Asagi's Art News





クラーナハ展 500年後の誘惑2017年01月07日 00時45分51秒

国立西洋美術館

ルカス・クラーナハ(1472-1553):
北方ルネッサンス期において、アルブレヒト・デューラー(1471-1528)とともにドイツ・ルネッサンスの中核画家として活躍した人物です。宗教絵画や肖像画を得意として、神話に登場する女性たちを題材にヌード絵画を描いています。

宗教改革者のマルティン・ルター(1483-1546)と親交があるにもかかわらず、カトリック教会からの依頼も請け負うのなど独自の価値観を備えていたと思われます。

宮廷画家として名声を手に入れ後は、息子たちとともに工房を構え数多くの注文をさばく実業家であり、盟主として政治にもかかわるなど多彩な顔を持った実力者といえます。

作品は北方ルネサンスの特徴である緻密で細密な描きこみに加え、描かれた女性の神秘的かつ妖艶な表情にあると言えます。また、あえて背景を描かないなど鑑賞者に対して仕掛ける作品もあります。

日曜美術館・クラーナハ特集に出演したドイツ文学者の中野京子さんは、クラーナハの描く女性について、上半身は少女のような未熟さがあり、下半身は成熟した女性のようであると解説したうえで「変態的」世界感であるとコメントしていました。

注目作品:ホロフェルネスの首を持つユディト
国立西洋美術館
[ルカス・クラーナハ 1530頃]

ウィーン美術史美術館における修復が完了しての来日となります。当時の色彩がよみがえり、その瞳の奥のあやしくさや美しさに引き込めれます。

※国立西洋美術館(2016年10月15日~2017年1月15日)

ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄2015年03月29日 23時16分41秒

とうとう「天文学者」がやって来ました。フェルメールの男性肖像画は2作品存在しますが、「地理学者」に続いての来日でコンプリートとなります。ルーブル美術館には感謝しています。

ルーヴル美術館展

東京ミッドタウンには、「サモトラケのニケ」のレプリカも展示しています。汚れはなく本物よりもきれいなんだと思います。こうした展示も展覧会を盛り上げて楽しいです。

ルーヴル美術館展

※国立新美術館(2015年2月21日~2015年6月1日)

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝2012年12月01日 23時13分23秒

リヒテンシュタイン公国はヨーロッパの小国でなのですが、列強から国を守るために芸術を武器にした独自の戦略で生き残ってきました。1608年にハプスブルク家からリヒテンシュタイン家は、「侯」という位を与えられ国家として独立をします。

リヒテンシュタイン

本格的な美術品の収集は、カール1世侯(在位1608-1627)と息子カール・オイゼビウス侯(在位1627-1684)の時代であると解説されていました。そして、歴代の諸侯たちに収集は受け継がれ、約3万点もの所蔵品を持つ個人コレクションになりました。

1807年からはウィーン郊外のロッサウにある『夏の離宮』でコレクションを公開して、多くの人々とともに芸術を共有するようになりました。しかし、近代の不幸な戦争の歴史は、コレクション公開を中止に追い込むことになります。

ナチス・ドイツによる美術品の国外持ち出しに抵抗して、国外へ所蔵品を移送するなど困難を乗り越えいきました。そして、66年も時間が過ぎてしまいましたが、2004年にコレクション公開を再開させることが出来たのです。

今回の展覧会は、その貴重なコレクションの中からバロック時代の傑作を揃えたとのことです。特に30点を数えるルーベンス・コレクションの中から8点もの作品を見ることが出来ます。また、『夏の離宮』にあるバロック・サロンを再現するなど大がかりな仕掛けを組み込んでいます。

さて、注目していた作品ですが、もちろんピーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)となります。中でも娘のクララ・セレーナの肖像画は、なかなか興味深いところだと思います。当時、ルーベンスが家族に対して、どんな想いを持って描いたのか・・・とても気になるところです。

リヒテンシュタイン
ピーテル・パウル・ルーベンス「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像、1616」

いろいろな仕事が舞い込み、精力的に作品を生み出していたルーベンスにとっての家族とは、どんな存在だったのでしょうか。晩年、彼は、仕事から離れ家族の肖像を描き、本当に描きたかったものを見つけたと語ったそうです。

気がつくの遅かったとも思える言葉ですが、本当はこの娘の肖像を描いていた時から、心の片隅にはあったのかもしれません。それは、この絵を見た瞬間に彼の大いなる愛を感じるからです。想像ですが、画家であることよりも、娘にとっての父親であることを感じて、まさに幸福の時間の中で生まれた作品なのかもしれません。

※国立新美術館(2012年10月3日~2012年12月23日)

赤い積みわら ~ シャルダン展 静寂の巨匠2012年10月14日 17時29分32秒

ロココ時代の画家であるジャン・シメオン・シャルダン(1699-1779)は、時代の優雅で享受的な画風とは異なり、オランダの風俗画に影響を受け穏やかなで慎ましい人々の生活や静物を主題としていたようです。その作品は、歴史画の権威を振るう時代でも高く評価されていました。

シャルダン

ところが、シャルダンの作品は、フェルメール(1632-1675)の作品と同じように芸術アカデミーなどの風俗画に対する軽視の姿勢から歴史に埋もれてしまいます。そして、19世紀になり批評家のトレ=ビュルガー(1807-1869)らが、再評価を行うことで再び光を取り戻すのです。

日本でのシャルダンの作品は、フェルメールの作品のように広く知られてはいませんが、フランスではとても人気のある画家であると聞いています。あさぎも名前は知っていましたが、作品の知識はほとんどありませんでした。

展覧会は、初期の静物画からはじまります。残念ながら芸術アカデミーの正会員となるきっかけになった『赤エイ』はありませんが、食材や調理器具を描いた作品はいくつか来ています。

風俗画は、デッサンや習作をまじえて展示することで、その作成の過程などを推測出来るようになっています。また、当時流行っていた対となる作品の展示もいくつか試みていて、モティーフや画面構成、色彩などの違いを楽しむことが出来ます。

さて、この展覧会で印象に残った作品は、やはり展覧会のポスターにもなっていた『木いちごの籠』です。キッチンの机の上に山盛りなった木いちごの赤色の鮮やかさに驚かされる感じです。そして、想像してしまいました・・・

シャルダン
ジャン・シメオン・シャルダン「木いちごの籠、1760」

描かれているものは異なりますが、その安定した三角形は、モネ(1840-1926)の「積みわら」の原形であるようには思えてきました。これは「赤い積みわら」なのです。きっと、モネもこの絵を見たに違いないと思うと、美しい光景が長い時間をかけて伝承されていくロマンを感じます。

※三菱一号館美術館(2012年9月8日~2013年1月6日)