Asagi's Art News





キトラ古墳壁画展2014年05月17日 15時16分20秒

ここにたどり着くまでまで130分の列でした。
<<後日更新予定>>
キトラ古墳

※東京国立博物館(2014年4月22日~2014年5月18日)

完全美 ~ 大英博物館 古代ギリシャ展 THE BODY 究極の身体、完全なる美2011年07月19日 20時10分21秒

古代ギリシャと言っても約3000年間の長い歴史があります。しかし、ギリシャの美術としてなじみがあるものは、比較的新しいアルカイック時代(前600‒前480年)、クラシック時代(前480‒前323年)、ヘレニズム時代(前323‒前31年)、ローマ時代(前31年以降)に作られた彫刻や陶器などになると思います。

古代ギリシャ展

今回の展覧会は、本当に古い時代のものからオリンピックなどの文化的に開花した時代までを網羅する貴重なものとなっています。約5000年もの時の流れに耐えた素朴な女性像から完全美の円盤投げ(ディスコポロス)まで、これぞギリシャ文明と期待が高まります。

ギリシャ美術の変遷を確認することも楽しいのですが、今回はどうしても円盤投げ(ディスコポロス)が気になってしまいます。人としての最も美しいフォルムと近代オリンピックに受け継がれる筋肉の躍動感は、魅力がありすぎると言って良いと思います。

新聞などの記事によると作られたのはローマ時代の紀元前5世紀半頃、ギリシャの彫刻家ミュロンによるものと伝えられています。そして、この円盤投げ(ディスコポロス)には、オリジナルがあったことからローマンコピーと呼ばれているようです。つまりローマ時代の複製品であるのですが、すでに2000年もの月日が過ぎていることからオリジナルと同様に貴重な作品なのです。

古代ギリシャ展
ミュロン「円盤投げ(ディスコポロス)、紀元前5世紀半頃」

研究者によると円盤投げ(ディスコポロス)のポーズは、実際の競技には適さないと指摘があるそうです。実際の競技から写したポーズではないとすると、作者が意図的に美を追究したものであると考えるのが自然です。筋肉が躍動する最も美しい形を探り、円盤を持ち弓のようにしなる体こそ完全美であるとの結論なのだと思います。

円盤投げ(ディスコポロス)の展示は、作品を囲むようにして360度どの位置からも見ることができるものです。例の阿修羅展の展示方法と同様の方式を採用しています。多少見上げる形になりますが、角度による微妙な変化を追うことが出来ます。見る人によりベストポジションが異なると思いますが、どこから見ても美しい作品でいろいろな意味で人間はすごいと思ってしまいます。

※国立西洋美術館(2011年7月5日~2011年9月25日)

そこから伝わってくるもの ~ 古代メキシコ・オルメカ文明展 - マヤへの道2010年11月08日 23時35分43秒

オルメカ文明よりも新しいマヤ文明の暦の解釈を引用して、人類の滅亡が来るとほのめかす人たちもいます。確かにオルメカ文明もマヤ文明も、まだまだ判らないがところがあり、不思議なところがたくさんあります。しかし、単に断片的な事柄だけを取り上げて、多くの人を惑わすようなことは良くないことです。何の証拠もないのですから…。

人類に備わった美しいと思う感覚は、たとえ時代や場所が異なっていても共通であるとときどき感じます。異なる文明でも美しいと感じた思いや大事にしていきたいことを、さまざまな形に残しています。オルメカ文明も例外ではありません。政治や宗教などの要素を含む場合もありますが、根本にある想いは同じだと思うのです。

オルメカ文明展

オルメカ文明は、紀元前1200年頃に中央アメリカに発生して紀元前後まで続き、その後の文明の母体となったことから「母なる文明」と呼ばれています。巨石人頭像などが良く知られていますが、土偶や土器、宝石を使った装飾品なども数多く発見されていています。

ジャガーを神として崇め、高度な天文学や数学を発展させています。しかし、生け贄を捧げる儀式があるように、厳しい自然環境の中で生き抜いてきた文明でもあるのです。生け贄の儀式は、野蛮な行為と思われることがあるのですが、誰もが仲間のことを想い自らを犠牲にしてでも仲間を守るという尊い行為なのです。

さて、展覧会は、「人々と自然」「神と王権」「聖なる地」「交流と拡散」の4つのテーマで紹介されていました。反時計回りに一周するような会場作りで、最初の出入り口にレプリカだったのですが、巨石人頭像(第4号記念物)を配置したことがポイントなのだと思います。また、ここだけカメラ撮影可としていて、訪れた人たちは楽しそうに記念撮影をしていました。

