Asagi's Art News





寓意 ~ 大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年2012年07月02日 21時56分52秒

エルミタージュ美術館は、絵画だけでなく工芸、彫刻と美術館自体も芸術品であるようで、いつかは訪れてみた美術館のひとつです。ロシアの古都であるサンクトペテロブルク(かつてのレニーグラード)にあるそうで、情報はたくさんありますが、本当はどんなところなんでしょうか?

エルミタージュ

今回の展覧会には、ルネッサンスからマチスまでの壮大な歴史を絵画を通して駆け足で紹介するとのことです。この頃の美術館ブームにおいて、美術鑑賞をはじめた人にはぴったりと言った感じの企画でしょう。

サイズの大きい作品が比較的多いため、歴史の流れをダイナミックに見ていくことができるようです。ただ、映像資料がいまひとつという感じがしました。休憩室には、美術館を紹介する短い映像がありましたが、展覧会の作品の流れや注目作品の紹介までには至っていないのです。

有料の音声ガイドを提供するの良いとは思いますが、特定の作品の前に人が溜まるなどの問題があります。作品は順番に見るのものではないのですから、例えば、会場外に映像スペースを設けて展覧会の概要などを提供するべきです。同じ国立の東京国立博物館では、ちゃんと出来ているのですから…

美術館側の問題点が気になってしまいますが、お気に入りの作品を紹介したいと思います。実はロココの作品が好きではないのですが、ちょっと可愛い作品があったので、フランソワ・ブーシェ(1703-1770)の『クピド(絵画の寓意)』をお気に入りとます。

エルミタージュ
フランソワ・ブーシェ「クピド(絵画の寓意)、1750」

この『クピド(絵画の寓意)』と対になる『クピド(詩の寓意)』と一緒に展示されているのですが、やはり絵を描いているクビドたちの方に思いが傾きます。ブーシェは、ポンパドゥール夫人などフランスの上流階級の援助を受けながらロココ絵画の中心的な人物となっていきます。

彼から見た芸術を享受されるものの象徴として、これらクピドは描かれたのかもしれません。もちろん、芸術を享受されるものは貴族となのですが、年月が過ぎれば意味も変わり、そして、芸術を享受される対象も変わっていきます。

※国立新美術館(2012年4月25日~2012年7月16日)

真珠の耳飾りの少女 ~ マウリッツハイム美術館展2012年07月12日 23時57分40秒

約2年間の改装工事が完了して、東京都美術館が戻って来ました。すでに公募展の開催は行っていますが、企画展は「マウリッツハイム美術館展」が本格的な再開となります。バリアフリー化にともなって、エスカレータが設置されています。

マウリッツハイム美術館展

そして、おそらく本年最大の入場者数を記録する期待のある「マウリッツハイム美術館展」では、フェルメール(1632-1675)の作品の中でも最も人気がある『真珠の耳飾りの少女』を召喚…六本木の新美術館への反撃が開始されました。

『真珠の耳飾りの少女』は、主催の朝日新聞をはじめマスコミでも大きく取り上げられています。その効果は、かなりのもので平日にも関わらず、入場制限がかかり約60分も列に並ぶことになりました。しかも、『真珠の耳飾りの少女』を見る直前にも列を作っていたりして…

展覧会は、作品数こそ少ないもののフェルメール以外にも豪華な作品が来ています。レンブラント(1606-1669)は、自画像など黒が引き立つ傑作が数点あり、笑顔の画家と言われるフランス・ハルス(1581-1666)の『笑う少年』はとってもすてきです。

しかし、今回の主役は『真珠の耳飾りの少女』であることを譲ることはできません。作品に描かれている少女が誰なのか、映画にもなったりしましたが謎のままです。以前、テレビ東京の「美の巨人たち」では、グイド・レーニ(1575-1642)の『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』のオマージュであるとの推理もありました。

マウリッツハイム美術館展
ヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾りの少女、1665」

たくさんの話題を提供してくる彼女ですが、やはり直接会ってみるとその魅力は想像以上のものがあるようです。スポットライトで浮かび上がるような展示をしているためか、周りにたくさんの人がいても自分ひとりだけを見つめてくれているように感じます。

細かい表情を観察するには、オペラグラスなどを用意すると良いと思いますが、その雰囲気に包まれるだけで、長い列にならんでも会いに来て良かったと思わせてくれます。フェルメールマジックの最高傑作と言っても良いかもしれません。

それから、グッズ売り場も盛況で定番のポストカードをはじめ、オランダと言うことでディック・ブルーナ(1927- )の『ミッフィーちゃん』とコラボした人形が良く売れていました。青いターバンのミッフィーちゃんはかなり可愛いです。

また、休憩室にあたるところに女優の武井咲さんが広告用のポスター撮影に使った衣装が展示さていて、『真珠の耳飾りの少女』のモデルへの想いを形しているように思いました。そうです…たくさんの人がフェルメールとそのモデルに想いを寄せているのです。

マウリッツハイム美術館展

※東京都美術館(2012年6月30日~2012年9月17日)

特別なものじゃなく ~ BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展2012年07月14日 20時37分35秒

貪欲な人だと思います。ビートたけしとしてお笑いと言うジャンルのひとつの頂点に立ち、北野武として映画監督で世界に才能を見せつけました。そして、今回はBEAT TAKESHI KITANO(1947-)として、絵画やインスタレーションに挑戦する…天才というよりは超人に近いのかもしれません。

