Asagi's Art News





ラストメッセージ ~ 東京ゴッドファーザーズ2010年08月29日 00時36分23秒

先週、アニメーション監督の今敏(1963-)訃報が飛び込んできて驚きました。膵臓(すいぞう)ガンとのことでした。劇場作品は4本ととても少ないのですが、社会のあり方に問いかけるインパクトと人の魅力を表現する期待の監督でした。

アイドルとそのストーカーをテーマにした『パーフェクトブルー』がデビュー作です。そして、老女優の人生を回想する『千年女優』、あさぎがいちばん好きな作品でホームレスがクリスマスの日の奇跡を綴る『東京ゴッドファーザーズ』、最後は筒井康隆原作の『パプリカ』と、これしかありません。

東京ゴッドファーザーズ
今敏「東京ゴッドファーザーズ、2003」

特に印象深いのは『東京ゴッドファーザーズ』であり、新宿の訳ありホームレス3人(元競輪選手のギンちゃん、元ドラァグ・クイーンのハナちゃん、家出少女のミユキ)が、クリスマスの日に捨て子(清子)を見つけることからはじまるストーリーです。そして、彼ら3人は成り行きから捨て子の両親を捜すことになり、東京の底辺でうごめく人々のさまを活き活きと描いています。

もちろん、彼ら3人だけでなく登場する多くの人たちが、さまざまな問題を抱えています。随所に毒もたくさんあります。しかし、そんなことを吹っ飛ばすかのように、明るく前向きになっていくホームレスたち。奇跡もたくさん起こり、クリスマスの贈り物としてさわやか気分に指せてくれる良い作品です。

いまは、このような作品を残してくれた今敏監督に感謝したいと思うのと、次の作品を見たかったという落胆の気持ちが入り交じっています。彼とは同世代ということもあり、社会や人に対する感覚が近いような気がしていていました。

そして、彼は闘病中にも関わらず冷静に自分を見つめ、残される人たちにメッセージを残していることもすごいと思いました。彼のラストメッセージをリンクしておきますので、良かったら読んでみて下さい。

※今敏オフィシャル・サイト-KON'S TONE

にゃにゃ! ~ こまねこ2007年02月14日 00時27分10秒

先日、テレビ(NHK:トップランナー)でアニメーション映画の合田経郎監督の特集がありました。再放送かもしれませんが、人形アニメーションの作成方法や製作のきっかけなどとても興味深かったです。しかも、彼は、NHKのキャラクターである『ドーモくん』の生みの親でもあり、かなり踏み込んでの番組作りが良かったです。

なんとなく映画を情報を検索していたら、彼の『こまねこ』という作品がまだ上映中とのことで、さっそく出かけてきました。公開から1ヶ月以上を過ぎていたので、シネコンでは朝一で一回きりの上映だったので、頑張って早起きしました。朝一上映にも関わらず、また、小さな劇場ではあったのですが、ほぼ満員の盛況状態でした。

こまねこ
合田経郎「こま撮りえいが こまねこ、2006」

映画は、短編のアニメーションを5話まとめる形で構成されていました。最初からほのぼのとした感じが漂い、テレビで紹介されたようにかなり細かい動きには驚きました。主人公のこまちゃんは、コマ撮りアニメーションを作成するため人形を作り、スタジオを作り地道に1コマ1コマ撮影をしていきます。

その姿は、合田監督自身のことを描いているかのようでとてもおもしろいです。物語は、そのこまちゃんとさまざまなお友達との出会いを描いて行きます。すべてネコ語で”にゃにゃ!”と言った感じで、会話まで想像させるところがいいです。

だから、この作品は、何も付け加えず海外に持って行っても理解されると思います。表現方法も、作品に込められたメッセージも説明なしで判る・・とてもすごいことです。作品の作成には、多くの時間がかかりますが、アニメーションのいろいろな可能性を詰め込むことができると思います。

※こまねこ

クロとシロ ~ 鉄コン筋クリート2007年01月18日 00時30分01秒

どことなく懐かしい感じのする情景の世界ですが、ポップでリズミカルな感じがします。日本というよりもアメリカの日本人街のような雰囲気がします。これは、監督であるマイケル・アリアスが持っているアメリカンな感覚なのでしょうか?