オルメカ文明展

各作品の年代については、まだまだ特定しきれないところがあるようで、数世紀の幅を持った判断がされていました。巨石人頭像は見るからにネグロイドなのですが、その他の土偶や石像は、モンゴロイドの特徴を持っているのが不思議でした。これらの作品を作った人たちが本当に同じだったかは、まだまだ研究を進める必要がありそうです。

土偶は、意外にも小さくスタイルはスマートです。やはり、環境が厳しく食べるものに困っていたのかもしれません。日本の縄文土器のような特異なバリエーションはないのですが、暖かみある素朴な土偶で彼らの人柄を伺えるような気がしました。また、王族の副葬品である仮面もありました。たぶん翡翠だと思うのですが、その権威の高さと品の良さを感じることが出来ます。

最後のところにマヤ文明への道として、マヤ文字のレリーフが特別に展示されていました。オルメカ文明よりも若い文明ですが、謎はたくさんあるようで、ピラミッドなどの遺跡にマヤ文字が刻まれているとのことです。とても不雑な文字なのですが、丁寧に正確に石に刻まれている文字は、読めなくてもその美しさと文明の高度さを感じることが出来ます。

オルメカ文明もマヤ文明も歴史の一部としては知っていました。しかし、本物を見る機会は、なかなかないように思います。ありきたりの感想なのかもしれませんが、本物に触れないと判らないことがたくさんあります。そして、そこから伝わってくるものがあるのです。

※古代オリエント博物館(2010年10月9日~2010年12月19日)

底知れない恐ろしさ ~ 誕生! 中国文明2010年07月21日 20時41分47秒

日本の縄文時代は、いまでもたくさんの未知の部分があります。しかし、判っているだけでも、国としての形成や文明と呼べる知識や技術はありません。当然ですが、伝承のための文字すらも持っていないのです。これは、当時の日本が辺境であったことを意味します。

同じ時代の中国では、既に夏(か:紀元前20世紀~16世紀)という国家が成立していました。発掘調査こそ最近ですが、当時の日本に比べるまでもなく、最先端の知識、技術、そして人を持っていた中国文明そのものです。

中国文明

発掘された場所は、河南省の黄河流域です。幸いなことに文化大革命の時代、この貴重な財宝は土の中に眠っていました。もし、あの時代に発掘されていたら、いったいどんなことになっていたのでしょうか…。夏についての研究は、これからのようです。しかし、新しい発見があり、貴重な財宝が次々に出土しているようです。

展覧会では、この夏の出土品からはじまり、10世紀の北宋時代までの作品を「王朝」「技」「美」の3つのテーマにして展示しています。3000年という途方もない時間を体験できるスケールの大きな展覧会といえます。

ポスターにある作品が『動物紋飾板(どうぶつもんかざりいた)』というトルコ石で出来た仮面です。比較的小振りですが、夏の出土品であり紀元前16世紀に作られたものとのことです。細かく貼り合わせた宝石がみごとで、とても身分の高い人の持ち物であったと思われます。

『金縷玉衣(きんるぎょくい)』という全身を石の板で覆った服も圧巻で、 前漢の時代(紀元前2世紀)に石が死体を腐敗から守るとのことから作られたようです。この他に青銅器、金銀器、陶磁器、壁画、彫刻などさまざまな作品がこれでもかと展示されています。

最近の北京オリンピックや上海万博などから、中国は発展途上などと考えてしまうこともあります。しかし、もともとあらゆるもののポテンシャルが大きいので、当然の結果といえばそれまでですが、底知れない恐ろしさを感じます。美についても貪欲であり、新しい価値観を創造するのが中国です。

コピー大国など不名誉な命名をされているのも事実ですが、壮大な歴史の流れを見せつけられると、やがては美の世界をも再度リードしてしまうのではと思ってしまいます。大きな期待をしつつ中国の今後を見守りたいと思います。

※東京国立博物館(2010年7月6日~2010年9月5日)

豊かな暮らし ~ ポンペイ展2010年04月22日 22時35分12秒

ポンペイの災害は古代イタリアにおける悲劇ですが、そこに残されたものはとても貴重ですばらしいものです。ローマ人の豊かな暮らしや美的感覚が時を越えて蘇ると思います。なお、今回はナポリ国立考古学博物館から壁画や彫刻をはじめ生活用品までさまざまな作品がやって来ています。

ポンペイ展

いろいろな切り口があると思いますが、人々の暮らしを彩った壁画に興味がいってしまいます。商店や飲食店を飾った壁画は、ローマの人々の生活感に触れることができます。生活が豊かであることが、色彩やデザインから伝わってきます。

