Asagi's Art News





岩合光昭写真展 ~ねこ~2013年08月11日 23時40分59秒

動物写真家としては、誰もが知るところとなった岩合光昭(1950-)さんですが、その作品のでも人気シリーズと言えば、ねこたちの写真ではないでしょうか。人間の世界に入り込み、人間を手玉にとりながら生活をしているねこたちは、愛らしい以上にほっとおけない存在です。

ねこ

岩合さんは、ねこの写真を撮るためにねこと一緒に暮らすこと決意したそうです。彼は、一緒に暮らした「海」というねこから、いろいろなことを教えてもらったそうです。それが、彼が撮る動物写真に活きているのでしょう。

はじめは単純に可愛いと思うかもしれませんが、本来の野生を発見したり、人間との関係が見えてくると、より楽しく思えてきます。そして、厳しい現実をしたたかに生き抜いている姿が浮かび上がってとき、何か勇気をもらったような気になるのです。

※ShibuyaHikarie(2013年8月1日~2013年8月25日)

宇宙から見たオーロラ展 20132013年01月29日 22時39分42秒

まだ、特別な人にしか見ることが許されていない、美しい光景があります。それは、宇宙から見る地球の姿です。しかし、たくさんの人たちは、その美しい光景を知っています。なぜならば、憧れの宇宙飛行士たちが、感動して捉えた写真や映像を持って帰ってきてくれるからです。

オーロラ

本展覧会では、宇宙からの光景でも特にオーロラに注目しています。さ作品となった写真や映像は、日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙飛行士である星出彰彦さん(1968-)と古川聡さん(1964-)が、ISS(国際宇宙ステーション)から撮影したものです。もちろん、彼らは芸術家ではありませんが、同じ日本人としての美意識を共有していることがポイントです。

暗黒の宇宙空間にリングのように輝くオーロラは、テレビなどで紹介されていたので、知識としてありました。なので、ある程度の想像ができたので、期待という点では大きいものではなかったと思います。しかし、作品としてプリントした写真やプロジェクタを使った映像は、なかなか吸い込まれる感じがして、想像以上にすばらしいものでした。

オーロラ

地上が見える場面では、ここで暮らしているのに・・・気がつかないことがたくさんあるのだと思ったりもしました。地上のあるものだけが、美しいもののすべてはないと、実感する良い機会になったと思います。そして、まだ宇宙飛行士すら見たことない宇宙には、どんな美しい光景が広がっているのか、夢はさらに大きく広がっていきます。

※コニカミノルタプラザ(2013年1月7日~2013年1月31日)

メッセージ ~ 篠山紀信展 写真力2012年11月03日 22時20分22秒

篠山紀信(1940ー)さんのはじめての展覧会とのことで、事前のインビューなどからは、新しい試みを楽しむような印象を受けました。商業写真の世界で活躍することで時代の象徴となり、その先に来るものの道しるべとして、大衆文化を支えてきたと思います。

展覧会を新しい挑戦としているところが、彼の先駆者としての誇りなのかもしれません。日本大学の芸術学部在籍中から、写真家として活動が知られるようになり、多くの写真賞を受賞しました。そして、著名人のポートレイトが、話題になることも多々ありました。

篠山紀信

さて、今回の展覧会ですが、作品を引き延ばしたとても大きな作品を数多く展示していることに驚きました。技術的に進歩をしていると思いますが、いままで見て来た写真集とはまったく異なった印象を受けるような気がします。

最初の展示では、既に亡くなってしまったスターのポートレートを配置しており、懐かしさと時代のスターであったことを改めて感じることができます。次の展示では、現在も活躍している新旧のスターを取り上げています。さらに、ディズニーランドで働く人たち、歌舞伎役者、ヌードと活躍の幅の広さを伺うことが出来ます。

最後の展示は、昨年の東日本大震災にあった被災者のポートレイトで綴り締めくくっています。破壊された故郷に生き残り、復興を目指す人間の強さが、笑顔で写真に収まっています。無言のメッセージは心に響くものがあると思います。