鉄キン筋クリート
マイケル・アリアス「鉄コン筋クリート、2006」

再開発計画から取り残された宝町に、暴力と夢を持って暮らす2人の少年クロとシロ。彼らは、地元のヤクザやヤンキー、警察も巻き込み共存共栄の関係を築いていました。しかし、再開発を盾によそ者の新興ヤクザとトラブリます。変わり行く宝町でクロとシロは、必死に抵抗をしていく・・。

クロは、喧嘩も強く頭も良い少年です。そして、シロは、そんなクロが好きでとてもピュアな心を持った少年です。クロは、シロの世話をやき必死に守ろうとします。しかし、暴力がすべてである生活の中では、徐々にクロの気持ちは揺れていきます。敵の新興ヤクザからの攻撃を避けるため、大人のような振る舞いをしてしまうクロ。

シロのためと思い別れを選びますが、それはクロを狂わすことになっていくのです。シロは祈り、暴力だけでは解決できないことをクロに呼びかけます。想いが通じたとき、互いの欠けているものを知り補い合うことの大切さに気付くのです。

現実社会では、クロのように暴力で解決を見つけようとする人が増えてきています。シロの心を必要としながらシロの存在に気がつくことができないでいます。純粋な優しい心に出会うことは、現実社会では難しくなってきているのでしょうか・・。

※鉄コン筋クリート

もうすぐクリスマス ~ パプリカ2006年12月22日 23時50分30秒

映画の街になってきた川崎に行ってきました。クリスマスが近いわけでもないのでしょうが、あさぎの好きなアニメを何本かやっています。今夜は、今敏監督の「パプリカ」です。マニアには、それなりに人気があり独特の雰囲気も定番になってきました。

「パプリカ」の原作は、筒井康隆です。夏に見たアニメの「時をかける少女」と同じです。彼の作品は、最近よくアニメの原作になりますがどうしてでしょうか? ブームなのでしょうか?

他人の夢を共有する装置を開発したことで起こる、夢とも現実とも区別のつかない騒動の話です。微妙な精神世界は、今監督の得意なところですが、原作がある分かミステリーのポイントがいまいちのような気がしました。

やっぱりですが、少しマニアックな内容と思いました。もうすぐクリスマスだからなのかは判りませんが、ちょっぴりラブラブなところもあっておもしろかったです。初夏のような季節感を除けばですが・・。

おもしろいものを拾ったので、貼り付けてみます。小さいですが予告を見ることができます。

愛欲と性欲 ~ クリムト2006年12月18日 23時23分29秒

公開初日に見に行っていたのですが、期待通りの作品でなかったこともあり、ブログ記事は書きかけのままでした。伝記ものではないので、美術史の知識を増やすこともできません。かといって、クリムトの世界観を得られることもできず、中途半端な感じがしました。

ジョン・マルコビッチの演技は、すばらしいと思います。独特の気だるい感じがすてきです。彼の存在自体が、エロティックで良いです。ラウル・ルイス監督が彼をクリムト役にしたのは、正解だと思います。しかしながら、作品のテーマは、見えにくくなってしまっています。

少なくとも、クリムトの好色さの表現がきれい過ぎます。愛欲と性欲は、とても生々しいものです。それは、クリムトの絵画からも伝わってきます。「接吻」が持つぎりぎりの愛、「ダナエ」の持つ官能さ、そういうものを期待したのですが・・。

ダナエ
グスタフ・クリムト「ダナエ、1908」

アラーキーこと荒木経惟は、自らの作品に対して「わいせつか?」とたずねられたとき、迷いなく「わいせつです」と答えるそうです。けして、開き直っているわけでなく、彼の信念が見え隠れしてとても魅力的だと思います。

倫理観は、国や地域、個人でもさまざまです。しかし、愛欲と性欲は、人間の根本をなす大切な欲望のひとつで、ちゃんと見つめる必要があります。

クリムトの絵画は、当時のパリでは「わいせつ」と評価されています。だから、それに対してどう戦いを挑んでいったか気になるところです。クリムトの信念をどう映像にするのかで、作品は変わると思います。幻想でなく生身のクリムトを描いてほしかったと思います。

※クリムト

タイムリープ ~ 時をかける少女2006年09月17日 22時43分26秒

この夏、単館ロードショーで大人気だったので、ぜひ見たいと思いつつも行くことが出来ませんでした。ロングラン上映となったいまもたくさんの人が劇場にやって来るのは、それだけ魅力がある作品なのでしょう。

