Asagi's Art News





ナゴヤ・DX(デラックス)Ⅲ ~ 名鉄百貨店 ナナちゃん2010年10月02日 21時14分13秒

名古屋に行って逢いたかったのが、名鉄百貨店にいるDX(デラックス)なマネキンのナナちゃんです。季節毎にさまざまにドレスアップされ名古屋の人たちに愛され続けています。

今回は、なんと缶コーヒーを身につける斬新なファッション…やっぱり名古屋はやることがすごいです。ちなみに、隠れて見えないナナちゃんの3サイズは、B207cm W180cm H215cmのDX(デラックス)なプロポーションとなっています。

名鉄ナナちゃん

長い旅 ~ 崔在銀展 -アショカの森-2010年10月03日 23時40分23秒

崔在銀(チェ ジェウン)(1953-)は、インスタレーションを中心に活躍するソウル出身の女性アーティストと紹介されています。日本では華道を学んでいて、草月流三代目家元の勅使河原宏(1927-2001)のアシスタントになっています。また、映画監督に挑戦するなど幅広い活動をしているようです。

崔在銀

今回の展覧会は、彼女にとっては初の個展となり、「アショカ王の5本の樹の森」という故事をテーマに作品を展開しています。アショカ王は古代インドの王様で、国民ひとりひとりが5本の樹を植え、見守ることを提唱したそうです。5本の樹とは、病を治す樹、実のなる樹、燃料になる樹、家を建てる樹、花を咲かせる樹のことを言うそうです。

原美術館はそれほど大きな美術館ではないため、広い空間が必要なインスタレーションには向きません。しかし、アーティストたちは、その空間に最適になる作品を用意し来ます。崔在銀は、立体造形、映像、写真の作品を効果的に組み合わせて森という作品を構成しています。

美術館に入るとまず、木材を積み重ねた部屋があります。木材の種類は判りませんが、木材独特の良い香りが漂っていて、これから足を踏み入れる森を演出しているようです。色という意味では、この木材のみであり、その他の作品はモノクロの静かな世界となります。

1階には、とてもゆっくり動く森の木々ビデオインスタレーションがあります。森を歩いているような感じのする映像が、心地良く流れていきます。 2階に進むと今度は電車の車窓のように、動きの早い映像の部屋があります。何か急に遠くまで来てしまった感じを受けるインスタレーションです。

崔在銀
崔在銀「幻想の裏面、2010」

そして、最後は海の写真の部屋になるのですが、森を抜けた先に見た光景のように広がりを持ち、実際にはとても短い時間なのですが、長い旅が終わったような感じがする不思議な作品構成になっています。

人と森の関わりが少しだけ判ったような気がしたのと同時に森がある意味を考えてしまいます。アショカ王がみんなに判って欲しかった大切なことが少しだけ判ったような気がします。そして、人と森の良い関係が将来も続いて行くことを願いたいと思います。

※原美術館(2010年9月11日~2010年12月26日)

クルーベのりんご ~ 陰影礼讃2010年10月04日 23時49分13秒

陰影礼讃(いんえいらいさん)は、谷崎潤一郎(1886-1965)の随筆から引用したタイトルだと思います。谷崎は、 電灯がなかった時代の今日と違った美の感覚を考察して、日本は西洋とは違い陰影を好み、その中にある美を見い出すことで芸術を成立させてきたと論じています。

展覧会の解説では、足元や地面に落ちる人や物の「影」と、光がさえぎられた場所が薄暗く見える「陰」があると分析して、それらが多くの作品の中でどのように表現された来たを考察して行くそうです。

陰影礼讃

いつもの展覧会と違いかなり研究性の強い感じがします。しかし、そうは言っても、国立美術館4館のコレクションの中から選りすぐりの作品が見られるのですから、気楽に見ていきたいと思い出かけていきました。

展示作品は、アカデミックな絵画あり抽象絵画ありとジャンルは絞っていません。また、版画、写真、インスタレーションの作品まで揃えており、大変興味深いです。考察ポイントなども示していますので、学生さんがレポートを書くならばお勧めと言ったところでしょうか。