また、家々に飾られた壁画は、神話や歴史が題材となり教養の高さを見て取ることができます。女神の優しい微笑みに豊かな生活を願い、雄大な神々の姿は、信仰の尊さを導いているようです。ローマ文化の奥の深さを垣間見ることができます。

国教はキリスト教ですがギリシャの神々への憧れは、迫力ある大作となり残されています。ポスターにも使用されている『アキレスとキローン』は、美少年のアキレスが半野獣のキローンに音楽の教えを受ける場面ですが、繊細であり教養にあふれ、本当に2000年もの昔に描かれた作品であるかと思うほどでした。

ポンペイの悲劇はありましたが、ローマ人の豊かさには驚愕するところがあります。そして、失われたものが語りかけることに耳を傾け、何かを感じ取ることが必要であると考えさせてくれます。豊かな暮らしとは何か、あらためて考えてみたいと思います。

※横浜美術館(2010年3月20日~2010年6月13日)

縄文浪漫 ~ 国宝 土偶展2010年01月02日 23時42分24秒

今年最初の展覧会は、国立博物館の土偶展です。博物館では「博物館で初もうで」なる企画で、正月2日から開館で頑張っています。寅年にちなんだものなので、何となくおめでたい感じもしますが、今日は特別展の方へと足を運びます。

土偶展

普段なかなか展示を行わない本館の5号室という、本館に入ってちょうど中央の階段の下にあるところで展示が行われいました。あまり大きな部屋ではないので、入口を入ると全体が見渡せてしまいす。

個々の土偶は、あまり大きいものではありませんので、ガラス展示ケースの方が目立ってる印象を受けます。しかし、展示間隔に工夫がされていており、そこそこの混雑ですが少し待てばじっくり鑑賞できます。

何と言っても土偶とて国宝指定されている3点が同時に公開されています。長野で見つかった「縄文のビーナス」、青森で見つかった「合掌土偶」、北海道で見つかった「中空土偶」と、いずれも4000年もの歳月が過ぎた縄文時代の作品です。もちろん、宇宙人とも言われた「遮光器土偶」の展示もあります。

縄文のビーナス
「縄文のビーナス、、縄文時代中期(前3000~前2000)」

特に気に入ったのは、「縄文のビーナス」です。女性としての安定感と魅力が伝わってきます。素朴さを感じることも出来ますが、ある意味計算された美を凝縮させているように思います。お腹が大きいことから妊娠しているようにも思え、女性の神秘性をも含んでいるようです。

縄文時代に文字がなかったことで、土偶がなぜ作られたかは伝承されていません。しかし、いろいろと想像をかき立てられます。土偶は、すべてが女性であることから、女性を中心とした母系社会だったのではとか・・・まさに浪漫と言えます。年のはじめ、古代からの美を継承できるとても魅力的な展覧会でした。

※東京国立博物館(2009年12月15日~2010年2月21日)

巨石来日 ~ 海のエジプト展2009年08月31日 00時51分09秒

横浜開港博の評判がいまひとつで人気がないようです。そして、この開港博に合わせて「海のエジプト展」もスタートしました。巨大な石像を持ち込んでの大イベントでもあり、この点は開港博と目的が違っているので入場者数では有利かもしれないと思ってしまいます。

海のエジプト展

場所は、見本市会場となるパシフィコ横浜です。最寄り駅は、みなとみらい駅なのですが、すっかり海のエジプト展一色で気合いが入っていました。ちょうど夏休みで、たくさんの子どもたちの姿もありました。

さすがに大きな会場で、いつもの展覧会とは雰囲気が違います。広告でも言っていたようにカノープス、ヘラクレイオン、アレキサンドリアの時代ごとにブースが分かれいました。そして、最後には何やらバーチャル映像なるものが・・・

エジプト王朝の後期の作品なのですが、意外にきれいで原形をとどめているのが驚きでした。海に埋もれていたとはいえ、それなりの年月が過ぎているので期待はしていなかったのですが、なかなかどうしてです。

ポスターで目にした首のない王妃の像などは、身にまとった衣装が透けて、そのボディーラインはとても美しいもです。卓越して技術と美的センスの融合は、とても2000年もの歳月が過ぎているとは思えません。

そして、5mを越えるファラオの像は大迫力で、わざわざ遠い横浜まで着てくれたんだと嬉しくなりました。ここまで大きいと美術館では見ることができないと思います。チケットは高いですが、それなりのものを見ることができて良かったと思います。

さて、最後のバーチャル映像なのですが、アレキサンドリアの街のコンピュータグラフィックでした。巨大スクリーンに映し出しているのですが・・・やれやれと言った感じです。開港博というお祭りも兼ねているのでしかたがないのでしょうか?

※海のエジプト展