Asagi's Art News





ミソロンギの廃墟に立つギリシア ~ 都立拝島高等学校2010年09月18日 22時58分57秒

朝日新聞の多摩版に「10mのドラクロワ出現」なる記事が掲載されていました。記事には、拝島高校にて巨大絵なるものを完成させたとありました。少し調べてみたのですが、この巨大絵は毎年(今年で12年目)作成されていて、地域でも高評価されているものでした。

拝島高校の文化祭にあわせて作成したものらしく、一般の公開は1日のみとのことでした。新聞の紙面からでは伝わらない何かがあるはずと感じたので、本物を見に拝島高校まで出かけていきました。高校の文化祭なので終了時間が早くギリギリだったのですが、何とか入れてもらうが出来ました。

都立拝島高等学校1

『ミソロンギの廃墟に立つギリシア』は、やはり大きく高さは校舎に3階に届いていました。画集でしか見たことはなかったのですが、なるほどそうなるか…という感じの印象を受けました。沖縄の修学旅行で感じた想いを作品に込めたと聞いていたのですが、その気持ちはとても強く伝わってくるようです。

都立拝島高等学校2

ドラクロワの作品には、戦略上犠牲になったミソロンギという街に自由を掲げ立ち上がる市民の姿が描かれています。沖縄もまた同じような歴史を持っていますが、そこで感じた想いを『ミソロンギの廃墟に立つギリシア』に託すとう選択は、実にするどい感性であると思います。

そして、たくさんの人たちが同じ想いで作品を作り上げるという意味も大切ではないかと思います。技術的にも高くノウハウもしっかり継承されているように感じました。このような作品は、本当に良いものだと思います。来年の作品にまた期待をしたいと思います。

コメント

_ 一反もめん ― 2012年09月27日 02時28分57秒

こんにちは
ミソロンギの貼り絵制作の時部長をしていました
信じてもらえるか分かりませんが(´;ω;`)
先日母校の文化祭があり懐かしく、自分の時の貼り絵を
検索した所、このページにつきました
わざわざ見に来て頂いたみたいで嬉しいです(*´∇`*

_ あさぎ ― 2012年10月08日 22時49分59秒

>一反もめんさん
お返事が遅くなって、ごめんなさい。あさぎです。

毎年すてきな作品を制作していると聞いていますが、なかなか情報がないので直接伺うことが出来たのは、この時だけでした。

一反もめんさんは、この作品作製のリーダーをしていたのですね。いろいろ苦労があったと思います。でも、同じ気持ちでひとつになって作品を作りあげたことは、とても良い思いであるとともに、いまも心の支えになっていると思います。

機会があれば、一反もめんさんの後輩たちの作品もまた見に行ってみたいと思っています。コメントありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
質問なしですが、コメントを書き込むには認証keyが必要です
認証keyは”Kisling”です

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://asagi.asablo.jp/blog/2010/09/18/5357896/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。