十数年前に原田知代主演の実写の作品を見ていますが、こんどはアニメーションです。しかも、キャラクターデザインを担当するのがデビューの頃から好きだった貞本義行(あのエバンゲリオンのキャラクターデザイナー)で広告のポスターも良くて公開前に写真に納めていました。

時をかける少女

お話は、主人公の真琴が突然タイムリープ(過去に戻れる能力)できるようになり日常に起こる出来事に便利に使って行きます。仲良し3人組みの千昭と功介に起きる未来を少しだけ変えていく。そして、運命の日が近付いて来る。軽いラブコメのような展開は、懐かしような、変わりない人のいとなみのような感じを受けます。

真琴がタイムリープをするときに幅跳びをするように駆出し飛ぶ時に描かれる青空が印象的です。初夏の香りが心をワクワクさせるようです。それから、物語の鍵をにぎる絵が出て来るのですが、この絵は真琴の伯母である和子が、博物館で修復をしている作者もわからない一枚でした。

穏やかな表情をした女性が描かれ、何もかもが平静に見えるが、その絵が描かれた時は戦乱の時代と語られます。絵には、たしかに時をこえて語りかけるタイムマシンのような力があります。ただ、それを感じることが出来るかは、その人の持っている感性です。人を愛すること、穏やかな日常を願う想いは時をかけるのでしょう。

※時をかける少女

共に生きること ~ 手ぶくろを買いに2006年05月20日 12時20分46秒

たまたま入ったお店で、新美南吉の童話の『手ぶくろを買いに』のDVDを見つけました。黒井健の絵本をベースに作っているとパッケージに書いてありました。そして、彼自身もアートディレクターとして企画に参加しています。

手ぶくろを買いに
黒井健「手ぶくろを買いに、1989」

新美南吉の童話は、子供の頃から好きで何回も読んでもらったり、自分で読んだりしていました。宮澤賢治とならぶ童話作家で確か国語の教科書なんかにも載っていたような気がします。

季節は、もう初夏ですがパッケージの親子のキツネがとても気に入ってどうしようかと思ったあげく買ってしまいました。黒井の作品は、パステルで描かれた優しい絵で以前から好きでした。あさぎは、ときどき彼のカレンダーなどを買ったりします。

このDVDの元になっている絵本は持っていませんが、本屋さんで眺めたことが何回もあり、どんな感じに仕上がっているのか気になりました。それで、さっそく鑑賞をしてみました。絵本とは感じが違うのですが、紙芝居的なアニメーションという感じでほのぼのできます。

音楽も控えめで作品を邪魔していません。そして、語りは渡辺美佐子で母親が子供に絵本を読んでやるような口調で、とてもノスタルジックな感じです。そういえば、あさぎは本を読んでもらうのが好きでした・・。

いまさらドキドキはしませんが、子狐が帽子屋さんに手を見せる場面は「うんうん」とうなずいて見ることができました。人間と動物のかかわりがどうあるべきかを考えさせられるような場面です。

動物たちのテリトリーと人間の暮らしの接点は、今日も大きな社会的な課題です。それを解決するヒントがこの作品に隠れているのかもしれません。テレビや新聞で伝わる悲しい現実を知恵を使って解決して行くのが人間のできることなのでしょう。

モノクロなフランス ~ アンジェラ2006年05月13日 22時08分31秒

雨の午後は肌寒かった・・。いまさらですが郊外の映画館も充実していると思いました。海老名といったらひとむかし前は、なにもない田園風景が広がる場所だったはずなのに・・。ワーナー・マイカルとTOHOシネマズで16ものスクリーンがあるのには驚きです。

時間によって上映する映画も違うのは知っていましたが、たまたま訪れるという場合、何が見れるか判らないのでおもしろいかなと思ってしまいます。それで何が見ることができたかというとリュック・ベッソンの『アンジェラ』という作品でした。

アンジェラ
リュック・ベッソン「アンジェラ、2005」

リュック・ベッソンの作品は、偶然にも今年なって『レオン』をDVDで見直していました。だからか彼の作品には、あり得ない想定で切ない愛を描いていくそんなイメージがありした。『レオン』からは11年、前作からも6年振りの作品だそうです。