さて、展覧会ではいろいろと問題提起されていたのですが、今回はその議論よりも、気に入った作品をひとつ紹介することにします。それは、ギュスターヴ・クルーベ (1819-1877)の『りんご』です。写実主義の巨匠が描いたクルーベのりんごです。

陰影礼讃
ギュスターヴ・クルーベ 「りんご、1871」

西洋美術館(松方コレクション)の作品ですが、はじめて見る作品のように思いました。真っ赤ではなく形もまんまるで、りんごと判るには少し時間がかかりました。しかし、何気なく置かれている構成やりんごの赤と背景の緑がとても調和していて、安定感のある良い作品です。こんな作品が食卓のそばにあったらきっと楽しい食事になると思います。

画面全体が明るく、確かに西洋画にある陰影を排除する傾向にあるようです。しかし、見えるものを忠実に再現する写実主義なので、光に対しても正確に表現しようとしているのかもしれません。りんごの前後関係などは、影というよりも遠近感による色の見え方の違いようにも思います。左からの光に対する影はちゃんとあるのですが、陰影とは異なるものでしょう。

…考察はしないようにしようと思っていたのですが、やっぱりいろいろ考えてしまいます。そこが楽しいと言えば、それまでなのですが…こうした研究性のある展覧会もなかなか楽しいので、次回の企画を大いに期待したいと思います。

※国立新美術館(2010年9月8日~2010年10月18日)

現実を見つめなければいけない ~ ドガ展2010年10月08日 23時34分29秒

ドミニク・アングル(1780-1867)は、古代ギリシャ・ローマの美に回帰することが真の美であるとして新古典主義を確立しました。そして、印象派の画家たちの憧れであるロマン主義のウジェーヌ・ドラクロワ(1798-1863)に対抗することで、19世紀のフランス絵画の主流を競い盛り上げていました。

ドガ展

エドガー・ドガ(1834-1917)が、実はドラクロワではなくアングルを師として画業のスタートさせたことは、あまり知られていないようです。古典様式の持つ美は、理性的であり理想化されることで、たいへんアカデミックな要素を持っています。もしかすると、彼が画家になると決めたときに、周囲を説得させる材料としてとても都合が良かったことだったかもしれません。

それに、彼は均整のとれた肉体や筋肉の躍動感にたいへん興味を持っているようです。彼は踊り子の画家と言われるのと同時に、馬の画家とも言われています。若い頃にただ馬が好きだったというだけではなく、馬でも特に鍛えられた競走馬の躍動する筋肉が好きだったように思います。それは、確かに古代ギリシャやローマにも通じる美の原点なのでしょう。単なる筋肉フェチかもしれませんが…

ドガ展
イレール・ジェルマン・エドガー・ドガ「出走前、1876」

ドガは印象派の画家としてリーダー的な存在になっていきます。しかし、彼自身にトラブルが発生してしまいます。それは、視力の低下という画家であり、美を追究するものにとっては計り知れない打撃です。もはや、印象派の仲間たちと光輝く郊外で絵を描くことはできませんでした。

そのときにどうするかで人は変わっていくのだと思うのですが、ドガは微かな光を中にある理想の美を発見しました。それが、バレリーナが舞う夜の劇場であり、踊り子の画家の誕生となるのです。画材も油彩から視力が低下した目でもはっきり判るパステルに変えて新しい世界を切り開いていきます。

『エトワール』は、そんな彼だから残すことのできた希望の一枚だったのだと思います。華やかなライトの中に凛々しく舞うバレリーナの一瞬を切り取りました。もちろん、彼の大好きな筋肉も躍動しています。『エトワール』は、バレリーナがジャンプしてから着地する前の微妙な緊張感を捕らえていると言います。

ドガ展
イレール・ジェルマン・エドガー・ドガ「エトワール、1878」

ドガは、けしてドラクロワを否定してはいません。絵の中に感情や精神的な表現を巧みに取り入れています。それは、アングルを師としていた頃から変わってはいないようです。当時のバレリーナは、高級娼婦という側面を持っていてパトロンによる囲い込み、つまり自分自身で人生をどうこうできる立場にないのです。

