Asagi's Art News





また逢う日まで ~ ボルゲーゼ美術館展2010年04月01日 00時26分43秒

今回のボルゲーゼ美術館展が終了すると、しばらく改装でお休みする東京都美術館です。とにかくあちこち古い建物で、バリアフリーと言うものは、ほとんど付いていません。お決まりの見せ場があって、なくてはならない美術館のひとつですが、しばらくは辛抱です。

最後の展覧会ですが、主役は二人います。まずは、貴公子ラファエロです。彼の『一角獣を抱く貴婦人』は、以前は加筆が加えられていたそうです。肩のショールがあり、右下に描かれていたユニコーンが消されたいたそうです。解説には、何故加筆がされたかまでは説明がありませんでしたが、何かしらの意図があってのことだと思います。

ボルゲーゼ美術館展

何かの圧力や強制力によってオリジナルに手が加えられてしまったのです。とても、この絵の価値を理解しての行為だとは思えません。現在は、加筆された部分はきれいに排除されラファエロの描いた姿をとりもどしているのがなによりです。

『一角獣を抱く貴婦人』の第一印象は、言わずと知れたダ・ヴィンチのモナリザです。表情や背景などは少し違いますが、全体の構図や雰囲気がとてもよく似ていると思います。また、ユニコーンは、ダ・ヴィンチの『白貂(てん)を抱く貴婦人』の一部のようで、ラファエロがダ・ヴィンチの気にいった部分を組み合わせたことが想像できます。

そうなると、後ろの二本の柱が気になります。ダ・ヴィンチのモナリザには、諸説あって元は『一角獣を抱く貴婦人』のような柱が描かれていた説などがあります。ちょっとミステリーの謎解きに迫ることができそうな感じです。

ボルゲーゼ美術館展
ラファエロ・サンツィオ「一角獣を抱く貴婦人、1506」

そして、もう一人の主役はカラヴァッジョです。バロック美術に大きな影響を与えている問題の男です。光と影、優美な肉体を画面の中に余すところなく表現していきます。『洗礼者ヨハネ』のモデルは少年ですが、まだ未完成である体にも彼の得意とする力強さが垣間みることができます。

あまり明るい画面ではないのですが、つたの緑と少年がまとう布の赤が補色となっており際立っているのが印象的です。破天荒な人生からは、想像し難い完成された美しさががそこにあります。カラヴァッジョの作品をもっと見たくなります。

いよいよ、これで都美館ともしばしのお別れです。公募展は、新美術館に引き継がれてしまい元気がなくなった感じさえしました。これから耐震補強や改装を十分にして、また元気な都美館になってほしいと思います。

※東京都美術館(2010年1月16日~2010年4月4日)

京都・ディスカバリーズⅣ ~ 建仁寺2010年04月02日 23時50分29秒

お昼ご飯のにしん蕎麦を頂いていると、どうやら雨も止んで来たようです。ちょっと気になる祇園の街並みを抜けて建仁寺を訪ねてみました。建仁寺は比叡山の圧力がある中に創建された日本最古の禅寺で、鎌倉にある建長寺とも関わりがあるとのことでした。

本坊の入口を入ると俵屋宗達の『風神雷神図』の解説があり、複製ですがこのお寺に国宝があることを主張しています。もちろん、本物の国宝は、京都国立博物館に保管されています。

建仁寺1

方丈と言われるところで座禅を組むことができるようです。時間が許せば禅の世界をのぞいてみるのも良いことだと思います。枯山水の手入れがすばらしく、ほんの少しですが悟りに近づいたような気が・・・

建仁寺を訪ねたかった本当の理由は、法堂(はっとう)の天井にある双竜の天井画です。日本画の小泉淳作が創建800年を記念して2002年に描いた大作です。静かに法堂に入ると、この巨大で大迫力の2匹の竜が迎えてくれます。