※東京オペラシティ アートギャラリー(2012年10月3日~2012年12月24日)

間 ~ 梅佳代写真展「ウメップ」2010年08月08日 23時55分14秒

女子カメラという言葉が定着して来ています。その中心的な存在が梅佳代(1981-)だったと思います。日常の一場面を切り取った写真は、見るものに笑顔を与えて愛されています。人たちの心を穏やかなさまと気取らない表情が引き出されているように思います。

ウメップ

表参道ヒルズという場所で展覧会を開くのもなかなかお洒落です。原宿からやってくるお洒落な女の子たちを意識しているのかもしれません。もちろん、原宿の彼女たちとは少し違った感覚だと思うのですが、言葉には出来ない何か共通するところがあるようにも思います。

展覧会は、過去の作品から現在進行中の作品まで約1,700点もの大量展示です。パネルサイズの作品もあれば、普通のL版サイズの作品もあります。作品毎のつながりは曖昧なのですが、リズム感のある見て楽しい展示となっていました。

どの作品も不意を突かれたような一場面が展開して、人を、街を常に見つめている彼女の姿勢が伝わってきます。どこかのインタビューで、けしておもしろい場面を狙っているのではないとの話を聞いたことがあります。説明は出来ませんが、確かにそんな感じがします。

初日だったこともあり、たまたまですがスタッフをともなった彼女が、会場に姿を見せた場面に居合わせました。なかなかきれいな背の高い女性でした。やはりカメラを片時も離さず見に付けていたのが印象的でした。

時より展覧会に来た人たちを見つめ、シャッターチャンスを伺っているようにも見えました。しかし、時々聞こえる独特の間を持った彼女の話し声から思ったのですが、この彼女独特の間が被写体になる人の緊張を解き放し、彼女に引き込ませる魔法のひとつのように思えました。とても魅力のある人です。今後の作品が楽しみになりました。

※表参道ヒルズ(2010年8月7日~2010年8月22日)

演出写真 ~ 浜口陽三・植田正治二人展-夢の向こうがわ2010年07月31日 00時05分21秒

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションは、はじめて訪れる美術館でした。地下鉄水天宮前からすぐの首都高を見上げるところにひっそりと建っています。入口がカフェなので、美術館というよりも喫茶店のような感じのする美術館です。

ミュゼ浜口陽三

版画家の浜口陽三(1909~2000)の作品を展示するために造られた美術館で、彼の作品は常設的に展示され、他には妻であり版画家の南桂子(1911~2004)の作品なども所蔵しているとのことです。ちなみに、ヤマサとはヤマサ醤油のことで、浜口がヤマサ醤油の創業家出身であることからスポンサーになっているようです。

今回の展覧会は、浜口と写真家の植田正治(1913~2000)の二人展になっています。展示室は1階と地下にあり、1階に浜口の作品、地下に植田の作品をセパレートで展示するようにしていました。版画と写真で異なる媒体であるため別々の展示としたのかもしれません。

浜口の作品は夏場を意識した果物が印象的で、彼独自のカラーメゾチントによる黒と色の調和が心地良く感じられます。『さくらんぼ』が代表作であるように思われますが、この『西瓜』などは、暑かったこともあってとても美味しそうです。

浜口陽三
浜口陽三「西瓜、1981」

浜口の作品は以前から知っていたのですが、植田の作品は今回が初めてです。展覧会に出かけるきっかけも植田のちょっとシュルレアリズムぽい感じの写真が気になったからでした。戦後から高度成長期にかけて撮られた作品とは思えないほど、生々しい感じのする写真です。

植田は鳥取に生まれたこともあり、鳥取砂丘で撮影された作品もあります。作品の評価は世界的にも高く「演出写真」などと呼ばれています。特にヨーロッパでは、彼の作品をそのままUeda-cho(植田調)と紹介されることがあるそうです。

人物は何か意図的なポーズや表情をさせているような感じがあり、風景ははじめから狙った構図があるような感じがしてくるのが不思議です。コントラストがはっきりしていることで、影はより黒く、光はより白くなることで絵画のような減り張りを作ることが出来るのかもしれません。