そのような状況を絵の中に持ち込み、それぞれの感情をあらわにしています。主役のバレリーナは、この瞬間だけに喜びを感じすべてを忘れて最高の演技をします。しかし、その舞台脇には、好色なパトロンの欲がちらつきます。「現実を見つめなければいけない…」、これはドガが自分自身に言い聞かせているように思うのです。

※横浜美術館(2010年9年18日~2010年12月31日)

歴史 ~ 御料車 -知られざる美術品-2010年10月11日 22時58分45秒

開館から人気の鉄道博物館で、皇族の専用車両である御料車の展覧会を行うチラシを駅で見かけました。最近では天皇陛下の一般の鉄道利用者に迷惑がかかるとの配慮から、御料車を利用する機会もないと聞きます。しかし、ちまたの鉄道人気は、「鉄」とか「鉄子」なるオタク化したファンが登場するなど話題となっています。

鉄道博物館

御料車の歴史は、近代日本の幕開けと同時期にはじまります。しかし、単に皇族用の豪華車両というものではなかったようです。高い技術の装飾や工芸を車内にほどこすことは、御料車に関わる人たちにたちにたくさんの誇りや自信ををもたらすことで、日本の美の追求に一役かっていたと思います。

鉄道博物館

御料車は、常設展示として1階の片隅に大事に展示されています。しかし、車両の内部に入ることはできません。そこで、今回の展覧会で、車両の内部の装飾や工芸品に着目して、その歴史を踏まえ3期に分けて紹介するとのことでした。

鉄道博物館

車内の再現模型なども実物大で造られていて、なかなか凝った感じがしました。派手さはないのですが、落ち着いた感じの織物や刺繍は緻密で精巧に出来ています。工芸品にも同じような落ち着きのあるものを揃え、快適な旅を演出したのだと思います。

いつもの展覧会とは雰囲気が違うので、特出する作品はないのですが、岡田三郎助(1869-1939)の『野菊と薔薇』という作品が、絵画として一点だけありました。白い野菊が清楚で、画面も静かな良い作品でした。

もちろん、常設の御料車も見てきました。初代のものはコンパクトでちょっと可愛い感じのする車両です。赤をベースに高貴な感じがします。明治天皇が使用したもので、初代1号が1876年、初代2号が1891年に製造されたそうです。

鉄道博物館

鉄道博物館

茶色の車両が4両ありました。大正天皇と昭和天皇が使用したものとのことです。大きさはいまの列車と変わらないと思いますが、内部の造りが特別です。細部の作りが丁寧なので、やっぱり近くから見たいと思いました(参加出来ませんでしたが、日に何回かガイド付きの見学ツアーがあるようです)。

鉄道博物館

※鉄道博物館(2010年10月9日~2011年1月16日)

太陽 ~ 没後120年 ゴッホ展 -こうして私はゴッホになった-2010年10月17日 18時45分55秒

ミュージシャンの平井堅は、この展覧会のために『太陽』という楽曲を作ったそうです。ときどきテレビなどから流れてきますが、ゆっくりとしたメロディと彼の透き通る歌声に癒されます。ゴッホ(1853-1890)の創作と人生に対して想いを込めているのだと思います。ゴッホと太陽のイメージは、ぴったりでとっても良いと思います。

人気のある画家であり、ある部分に商業主義的な要素が加わってしまうのはしかたのないところです。しかし、広く多くの人たちにすばらしい絵画や素敵な美術館を知ってもらうためには、良いことだと思います。六本木地区では、こうした取り組みが上手く行っているようで大変嬉しいことです。

ゴッホ展

さて、今回のゴッホ展は、東京で開催される久しぶりの大きな回顧展です。同時代の作品の展示もアナウンスされ、どんな展覧会になるのか楽しみにしていました。実際に人気も上々で、展覧会がはじまったばかりにもかかわらず、たくさんの人が新美術館にやって来ていました。