絵描き小僧展

展覧会の内容は、すでにフランスで行われた展覧会の巡回となりますが、フランスでの展示のビデオなどと比較すると会場のオペラシティーに合わせた変化も気になるところです。おおざっぱな言い方とすると前半は絵画を中心に、後半は独特のインスタレーションという配置になっています。

絵描き小僧展

絵画は、とても柔らかく色彩も豊かです。独特の毒も取り入れらているのですが、彼が自ら語るように「アートって特別なものじゃなく、型にはまらず、気取らず、みんながすっと入っていきやすい、気軽なものであるべき」内容を反映していることが判ります。

インスタレーションは、お笑いで見せるギャグを作品に取り入れることで、ある作品はシュールで、ある作品はバカバカしいという印象を観るもの与えてくれます。ただ、彼の映画で取り上げている『凶暴』や『暴力』というものは、あえて排除しているようです。

作品を観ていく中で、彼のアートに対する挑戦は、まだまだ続くような気がしてきました。今回は、特別なものじゃなくと言っていますが、特別だったらどうなのか…もしかしたら、科学とか、宇宙とか、そうしたことにも挑戦してくれそうな気がしています。

※東京オペラシティアートギャラリー(2012年4月13日~2012年9月2日)

吉原治良 ~ 「具体」-ニッポンの前衛 18年の軌跡2012年07月22日 10時12分01秒

『具体』とは、戦後の前衛美術運動というよりも吉原治良(よしむらじろう)(1905-1972)の理想そのものではないかと感じています。関西が活動の中心であったため、関東での知名度はそれほどでもないようです。だからかもしれません、東京で出会った彼らの展覧会は、とても新鮮に目に映るのです。

具体

吉原治良は大阪の吉原製油の御曹司であり、関西学院高等商業学部卒業後にフランスに留学するなど、かなり恵まれた環境にあったようです。吉原製油の跡継ぎ社長なるですが、創作活動も続けていて抽象主義のひとつアンフォルメル運動に参加するようになります。

それが発展することで前衛絵画運動である「具体美術協会」の誕生につながったようです。初期のメンバーとしては、白髪一雄(1924-2008)、田中敦子(1932-2005)、元永定正(1922-2011)など関西を代表する人たちが集まっています。

具体

具体

前衛芸術はやはり一般の人たちは理解が難しいのですが、常に新しい試みやメンバーを加え、大阪・中之島の「グタイピナコテカ」を構えて活動を続けます。しかし、1970年の大阪・万博のでのパフォーマンスでひとつの区切りを迎えるのです。

それは、吉村の作品の変化にも表れいたように思います。前衛の激しい画風がある意味シンプルな造形に変わるのです。『黒地に赤い円』は有名な作品ですが、『具体』の活動からどうして、このような作品が生まれてきたのかなかなか理解することはできません。

具体
吉原治良「黒地に赤い円、1965」

結局、万博が終わり、そして、吉村の死によって『具体』の活動も封印されたのです。いま、彼らの軌跡たどっていくと、自由と理想を感じますが、この先どこに進んで行きたかったのかと思うと、ちょっと考えてしまいました。

※国立新美術館(2012年7月4日~2012年9月10日)

別れ ~ 奈良美智 君や 僕に ちょっと似ている2012年07月28日 00時12分11秒

奈良美智さん(1959-)の作品にはじめて出会ったのは、2005年の横浜トリエンナーレでした。夜からはとても冷えて、すてきな作品ではあったものの寒さで印象が薄かった思い出があります。良く行く原美術館には、彼の隠し部屋があって、企画展の合間におもしろいアクセントを与えています。

奈良美智

個展としては久しぶりとのことですが、最近、人気若手アーティストの企画展を連発している横浜美術館は、とても気合いを入れている様子でした。初日だったからかもしれませんが、いつもの正面入り口には、告知の垂れ幕はありませんでした。

しかし、エントランスに入ると白い巨大な作品が待ち構えています。これには、ちょっとビックリです。まだ、行ったことはないのですが、青森県立美術館の『あおもり犬』と同じ手法で造られた作品のように思います。

展覧会は、人と同じサイズの彫刻、彼の作品のある部屋、さまざまな素材に描かれた絵画にわけることができます。立体的な奈良ワールドを体感できる彫刻作品には、作成過程で使用したドローイングや石膏などもあり、出来上がるまでの様子を想像しながら鑑賞することができます。

奈良美智

彼の作品のある部屋では、彼のファンであれば揃えてみたい小物などがあり、多くの人たちも羨ましげに触れ合っているようでした。そして、後半の絵画は、人気のキャラクターたちが、これでもかと言う勢いで描かれています。これには、自然に笑顔がこぼれてしまいます。

彼の出身は青森ですが、愛知県立芸術大学で櫃田伸也(ひつだのぶや)(1941-)と出会うことで、自身のスタイルを成熟させていったようです。村上隆(1962-)などともに日本の現代美術の第二世代とも呼ばれていますが、何とも言えない癒やしの空間を与えくれます。

展覧会のタイトルにある「君や 僕に ちょっと似ている」は、自身の作品が自分のものでなくなってしまったこと意識しているが、それでも自分の分身であるとの心の葛藤であるように語っています。そして、作品たちも個々の自我を持っていると続けています。

自身の作品を世の中に送り出したとき、きっと誰しもが思うことなのかもしれません。アマチュアとは違いプロフェッショナルであることが、よりそのことを強く感じているのだと思います。画家にとって作品の完成が、その作品との別れになるのですから…

※横浜美術館(2012年7月14日~2012年9月23日)