建仁寺2

そして、視線を下にすると本尊釈迦如来座像と脇侍迦葉尊者・阿難尊者の仏様がおごそかにたたずんでいます。とても良いお顔をした仏様で法堂全体を引き締めています。禅寺という静の空間に動の双竜があることは、とても興味深いことだと思います。

ちなみに、建仁寺の調べものをしていたときに十一面観音坐像の盗難事件がヒットしました。まだ、事件の解決から1年しか経っていないようですが、とんでもないことをする人が日本にもいるようで、愚かな行為はやめてほしいものです。

日本一の高さに ~ 東京スカイツリー2010年04月04日 11時47分19秒

遠くにかすかに見えるのが、日本一高い建物になった東京スカイツリーです。既に東京の新名所になっているようですが、完成がとても楽しみです。ちょっと細身の姿が頼りなさそうなのですが、さらに大きくなるようです。

この画像は、赤坂方面からの見た姿になります。工事中なのでライトアップはないようですが、完成するときれいに光り輝くのでしょうね。建設途中の姿はいまだけですが、早く完成してほしいものです。

東京スカイツリー


川岸の桜並木 ~ 大岡川プロムナード2010年04月06日 21時49分32秒

京浜急行と並んで流れる大岡川には、その川岸に沿って500本ものソメイヨシノが立ち並んでいます。弘明寺(ぐみょうじ)駅から南太田駅に向かう辺りを大岡川プロムナードと呼ぶようです。弘明寺商店街はとっても元気ですが、川岸にも屋台が出てとてもにぎやかになっています。

もっと港に近づくとランドマークタワーの見える人気スポットあるようです。この日は、良く晴れていたのですが風が冷たい・・・気温が低いということで、今年の桜はいましばらくは楽しめそうです。お花見は本当に楽しいです。

大岡川プロムナード

大岡川の下流にいくとお花見クルーズの屋形船も出ているようで、意外に横浜でもお花見が楽しめることを再発見しました。そう言えば、数年前にアザラシが・・・あれはタマちゃんだったのでしょうか? 変なことを思い出してしまいました。

京都・ディスカバリーズⅤ ~ 下鴨神社2010年04月10日 00時27分35秒

出町柳駅から歩いて下鴨神社に向かいました。途中、豆大福の有名店「出町ふたば」に立ち寄りました。平日の午後にも関わらずなんで、あんなに人が並んでいるのか…流石としか言いようがありません。黒豆大福と桜もちを夜のおやつに良いお買い物が出来ました。

下鴨神社は、参道がとても長く立派な木々が並んでいました。参道に沿って小川が流れていてとても清らかな感じがしました。世界遺産にも登録されていることあり、参道はとてもきれいに行き届いています。ゆっくり歩いていると大きな朱塗りの鳥居が見えてきました。

下鴨神社1

正式には、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)と言って、賀茂別雷神社(上賀茂神社)とともに賀茂氏の氏神を祀る神社であったそうです。京都でも最古の神社であり、平安京の造営によりますます重要な神社になったと言われています。本殿には、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)と玉依媛命(たまよりひめのみこと)が祭られています。

鳥居と同じ朱塗りの桜門は、大きくて迫力があります。もっと暖かくなると手前にある大きな桜の木にたくさんの花が咲くことでしょう。桜門を入ると右手の奥の小川にかかる橋の前、梅の木がまだ花を付けていました。紅梅でとても可愛い梅の花でした。

下鴨神社2

朱色の桜門に比べ本殿は、厳かな感じのする落ち着いた茶色で統一されていました。干支ごとに社もありとてもにぎやか境内です。今年は寅年なので寅の社が真ん中にあり、それを囲むようにその他の干支の社があります。だから、本殿の参拝前につい自分の干支の社を探したりしてしまいます…

下鴨神社には、玉依媛命が鴨川で禊(みそぎ)をしているとき、上流より流れ来た丹塗(にぬり)の矢を拾い床においていたところ、矢が美しい男神になり、求婚され子供も授かったことから、縁結びの神様として実力が備わっているそうです。こういう言い伝えは古い歴史を感じると同時に、この先も長く続いていくのだと思います。

