Asagi's Art News





女帝 ~ カポディモンテ美術館展2010年07月07日 23時11分16秒

ナポリにあるカポディモンテ美術館から歴史ある古典絵画が上野にやって来ました。解説によるとカポディモンテとは「山の上」を意味していて、美術館は文字通りナポリの丘の上に建てられているとのことです。ナポリでは国立考古学博物館と共にイタリアを代表する国立の文化施設になっています。

ブルボン家のカルロ7世(1734年~1759年)の宮殿がベースとなったカポディモンテ美術館には、当初、ブルボン家およびカルロ7世の母であるエリザベッタ・ファルネーゼから受け継いだファルネーゼ家の収集品(特に絵画)がコレクションされたそうです。現在は、ルネッサンスからバロック、そして、19世紀に至るまでの多くの作品を所有しています。

カポディモンテ美術館展

今回の作品数は、いつもの展覧会より少ない80点で西洋美術館でも2つの展示室のみ展示となっていました。テーマは、イタリアのルネッサンス・バロック美術、素描、ナポリのバロック美術の3つです。とても修復が行き届いていて、400年の歴史があることを感じさせない美しさです。

ティツィアーノ、エル・グレコと偉大な画家の作品が続きますが、やはりいちばん気になる作品はパルミジャニーノ(1503年~1540年)の妖しい女性の肖像画になります。パルミジャニーノは、ローマを中心に活躍したと言われています。ルネッサンスの3巨頭から影響を受け、特にラファエロから多くを学び取ったようです。

カポディモンテ美術館展
パルミジャニーノ 「貴婦人の肖像(アンテア)、1535」

『貴婦人の肖像(アンテア)』の女性は、貴族の婦人とも娼婦とも言われています。一説ではパルミジャニーノの愛人ともありますが、彼は同性愛主義者との噂もありますので、何とも言えないところがあります。

とにかくこの作品は、彼女の見つめる瞳が怖いです。視線は、やや高めにあるため、作品から少し離れないと眼が合いません。薄暗い緑の背景が肌の白さを引き立ていて、妖艶とう言葉がぴったりかもしれません。ただ正面を向いているのではなく、右肩がやや手前に出ていることから微妙なひねりがあります。

右手側に上着、マフラー、手袋を着けて重厚さを持たせているのですが、中心から左手側にかけては素手が見え、さらに胸元(乳房の一部)が少し見えています。この大胆さと鋭い眼光からプロの女性と思ってしまうのでしょうか…

しかし、じっくりこの作品を見ていると、この女性の教養の高さ、品格の高さが感じてきます。経済的にだけではなく、政治的にも力があるように思えます。対抗する勢力に対して啓示を与えているのかもしれません。このように女帝のような睨みを利かされたら、一族の結束は堅くなることでしょう。

※国立西洋美術館(2010年6月26日~2010年9月26日)

コメント

_ 長右衛門 ― 2010年10月30日 17時01分52秒

その女帝と二人きりでデートしてきましたよ。
すごいですね、こちらが見透かされているようで、どうも落ち着きませんでした。

_ あさぎ ― 2010年10月31日 18時28分53秒

>長右衛門さん
こんにちは、
いま彼女は、京都にいるのですね。
彼女は、独特の眼力がありますね。見つめられると落ち着かなくなる気持ちは、良く判ります。
二人きりは、ちょっと怖いような感じがします…

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
質問なしですが、コメントを書き込むには認証keyが必要です
認証keyは”Kisling”です

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://asagi.asablo.jp/blog/2010/07/07/5205489/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ Art-Millー2 - 2010年10月30日 17時02分41秒

ナポリ・宮廷と美  カポディモンテ美術館展
京都文化博物館

「憧れの街ナポリ」は幻想であり、現実は、ある意味相当「幻滅の街」ではある。あまり良いニュースは聞こえてこない。だがかってのナポリは華やかで、ヨーロッパを代表する大都市だった。今回のカポディモンテ美術館展はそのかっての「華やかな港町ナポリ」の香りを運んでくれている。ルネッサンスからバロックまでということで、およそ16世紀から18世紀ごろまでのナポリで活躍した作家の絵画、工芸品が展示されていた。ゆっくり鑑賞できたという思いもあってか、相当の充実感を感じる展覧会だった。

やはり注目は、パルミジャニーノ《貴婦人の肖像(アン...