を持ちます。

ボーグなどの雑誌の表紙を飾ることは、女性がこれからの時代を切り開く力があるの証明であり、資本主義の象徴のようにも見ることができそうです。色使いも大胆であり、画面いっぱいの肖像はとても迫力があります。

レンピッカ展

少ない男性の肖像画もなかなか素敵です。離婚したときに描かれた夫のタデウシュの肖像などは、彼女の理想も込められているとは思いますが、ダンディズムを漂わせています。いろいろな想いが画面から伝わってくるようです。

多くの画家が最後まで絵筆を離さないと言われますが、彼女もそうであったようです。それは、幸せなことなのだと思います。今回、彼女の生き方をほんの少しですが感じることができて良かったと思います。きっと、もっと劇的なことが、隠れているのでしょうが・・・。

※Bukamura(2010年3月6日~2010年5月9日)