Asagi's Art News





ミズマ ~ ジパング展2011年06月05日 23時06分29秒

ジパング展の公式サイトには、「日本の現代美術の魅力を世界に向けて発信する。日本人自身にもその魅力を再認識して欲しい」と書かれています。ジパング展のキュレーターでもあるミズマギャラリーの三潴末雄の想いが込められたメッセージです。地震や原発などの問題を抱えながらも、その解決の糸口が日本の持つ独自の文化にあるのだというメッセージと思っています。

ジパング展

現代アートのアプローチはさまざまであり、単に日本独自の文化に目を向ける必要はありません。しかし、過去の偉業を残したアーティストが、回帰して作品に取り込んだのも日本独自の文化だったのです。過去数千年の美の継承があったからこそ、いまの日本文化があるのだと思います。日本人以外には真似ができないこと、それがオリジナルであり世界の求めることなのかもしれません。

ミズマギャラリーで扱う作品は、社会に対して一席を投げるアーティストもたくさんいます。圧倒的な人気を誇る会田誠(1965-)などは、社会の抱える矛盾に疑問を投げかけています。子供を守るための規制を求めながら、美少女などとあおり立てる商品を売買している社会に対して作品を通して問いかけます。

今回の展覧会では、『大山椒魚』が展示されています。この作品は、日本画をベースにしたとても美しい作品です。しかし、この絵をどのように解釈するかで、社会の矛盾やタブーに気がついてしまいます。さまざまな意図しない解釈でも可能になるような作品なのかもしれません。

ジパング展
会田誠「大山椒魚、2003」

参加している31人のアーティストの個性はかなり強いですが、それを束ねている三潴という人物もなかなかおもしろい人のようです。さまざまメディアを巧みに操りながら、したたかに想いを発信していくさまは、アーティストの個性以上に魅力があります。トップギャラリーであるミズマには、今後ますますの注目をしていきたいと思います。

※日本橋高島屋8階ホール(2011年 6月1日~ 2011年6月20日)