Asagi's Art News





クラーナハ展 500年後の誘惑2017年01月07日 00時45分51秒

国立西洋美術館

ルカス・クラーナハ(1472-1553):
北方ルネッサンス期において、アルブレヒト・デューラー(1471-1528)とともにドイツ・ルネッサンスの中核画家として活躍した人物です。宗教絵画や肖像画を得意として、神話に登場する女性たちを題材にヌード絵画を描いています。

宗教改革者のマルティン・ルター(1483-1546)と親交があるにもかかわらず、カトリック教会からの依頼も請け負うのなど独自の価値観を備えていたと思われます。

宮廷画家として名声を手に入れ後は、息子たちとともに工房を構え数多くの注文をさばく実業家であり、盟主として政治にもかかわるなど多彩な顔を持った実力者といえます。

作品は北方ルネサンスの特徴である緻密で細密な描きこみに加え、描かれた女性の神秘的かつ妖艶な表情にあると言えます。また、あえて背景を描かないなど鑑賞者に対して仕掛ける作品もあります。

日曜美術館・クラーナハ特集に出演したドイツ文学者の中野京子さんは、クラーナハの描く女性について、上半身は少女のような未熟さがあり、下半身は成熟した女性のようであると解説したうえで「変態的」世界感であるとコメントしていました。

注目作品:ホロフェルネスの首を持つユディト
国立西洋美術館
[ルカス・クラーナハ 1530頃]

ウィーン美術史美術館における修復が完了しての来日となります。当時の色彩がよみがえり、その瞳の奥のあやしくさや美しさに引き込めれます。

※国立西洋美術館(2016年10月15日~2017年1月15日)

大地の芸術祭の里 越後妻有2016夏2016年09月03日 22時37分04秒

現美新幹線に出会った後、越後湯沢から北越急行ほくほく線に乗り換えて、まつだいの寄り道しました。まつだいには、大地の芸術祭の里の中のひとつである「農舞台」があります。なかなか実現できなかった越後妻有への第一歩となりました。

農舞台

農舞台

農舞台

本来なら「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の時期に合わせて訪れたかったのですが、遠く離れた新潟に加え会場や作品が広い地域に点在することなど、そのハードルは意外にも高いのです。

農舞台

農舞台

農舞台

まつだいの「農舞台」には、比較的に常設の作品が集中しているため、越後妻有初心者には雰囲気を感じるためにちょうど良いと考えました。もちろん、十日町の「キナーレ」や「絵本と木の実の美術館」、松之山の「キョロロ」にも行ってみたかったのですが、短い時間でもたくさんの作品に出会えて楽しかったです。

農舞台

農舞台

農舞台

農舞台

農舞台

農舞台

農舞台

農舞台

農舞台

※大地の芸術祭の里 越後妻有2016夏(2016年8月6日~2016年8月21日)

現美新幹線2016年08月21日 19時25分03秒

走る美術館として、上越新幹線の新潟~越後湯沢間を運行しています。濃いネイビーの車体には、写真家の蜷川実花さんの花火をイメージした作品がほどこされています。また、各車両の内装も現代美術を代表するアーティストが担当して、約1時間の旅の演出を盛り上げてくれます。

現美新幹線

現美新幹線

現美新幹線

運行は土日が基本となっていて、JR東日本(びゅう)をはじめとする旅行会社から販売されています。あさぎは新潟まで通常の新幹線で行って、新潟から越後湯沢に向かう現美新幹線に乗車する企画を利用しました。

現美新幹線

現美新幹線

現美新幹線

現美新幹線

現美新幹線

先頭車両以外は自由席となっているため、乗車してお気に入りの座席を確保してから車内を探検するような形になりました。あさぎは、ビデオインスタレーションのブライアン・アルフレッドさんの車両をベースにました。車窓の風景と作品がマッチして、とても楽しくあっという間の出来事のようでした。

現美新幹線

現美新幹線

※現美新幹線(2016年4月29日~)

SHUNGA 春画展2015年09月28日 00時44分51秒

大英博物館の春画展は、世界のみならず日本にも多大な影響を与えました。いつものことですが、海外が認めたことでようやく思い腰を上げるのが日本人なのでしょう。以前、春画といえば、芸術としては認知されず猥褻として扱われました。したがって、書籍などでは、局部が見えると修正となりました。

春画展

そのような春画の展覧会を日本でも開催することになりましたが、企画、作品収集、会場、年齢制限などさまざまな課題をクリアしなければならなかったものと想像します。関係者の苦労に敬意を示し、価値観の転換期に居合わせた喜びに感謝したいです。

さて、展示内容ですが最古の春画とされる13世紀の絵巻をはじめ、浮世絵の全盛期の絵師である春信、師宣、北斎、歌麿、国貞、豊国などが勢揃いです。豪華な作家を要する春画ですが、やはり当時も陰に隠れ密かに限られたものにしか見ることが許されなかったと思います。そのため、作品は色あせず当時の鮮やかさには驚かされます。

春画展

その性表現には、男性と女性では受けとめ方が異なると思います。男女の性の違いというよりは、脳の違いなのでしょう。例えは、女性の脳は言語やコミュニケーションに長けており、男性の脳は空間認識などに長けています。

春画以前の性表現と言えば文学であり、もっとも古いのは紫式部の源氏物語でしょう。紫式部は、女性であることから言葉を巧みに操り、特に女性に対して大胆な想像を抱かせます。このようなプロセスは、男性の脳は得意としましせん。

しかたなく男性の脳は、源氏物語から数100年の時間をかけ性表現を絵画として発展させることで、女性の脳に追いつくために努力してきのかもしれません。それはともかくとして、めったにない機会ですから、最高の春画を見逃さないようにしたいものです。

※永青文庫(2015年9月19日~2015年12月23日)