手の中にあるもうひとつの絵画 ~ 挿絵本の世界2010年04月13日 22時32分07秒

本の挿絵を描くことは、画家にとって当座の現金収入だけなのでしょうか? 古今東西たくさんの画家が本の挿絵を手がけています。物語の一場面や雰囲気を演出する挿絵は、簡素なものから本格的なものまで様々です。展覧会では、挿絵の専門家から巨匠と呼ばれる人たちの作品もいくつかありました。

挿絵本の世界

テーマに分かれていますが、基本はルネサンスから近代までの作品を時代順に紹介していると思います。その中で目を引いたのは、アルフレッド・デューラーの聖書の版画でした。モノクロの力強い画面構成は、挿絵というよりもひとつの作品であるようの感じます。聖書が伝えるべき教えをより印象的に展開しています。

挿絵本の世界
アルフレッド・デューラー「黙示録より四人の騎者、1498」

それから、古い作品の中にも手塗りや多色刷りのカラーの作品もあります。やはりその中では、アルフォンス・ミュシャの作品がきれいでした。原画やポスターなど大きな作品も見たことがありますが、コンパクトな版画もなかなか良いものです。本の一部となり手の中にあるもうひとつの絵画の世界と言えます。

展覧会の題名は、本当はもっと長くて「挿絵画の世界 きれい、カワイイ、怖い 本と版画のステキな関係」となっています。きれい、カワイイ、そして、怖いのテーマで展示がされているのですが、それほど厳密には分かれていないように思いました。

それよりも、近代に近づくごとに華やかさが増し、モダンな感じになってくるのおもしろいと思います。はじめて出会う作家の作品もたくさんいてとても新鮮です。後半には、マネとか、ピカソといったビックネームが出て来るので飽きない構成になっているところがとても良いです。

版画だけでもいろいろなアプローチで楽しめることを証明している展覧会でした。美術館が最寄りの駅から離れているマイナス面もありますが、版画に特化したコレクションのあり方は、高い評価に値すると思います。

※町田国際版画美術館(2010年4月10日~2010年6月6日)

京都・ディスカバリーズⅥ ~ 金閣寺2010年04月14日 22時18分52秒

金閣寺こと鹿苑寺(ろくおんじ)は、他のお寺よりも参拝の時間が長いこともあって、日も暮れてきてゆっくりとはいきませんが、なんとか間に合いました。そのため、金閣寺のベストショットポイントもほぼ独り占めができたのです。

空もいつの間にか晴れ間があらわれ、夕日の光の中に金閣寺が輝きはじました。金箔に覆われた舎利殿を中心に背景の上に山と空、下に池を配置したシンメトリーの調和はとても心地が良いです。

金閣寺1

京都らしい風景のひとつとしては、もっともポピュラーな場所であると言えます。定番を嫌う風潮もありますが、やはり何度も本物と対話をして、その美しさとは何かを確認することは必要だと思います。

金閣寺2

管理の人たちには、申し訳にと思いましたがぎりぎりまで金閣寺を堪能させてもらいました。もっと早い時間であれば、たくさんの人と一緒に流れるように参拝となるのでしょうが、この時間は人もまばらでゆったり贅沢な一時となりました。

舎利殿を裏側から見てみました。緑の苔が良い味を出していて琳派の世界の中にいるような感じです。あの三島由紀夫の「金閣寺」の主人公は、どんな思いでこの風景を見たのだろうなどと思いを巡らしてしまいます。

春の嵐の後に ~ 氷川丸2010年04月18日 23時45分01秒

季節外れの春の嵐で横浜でも夜にみぞれ(ひょうだったのかも…)が降ることになりビックリでした。桜は長く楽しめましたが、このところの空模様や低温で日本各地でもいろいろ影響が出はじめているとのことです。