作品の展示は、オーソドックスな時代順で構成されていました。同時代の作品は、アクセントとして挿入していて鑑賞の幅を広げる手助けになっているようです。また、想像ですが、同時代の作品を挿入したのは、ゴッホの作品は激しいので鑑賞者に対してクッションの役割を持たせるためではと思っています。

前半は、ゴッホの色鮮やかな風景画や静物画も控えめという感じです。スケッチやデッサンなどのモノクロの作品もあるのですが、画風が確立するまでの試行錯誤が見てとれるのは、大変興味深いところです。そして、何を描くべきかを見出したにもかかわらず、当時の彼の作品に対する評価は冷たいものだったのです。

中間点では、ビデオ解説を配置していました。これは、後半の誰でもが知っているゴッホらしい作品の期待感を演出しているのだと思いました。また、このビデオ解説を見せることで、鑑賞者の流れの調整をしているように思われ、展覧会の構成としても大変おもしろいと思います。

ゴッホ展
フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの寝室、1888」

後半は、ゴッホらしい色鮮やかな作品が続いて行きます。厚塗りされた青や緑や黄色が画面の中で舞っている様は感動的です。そして、目玉の作品でもある『アルルの寝室』のところでは、何とその寝室を絵から再現した模型が迎えてくれます。模型の展示の賛否はあると思いますが、主催のTBSの力作で大変良くできています。

自画像もちゃんと2点来ています。展覧会では、共に1887年に描かれた作品で『自画像』と『灰色のフェルト帽の自画像』です。新天地アルルを目指す1年前に描かれたものです。ロートレック(1864-1901)やベルナール(1868-1941)、そして、ゴーギャン(1848-1903)とも知り合った頃で、彼らからいろいろな影響を受けていたと思います。

ゴッホ展
フィンセント・ファン・ゴッホ「灰色のフェルト帽の自画像、1887」

新しい時代への期待に満ちあふれるような眼差しで見つめています。この後、彼に訪れる困難や挫折など微塵も感じていないよう思います。高い理想の実現が使命なのです。そして、その高い理想が彼自身を苦しめることになるのです。

もしかすると彼の行動や発言から、自己中心的な厄介者と思われていたかもしれません。しかし、成し遂げようとする熱い想いが、太陽にように輝きを放つすばらしい作品を残したのだと思います。彼の人生を不幸であると言う人もいますが、彼の想いはひとつずつキャンバスで具現化していきました。だから、辛いことはあっても悔いのない人生であったと思います。

※国立新美術館(2010年10月1日~2010年12月20日)

奉納 ~ 小泉淳作展2010年10月20日 22時00分12秒

横浜西口の賑わいは横浜一なのですが、大規模な再開発が出来ずにいる古い地域です。百貨店も東口のそごうに対して老舗の高島屋となるのですが、やはり老朽化は目立ってきています。もちろん、高島屋にも展覧会をするスペースがあります。しかし、なかなか企画展を開く機会がないようです。

今回は、先に日本橋高島屋で開催された「小泉淳作展」が巡回となり展覧会が開かれました。「平城遷都1300年光明皇后1250年御遠忌東大寺本坊襖絵完成記念」なる長いサブタイトルがついていて、完成したばかりの奈良東大寺本坊の障壁画を見ることが出来ます。

小泉淳作(1924-)は、京都に行ったおり建仁寺で見た双竜の天井画を描いた日本画家です。鎌倉出身で特定の画壇に属さない重鎮です。50歳を過ぎた頃から注目を集めた遅咲きの画家ですが、繊細な筆使いで緻密な描写を得意としています。植物、特に野菜などは、独特の存在感に魅力があります。

展覧会では、その50歳頃の作品から紹介していて、障壁画は狭いスペースですが、東大寺本坊の内部を再現するよう組み立てられていました。庭に面して配置される障壁画には、蓮池の様子が写しとれています。花や葉のひとつひとつが細かい表情で描き分けられていて、全体を見渡すと大きな池を彷彿させるとてもバランスの良い作品です。

