Asagi's Art News





三角関係 ~ カンディンスキーと青騎士展2011年02月02日 23時23分37秒

ロシアのヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)と言えば、抽象絵画の創始者であり、ドイツのバウハウスで教鞭をとり多くの芸術家の育成にも関わった人物です。モスクワ大学では、法律と政治を学び、絵画をはじめたのは大学卒業後にドイツに移り住んでからです。

彼の先生は、官能的な「サロメ」を代表作とする象徴主義のフランツ・フォン・シュトゥック(1863-1928)であることから、初期の作品は肖像画や宗教画などかなりアカデミックなものであったと思われます。

カンディンスキー

分離派展などにも参加して実力を認めらるのですが、新しい芸術の創造のためシュトゥックから離れます。そして、フランツ・マルク(1880-1916)やガブリエーレ・ミュンター(1877–1962)などと共に「青騎士」を結成することになるのです。

今回の展覧会では、この「青騎士」時代の作品を中心に、ドイツでの芸術革新を見ていくことができます。そして、展示作品は、ミュンターがカンディンスキーから引き継ぎ、後にミュンヘンのレンバッハハウス美術館が所有することになった貴重なコレクションです。

展示は、オーソドックスな時系列の4部構成です。構成名称は憶えていませんが、19世紀末のドイツ芸術、ミュンターとカンディンスキーの出会い、自然豊かなムルナウでの創作活動、抽象絵画の誕生と青騎士展といった感じになります。

まず、カンディンスキーの師匠であるシュトゥックの作品からはじまるのですが、分離派と言ってもとてもアカデミックな印象を受けます。緻密な写実と陰影表現に技術の高さとドイツのまじめさを感じることができます。この窮屈さにカンディンスキーがギブアップしてしまったのかもしれません。

カンディンスキーには、正式に妻がいます。もちろん、ドイツにも同行しています。しかし、「ファーランクス」という美術学校を作ると、そこに、ミュンターが現れるのです。惹かれ合うものがあったとは思うのですが、やはり不倫の関係に近づいていくことになります。ただ、泥沼の男女関係にならず、微妙な三角関係が続いているようでした。

この頃、既にカンディンスキーの作品は、抽象的な表現に変わっていました。フォーヴィスムの影響から色や形が大胆な表現になっていたのでが、何故か1つのミュンターの肖像画だけが、絵をはじめた頃のようにアカデミック画風で描かれていたのです。

カンディンスキー
ヴァシリー・カンディンスキー「ガブリエーレ・ミュンターの肖像、1905」

彼女の曇った表情に揺れる心の内を表すような感じが伝わります。運命を受け入れ、喜びを創造に導くために、どうしても描かなければいけなかった原点だったように思います。その後、カンディンスキーは、マルクなどと競うように抽象画を描いていきすばらしい作品を残しますが、この「ガブリエーレ・ミュンターの肖像」は、芸術表現以上の意味を持っている作品だと思います。

人としての弱さや葛藤する愛が、新しい表現を打ち消してしまったのかもしれません。すべてをやり直すことができるのか、このまま走り続けるのか、悩みはつきない感じです。…結局、いい加減な関係のままなったみたいですが、すっきりしないのもまた人生なのだと思います。

※三菱一号館美術館(2010年11月23日~2011年2月6日)

コメント

_ http://cochi1228.exblog.jp/ ― 2011年02月19日 00時41分45秒

この「蒼騎士展」を観るためにTOKYOへへ行ったようなものです。特に、カンディンスキーのいわゆる初期もんが好き好きで。絵の具の鮮やかさはさすがです。三角関係ですか、余り気に止めなかったのですが、やはり創作のエネルギーになったことでしょう。これだけ大量に作品を堪能できるのは幸せですね。次は、愛知美術館で見る予定です。みそトンカツも楽しみに。

_ cochi ― 2011年02月19日 16時49分14秒

すみません。何と名前がURLになっています。僕の名前がいろいろあってほんとにごめんさい。これに懲りずに宜しくお願いします。

_ あさぎ ― 2011年02月21日 00時51分38秒

>cochiさん

いつも嬉しいコメントありがとうございます。
名前は大丈夫ですよ。コメントの内容からちゃんと判りますので…これからもよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
質問なしですが、コメントを書き込むには認証keyが必要です
認証keyは”Kisling”です

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://asagi.asablo.jp/blog/2011/02/02/5660117/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ Art-Millー2 - 2011年02月19日 00時44分33秒

カンディンスキーと青騎士
三菱一号館美術館


初期の頃から、《印象コンサート》頃までの作品がすごく輝いている。
絵とは何かを教えてくれる



2011初夏に神戸にやってくるので、もう一度ゆっくり見ようと思う。