Asagi's Art News





改装中 ~ ピカソとクレーの生きた時代2009年02月18日 01時05分33秒

美術館も改装をするには費用と部分的にでも閉鎖をする箇所が出てきます。そんな時にコレクションを貸し出しやすくなるのかもしれません。今回、渋谷にやって来たピカソもクレーもドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館が改装ということで、なかなか貸し出されない良い作品とのことでした。

ピカソとクレー

展覧会のタイトルにあるピカソとクレーの他にも同時代の作品が来ていました。マティス、シャガール、マグリット、ミロなど巨匠がそろっています。比較的大きな大作で見ごたえ十分ありました。でも、その中で注目せずにいられないのが、ピカソの作品です。

ピカソの作品は3点あったのですが、『二人の座る裸婦』は繊細なキュビズムの作品とは異なり迫力のある重厚なデッサンで圧倒されます。情勢の柔らかい印象はないのですが、人としての魅力を引き出しているところがすごいです。

ピカソとクレー
パブロ・ピカソ「二人の座る裸婦、1920」

クレーの作品は最後の部屋にまとめて展示されていました。ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館にとっての記念すべき作品だそうです。88点を一度に購入することで物議をよんだそうですが、とても買い物をしたと思います。

もし、この美術館が改修しなかったら、出会えていない作品たちです。とっても得をした気分です。もちろん財政面で豊かで安全なところしか廻ってはこないものだと思います。日本がまだそう言われる国であることに幸せを感じます。

※Bunkamura

春秋波濤 ~ 加山又造展2009年02月25日 00時49分32秒

加山又造の天井画を見に京都の天竜寺を訪ねたことがあります。ただ、その時はたまたま公開日でなく見ることが出来ませんでしたが・・・日本画の伝統を受け継ぎながら、新しいものに挑戦していく、それが加山の作品であるような気がします。

加山又造

新国立美術館は、所蔵作品を持ちません。したがって、すべてが借り物なるのですが国立美術館のつながりなのでしょう、代表的な良い作品が集まっていました。特に国立近代の持っている普段は見ることの出来ない作品に会えたのは良かったです。

入り口を入ってすぐに『雪』『月』『花』の大作の展示は、インパクトがあります。そして、ポスターなどに使用されている『春秋波濤』も伝統的な構図に加山独自のアレンジによる色彩の大胆さがすてきです。

桜と紅葉のありえない組み合わせが、宇宙的な広がりを表しているようです。細くうねる波に躍動感がある見ていて飽きないところがあります。日本画でありながらアバンギャルドのような感じも受けます。加山の生き方そのものなのかもしれません。『春秋波濤』・・・題名にひねりはないですが、かなり挑発的な作品です。

※加山又造展