山下公園の前に係留されている氷川丸は、今月の25日に誕生80周年を迎えるとのことです。日本を代表するような大きな客船ではありませんが、戦争を切り抜けてきた数少ない船のひとつです。

その歴史についてはほとんど知りませんが、マリンタワーと共に子供の頃から、いつもそこに居て変わらぬ時を刻んでいてくれます。一時は運営会社の解散でどうなることかと思われましたが、なんとか頑張ってくれています。

氷川丸

豊かな暮らし ~ ポンペイ展2010年04月22日 22時35分12秒

ポンペイの災害は古代イタリアにおける悲劇ですが、そこに残されたものはとても貴重ですばらしいものです。ローマ人の豊かな暮らしや美的感覚が時を越えて蘇ると思います。なお、今回はナポリ国立考古学博物館から壁画や彫刻をはじめ生活用品までさまざまな作品がやって来ています。

ポンペイ展

いろいろな切り口があると思いますが、人々の暮らしを彩った壁画に興味がいってしまいます。商店や飲食店を飾った壁画は、ローマの人々の生活感に触れることができます。生活が豊かであることが、色彩やデザインから伝わってきます。

また、家々に飾られた壁画は、神話や歴史が題材となり教養の高さを見て取ることができます。女神の優しい微笑みに豊かな生活を願い、雄大な神々の姿は、信仰の尊さを導いているようです。ローマ文化の奥の深さを垣間見ることができます。

国教はキリスト教ですがギリシャの神々への憧れは、迫力ある大作となり残されています。ポスターにも使用されている『アキレスとキローン』は、美少年のアキレスが半野獣のキローンに音楽の教えを受ける場面ですが、繊細であり教養にあふれ、本当に2000年もの昔に描かれた作品であるかと思うほどでした。

ポンペイの悲劇はありましたが、ローマ人の豊かさには驚愕するところがあります。そして、失われたものが語りかけることに耳を傾け、何かを感じ取ることが必要であると考えさせてくれます。豊かな暮らしとは何か、あらためて考えてみたいと思います。

※横浜美術館(2010年3月20日~2010年6月13日)

美の追究は止まらない ~ ピカソと20世紀美術の巨匠たち2010年04月26日 23時05分12秒

ドイツのルートヴィヒ美術館からの作品で構成される展覧会です。ヒトラーの時代には退廃芸術として排除の対象となった作品を多く含んでいるところが、なんとも皮肉で歴史を感じることができます。昨年の秋からの巡回展ですが、関東では横浜だけの展覧会になるそうです。

ピカソ

作品はエコール・ド・パリのピカソを中心にシュルレアリスム、モダニズム、抽象へと流れていきます。その時代の代表的な作家を網羅しており、絵画の変化の様子が自然にみていくことができます。ピカソの作品もキュビズム以降の変化を楽しむには、丁度良い作品のチョイスであるように思います。

ドイツの美術館であることから、ドイツ人の作家の作品を多く見ることができます。戦中、戦後のドイツの中で近代美術を作成していくことは、かなり苦しいことがあったと思います。しかし、美の追究は止まらないことをドイツの作家たちは、作品を通して証明しているのだと思います。

今回、大好きなモディリアーニの作品もありました。ピカソのすごさも良いのですが、やはり彼の印象的な肖像画は愛を感じます。この『アルジェリアの女』は、彼が精力的に活動したときの作品になります。酷評をされましたが、個展も開かれている時期のものです。

モディリアーニ
アメデオ・クレメンテ・モディリアーニ「アルジェリアの女、1917」

簡素な背景に上半身だけの肖像画です。黒髪と褐色の肌がアラブという異国の雰囲気を感じさせるように思います。金のアクセサリーがアクセントになっています。瞳もちゃんと描かれています。作成に対する意欲が伝わってくる感じがして、なかなか良い作品でした。

※そごう美術館(2010年4月8日~2010年5月16日)