砂丘を背景にした『妻のいる砂丘風景』などは、どこかで見たような…キリコ? ダリ? そんな世界観を感じることができます。もちろん、植田も同時代の彼らを意識しているとは思いますが、これは本当の世界をカメラを使って撮った現実の世界です。

植田正治
植田正治「妻のいる砂丘風景(Ⅲ)、1950」

写真の持つすごさを感じることが出来ます。しかも、作品は半世紀も前に撮られた写真なのですから驚きと言えます。比較はしませんが、浜口とは黒の持つ静寂さで一致しています。版画と写真の組み合わせは意外とおもしろく、興味深い二人展に仕上がっているようです。

※ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション(2010年7月3日~2010年9月26日)

野心は愛に変わることはなく ~ マン・レイ展2010年07月22日 23時08分25秒

『黒と白』という作品については、テレビの「美の巨人たち」の中で扱われ、本物と対面する前にちょっとした秘密を知りました。この作品は、モンパルナスのキキとの別れの一枚だったようで、中央のお面とキキの横顔、お面の黒と肌の白、そして、残された男と去りゆく女の関係が対峙しているとのことです。

マン・レイ

そもそも、アメリカで生まれたマン・レイ(1890~1976)は、本当は画家になりたかったようです。しかし、アメリカでの画家としての評価が良くない上に、自分の作品の記録用にはじめた写真の技術の方が認められ困惑したようです。思い通りにならない歯痒さを振り切るために、彼はパリに旅立ちます。

今回の展示にも画家としてスタートした頃の作品がありました。たしかにインパクトに欠ける作品であり、彼のモヤモヤした心が見え隠れするのを感じました。ダダイズム的な作品なのですが、色彩がおとなしいため、最先端であるにもかかわらず古い印象となるのだと思います。

当時の写真は、芸術ではなく記録でした。マン・レイ自身もそのつもりだったと思います。しかし、一枚一枚撮り続けるうちに、大きな可能性を見つけ出したのだと思います。そして、彼の内なるモヤモヤが写真を記録から芸術に変化させたのです。

写真が芸術となり彼も変化しました。そして、パリでキキと出会うのです。「美の巨人たち」によるとマン・レイは、キキに「君をフジタの絵よりも美しく撮ることができる」と口説いたそうです。写真の可能性と自身の誇りを取り戻すための虚勢だったのかもしれません。

マン・レイ
マン・レイ「黒と白、1926」

しかし、蜜月の時間は短かったようです。野心は愛に変わることはなく、お互いの溝が広がっていったようです。そして、別れぎわ『黒と白』が生まれたと言われています。キキから微笑みが消え、時の流れの中に身をゆだねているように思います。

激しい感情をぶつけ合ったが、結局残ったものは虚しい心の隙間というダダイズム的な思想が伝わってきます。マン・レイの苦手な色彩を排除したモノクロの世界がより効果的に観るものを引きつけるように思います。

その後も精力的に写真を撮り続けていきますが、画家でありたいと思う葛藤が写真を離れた作品(オブジェやデザインなど)にあらわれます。晩年にはカラー写真にも挑戦して作品を残していますが、かつての輝きをトレースするような雰囲気があり、別の意味の虚しさが漂うっているようです。

※国立新美術館(2010年7月14日~2010年9月13日)

愛情 ~ 荒木経惟 センチメンタルな旅 春の旅2010年07月12日 21時24分45秒

芸術家にとって、作品を残すことが愛なのかもしれません。荒木経惟を支えてきた猫のチロも年老い死の時を迎えつつありました。その過程を見守るように撮影を続け『センチメンタルな旅 春の旅』を作りあげました。

荒木経惟

猫のチロは、妻・陽子から贈られた…彼女の分身だったのかもしれません。いつもの明るくシュールなアラーキーの作品とは違い、自分自身と向き合うことで現実を認識してるようでした。