『アンジェラ』は、全編モノクロの作品でした。この時代にあえてモノクロ・・最初から何かを問いかけるような雰囲気が伝わってきます。しかも、フランス語で語られる言葉とパリという街が良い感じを漂わしていました。

パンフレットの表紙をめくると彼のメッセージとして、「エンディングの秘密を話さないで下さい」と書いてありました。だから、映画の内容も触りだけにします。「人生を諦めかけた男が、ある不思議な美女に出会ったことで、愛と人生について再認識していく物語」、これはYahoo!の解説にあったものです。でも、これだけで良いような気がします。

さえない男を演じるジャメル・ドゥブーズは、物語が進むにしたがいカッコよくなってくるが不思議でした。愛を知って自信を取り戻すとでもいいのでしょうか? そして、リー・ラスムッセンが最初からカッコいいです。身長180cm、ブロンドでヘビースモーカーな夜の天使です。でも、とってもキュートで可愛い女の子です。

やっぱりモノクロっていいですね。色彩がないからその色彩を想像しながら見ることになるので、カラーの作品よりも色鮮やかだったりします。夜のパリの街が描かれる場面があるのですが、とても雰囲気があり古くて新しいヨーロッパの都が輝いて見えます。やっぱり、あさぎはフランス映画が好きなんだなと思いました。

新しいアニメーションの形 ~ 或る旅人の日記2006年05月10日 00時46分33秒

Webアニメーションといわれるものがあります。Flash技術を使ってアニメーションを作るらしいのですが、作り方などは詳しく判りません。この作品はDVDにもなっていて、不思議な世界を旅する男の物語です。

偶然に見つけたWebアニメーションです。しかも、無料で視聴できるところが素晴らしいです。異次元を意識しているのかと思うような世界が展開して音楽も良いです。数分間の短い作品で、現在6本が公開さています。

或る旅人の日記
加藤久仁生「或る旅人の日記、2004」

主人公は旅人で、訪れる場所では不思議な光景が展開します。心の扉を軽く叩くようなソフトで優しい雰囲気があります。まずは、リンクをたどって見てもらったほうがいいかもしれません。ヒーリングを意識して作られているようです。

インターネットを作品の発表の場にする試みは、新しいアニメーション世界を作っていくことでしょう。Webアニメーションをどんなカテゴリーにしたら良いのか難しいのですが、あさぎのブログでは、とりあえず映画かなと思いました。

異論があるかと思われますが、映画というカテゴリーもインターネットの出現によって変わってきていることだし・・特にこだわるところはありません。このようなWebアニメーションが増えてきたらきっとおもしろいことでしょうね。これからが楽しみです。

※shockwave.com:或る旅人の日記

ほっとする時間 ~ ミトン2006年05月09日 00時34分32秒

長い休みの間に新しいDVDを物色してきました。ここ何度か短編のアニメーションを取り上げましたが、この世界は奥が深いです。すっかり若葉の季節ですが、このお話は真冬が舞台です。誰からも愛される可愛い人形アニメーションを見つけました。

ミトン
ロマン・カチャーノフ「ミトン、1967」

旧ソビエト連邦で作られた古い作品ですが、とてもよく出来ています。なぜか判りませんが、このような作品は旧共産圏の国々に多く見られ芸術性も高いと思います。本当に不思議です。

物語は、子犬を欲しがっている女の子ミトンの夢が叶うまでの夢のようなできごとのお話です。子犬を飼うことを許してもらえないミトンは、しょんぼりして外に出かけます。楽しいそうに犬と遊ぶ人たちを羨ましげに見ていると、ミトンの片方の手袋がなんと子犬に変わります。子犬を手にしたミトンは、嬉しくなり楽しい時を過ごすのでした。

10分程度の短い作品ですが、ミトンの優しさや憧れが温かく伝わってきます。最近では、このようなアニメーションを作る国々にも、日本のアニメが入り込んでいると耳にします。けして日本のアニメがいけないと言っているわけではないのですが、その国の持つ良いものを育ていって欲しいと願っています。

みんなが同じようなものを求めて個性がなくなる・・、とりわけその国の子供たちへの影響が大きいと思います。違う感じかたや表現のしかたがあっていいと思います。それで子供たちが優しく、思いやりのある大人になれれば良い。こうした作品が作り続けられれるように願っています。