小泉淳作
小泉淳作「蓮池(部分)、2010」

その奥の部屋には、小泉が生涯ではじめて描いたという吉野の桜が隠れています。とても細かい桜の花びらが一面に描き込まれていて、本人も修行するような想いで乗り越えたといっていました。何故いままで桜を描かなかったか、その理由を「桜を描けば売れるので、そのような題材を描くことに抵抗があった」と述べています。

…ちょっとへそ曲がりで、おもしろい人物に魅力を感じます。歴史を振り返えると、神社仏閣に奉納できる作品を描くことが出来るのものは、本当に限られたものだけです。絵が上手いだけでは、成し遂げらることが出来ない、何かを必要とするのだと思います。神仏をもうならせる確かな志が必要ということなのです。

※横浜高島屋(2010年10月14日~2010年10月25日)

透き通るベール ~ 日本画と洋画のはざまで2010年10月24日 21時44分53秒

日が暮れるのが早くなってきました。閉館時間が近づき美術館にも明かりが灯るのですが、これもなかなか趣があります。黄昏時に弱くなった自然の光と力強い人の光が混じり合う素敵な一瞬は、街に暮らす密かな楽しみなのです。

山種美術館には、渋谷からバスで向かいました。バスが信号や停留所で停まるたび、その時は徐々に近づいて来ます。バスを降り美術館に近づくと、夕焼けで赤みを帯びた空と美術館から漏れる光が街の輝きのひとつを作り出していました。

山種美術館

街の輝きをしばらく見ていたかったのですが、閉館時間も迫ろうとしていたので美術館に入ることにしました。今回、山種美術館は、開館1周年記念として所蔵品の中からの選りすぐりによる企画で「日本画と洋画のはざまで」という興味深い展覧会となっていました。そして、この時間帯は、鑑賞者も少ない好条件が揃うのです。

特に注目していたのは、村上華岳の『裸婦図』です。定期的に展示されているようなのですが、いままで村上の作品を見る機会がなかったこともあり、また「美の巨人たち」をはじめテレビなどにも取り上げられ、是非本物をじっくりと見たかったのです。

山種美術館
村上華岳「裸婦図、1920」

目的の『裸婦図』は、展覧会のちょうど中間点になるやや広くなった部屋にありました。思っていたよりも大きな作品でしたが、そう言えば「美の巨人たち」でほほ等身大の大きさの女性像と言っていたことを思い出しました。

女性は、確かに裸婦に見えるのですが、透き通るベールのような衣装を身につけています。それが、素肌をより引き立て艶めかしくなっているのかもしれません。しかし、離れて全体を見ると菩薩のような雰囲気を放っていて、尊い感じさえしてくるのが不思議です。

村上は、この女性を理想の女性と言っているようです。理由はいまひとつ判りませんが、彼の生い立ちや絵画への考え方が反映されているのだと思います。京都に生まれた村上は、両親ではなく祖母に育てらています。その間、父は死去をして母は男と駆け落ちと、思春期の少年には刺激が強すぎます。

その後、彼は絵の道を目指し京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)に進みます。文展などの公募展にも積極的に挑戦して、高い評価を受けることになります。しかし、文展の審査基準を問題視して若い画家仲間と新たに国画創作協会を作り、制作と発表を開始するのです。

そして、今回の展覧会で出会うことのできた『裸婦図』が生まれるのです。もともと仏教に対する関心が強く、仏教をテーマにした作品を残していることから『裸婦図』にもその影響があると思えます。しかし、官能的でエロティズムを含んでいる点は、仏教からは少し外れたところにテーマがあるようにも思います。

この『裸婦図』以降、女性の肖像は描いていないとも言われています。その理由も判りませんが、ひとつの到達点に達してしまったのではと思っています。断言は出来ませんが、晩年は病気と闘いながらの制作、海外留学の断念など不本意な状況が続きます。そうだったからこそ、あのとき『裸婦図』が生まれてきたように思うのです。

※山種美術館(2010年9月11日~2010年11月7日)