愛するものとは、いずれは別れなければなりません。そして、その愛情が深ければ深いほど、別れは辛いものになります。現実を受け入れるため何ができるか? 彼にとっては写真しかなっかたのだと思います。写真を通してチロの死を受け入れようしたのだと思いました。

芸術家であることと残されていく家族であることが、複雑に絡み合っているように思います。でも、彼の愛情が伝わってきて、どれも良い作品であると思います。それて、ここから新しい荒木経惟がはじまるのだと思います。

※Rat Hole Gallery(2010年6月11日~2010年7月18日)

なりきり ~ 森村泰昌 なにものかへのレクイエム2010年05月04日 23時19分25秒

コスプレという言葉は、すっかりと定着しているようです。行為としては誰かのまねをすることですが、その誰かになりきることの方がより重要になっているようです。ある意味、パフォーマンスを通しての自己表現と言っても良いように思います。ただ、森村泰昌はちょっと違いますが…

森村泰昌

テレビの日曜美術館で森村泰昌の特集がありました。ピカソになりきるにあたって、目の表現に注目して何度も写真を撮り直し試行錯誤を繰り返していたのが印象的でした。納得が出来ずに本物のピカソの写真から目を切り抜きそれをまぶたに貼ったりもしていました。

その姿を見て、なりきりという行為から受ける印象とは少し違って、アートとしてまじめに考えいることにあらためて気づきました。だから、アートとて作品が存在するのだと思います。何かいろいろな仕掛けをたくらんでいるようにも思えるところがおもしろいです。

森村泰昌
森村泰昌「創造の劇場/パブロ・ピカソとしての私、2010」

また、現代史における出来事が、作品の背景にあることも興味深いことのひとつだと思います。もちろん、森村泰昌自信の歴史と重ね合わせている部分があるのだとは思いますが、歴史の意味を考えるきっかけを与えてくれます。そして、この先の未来へ、どう向き合っていくかを考えさせられた展覧会でした。

※東京都写真美術館(2010年3月11日~2010年5月9日)

人を知ること ~ 岩合光昭 写真展2010年03月23日 23時55分11秒

しばらく訪れていなかった渋谷のたばこと塩の博物館は、建物の外観こそきれいですが、さすがに内部は昔のままでだいぶお疲れぎみでした。小さな博物館なので、たばこと塩に関連する企画展以外は、なかなかなかったように思っています。

それが、何故、いま大人気の岩合光昭の展覧会を企画するようになったかは判りませんが、彼の三越新館での展覧会を見逃していることもあって興味津々で出かけていきました。駅から遠いにもかかわらず、多くの人がいて大盛況です。

岩合光昭展

街の書店の写真コーナーには、必ず彼の写真集が平積みになっています。動物を被写体とすることから、幅広い年齢層の人に愛されいます。特に猫を扱った写真集は、その愛らしさから目を引き、誰もが頁を開かずにはいられない写真集です。

さて、展示されていた写真は、流行の大伸ばしをしたものではなく、どこの家にも飾れるぐらいのちょうど良い大きさの作品でした。しかし、各テーマごと数点ずつ約120点もの作品があったのには驚きました。4階と1階の展示室を使っての展示ですが、所狭しという感じです。

4階には、シロクマ、ペンギン、グジラといった南極・北極の動物、コアラ、カンガルーといったオーストラリアの動物、その他にライオン、サイなども展示され、中にはパンダの姿を見ることができました。また、1階は、日本の猫、犬、そして猿の展示さています。

動物を通して彼が言いたことは何なのか? 考える必要があるように思います。ただ、可愛いと言うだけでは、これ程多くの人を引きつけることはできないでしょう。厳しい自然環境の中に身を置き、注意深く観察を続け一瞬を切り取る・・・実はこのことが人を知ることのきっかけであると彼は言っています。

自然を守ることは大切なことです。しかし、自分たちのことを知らなければ、本当に守るべきものが見えてこない。だから、彼は、多くの動物を通して人とは何かを知ってほしいと考えてるように思います。

※たばこと塩の博物館(2010年3月13日~2010年4月11日)